人気ブログランキング |

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

泡盛部 第八期16蔵目:まるた(やんばる酒造)レポート


e0155154_18012867.jpg

日時:2019年3月28日

参加人数: 11

瓶詰め日:2018年2月22日

今日のかりんとう:「多胡麻」


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=10 ✖️=0 無効票=1


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):41点

◎お湯割(各自で作成):39点

◎ストレート:41点

◎ロック:42点(ave.=3.8) 



*主宰・梅田のコメント*

ソーダ割りの香りが丸く華やかで思わずニンマリ。満票も納得です。

全体的に麹由来と思われるふくよかな香りと柔らかな呑み口が特長的で、個人的に好みでした。

水割りやお湯割よりも、不思議とサラリとしてるストレートが一番好きでした。

サラリとした呑み口なのに、味は太くガツンとしてる印象です。

ロックではカカオのニュアンスも出てきて、僕としては珍しくロックでずっと呑めるようにタイプでもありました。


かりんとうは、水割りお湯割では胡麻の香ばしさがえぐみとなってしまってイマイチでしたが、

ストレートでは胡麻に負けなくて、その上、胡麻・塩・砂糖がそれぞれ浮き上がってきてベストマッチ。

ロックだと塩気が立ち、それはそれで悪くなかったですが、やはりえぐみが気になりました。



【呑みたい場所】山手線編(駅名)

・目白

・品川

・目白

・駒込

・渋谷

・目黒 (権之助坂)

・田町

・新橋

・田端

・目白

・秋葉原


*なぜか目白人気!


【料理・肴】ご参加者の願望

干した鶏ささみ、柏餅、カキフライ、くさや、串カツを塩で、サバ味噌煮、白子ポン酢、きんぴら、菜の花のおひたし、鮎の塩焼き、カレーコロッケ


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/2238517486212770?__xts__[0]=68.ARAiX24w3EBKLsv92CL4I8dlYYAtib05S-d6BIa6X58icBEVTbSrJoM89updnULdPIZhl5HoSrZpwmt8EVHojfwRuxbXALO7OiiP4Jk5KXfu1MAaFUbe3I-QD24mUEsA9ffrhdXOZ59AM5Sw_vcynwUdlU1E5AZGwk6Q2FTfoTZcGDJ0iYW9e6VcIt5dA7-c2hdsC9RNIuvo-5AIpqpINsrkDnkHmZvbjhoxhjks7BfImgstWuqAH30Viy93Bl0gd0VNUT_aiErC13hJmLWlo10_Kr9JbYUAS3ZWZDqNjX7_DM-7QK4_zopqdhYObsUKDKZAyVUgUIiPOqj5MxV2YfSKUQ&__tn__=-R



【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

Mr.ミスター「Broken Wings」、Regina Spector「While my guitar weeps」、岡田有希子「くちびるNetwork」、田村英里子「リトルダーリン」、Ed Sheeran「I see fire」、「ルート66」、大友裕子「侍」、「Yah yah yah」、椎名林檎「愛妻家の朝食」、「ロザーナ」、ザ・ドリフターズ「のってる音頭」


【ラベル】ラベルについてアレコレ

・ごちゃごちゃしてるのに不思議となんとかまとまってるところが愛らしい

・中華食材っぽい。何故ドット絵みたいなブロックがあるのか? カニパンが付いてる

・アンバランスさが好き。カニぱん💗

・一番泡盛らしいラベル

・レトロで味がある。ファミコン・ウォーズ

・色々満載!!

・ラーメンの器みたい

・やんばるっぽくて

・「琉球泡盛」の背景赤色の部分のジャギー感がよろしい

・中国風?

・王道かな。会社名は変更しないのかな?


*****

【再録 第六期:まるた(田嘉里酒造所)レポート


「一家に一本」


泡盛三原色に髭文字、そして、丸に囲まれた「田」の字。

この「田の字」はキャップにも施されている。

アルファベット表記はあるものの、銘柄名をこのマークが示している。


泡盛としての安定感のあるデザインは、山川酒造の「かねやま」と並び、これぞ沖縄の酒=泡盛という自負が伺え、泡盛好きとしては、一家に一本置いておきたいデザインだ。


「大自然に包まれて」


沖縄本島の北部・大宜味村。

泡盛酒造所としては、本島最北端に位置する。

ここは、ヤンバルクイナの生息地としても有名。

行ったことはないのだが、大自然に囲まれているそうだ。


仕込み水も割り水も、田嘉里川上流から引いた水を使用しているという。

棘がなく柔らかな味わいはきっとこの水の力が大きいのだろう。

一口含むと、まるで自然に包まれた自分がいるような情景が浮かんでくる。


「同調」


今回一番人気の水割りは、とても水馴染みが良い。(*今期の一番人気はお湯割でした)

かといって柔らかいだけではなく、甘さが漂った後には清涼感がある。

香りにも甘い香りとアルコールを感じる少しツンとした香りがあり、独特の芳香を醸し出してる。


ロックにも同様の香りが感じられるが、味わいは甘さが強調される。

後口にはほのかに辛みがあり、それが心地よいフィニッシュを生み出している。


森のそばにテラス。

大きなウッドテーブルにロッキングチェア。

大きめのグラスに丸い氷を一つ入れて、「まるた」を注ぐ。

そして、適量の水を足す。


森のざわめき、川のせせらぎ、時々聞こえる鳥の声。

「まるた」を口に含んで、目を閉じると、甘みから辛みへと流れる味と

自然の空気感がシンクロしていくように感じられる。


柔らかい光が、木々の隙間から射してくる。

「まるた」は夕暮れ前までを楽しむ酒だ。


「木々の香りもつまみに」


つまみには素焼きのナッツ、チョコレートコーティングされたドライフルーツ、ニシンの酢漬けなど、

ウイスキーに合いそうなものをつまんでみたい。

木々の香りもつまみに添えて。


自然の音をBGMにするのも勿論最高だが、Little Tempoのサウンドなんかも似合うだろう。

少しピッチを落として、リズムに身を預けていくと酔いのリズムともシンクロしていきそうだ。


(文面を一部改定しています)


【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】

             


部員の加藤さんから2007.10.26詰めの「くいなブラック」!!

e0155154_18021294.jpg
開けた瞬間から香りが立ちました。
一時間ほど前に開けておきましたが、瓶口に鼻を近づけるとカラメル香がすごい。
度数を感じさせぬ馴染み具合、とろっとしてて甘くて、個人的に超好みの美味しさでした。

同じく加藤さんより、2013.7.29詰めの「芭蕉布の里」。

e0155154_18022464.jpg
よく見るとラベルがとても素敵です。
開けたては少しツンとした香りでした。
はじめは少し酸化したようなケミカル臭がありましたが、飲み口はサラリとしていて、
今回のテイスティングでも感じられた共通項が見つけられました。

加藤さん、いつもありがとうございます!




【今日の竹内さん】今期も引き続き

e0155154_18030472.jpg











# by awamoribu | 2019-04-02 20:00 | まるた/山原くいな:田嘉里酒造
泡盛部 第8期:小総括会⑤

2018年10月にスタートした「泡盛部 第8期」。
第15回を終えたところで5回目の総括会を開催。

「第8期総括会レギュレーション」
1.レギュラー3回が終わるごとに「小総括会」を開催。
2.「小総括会」4回が終わるごとに「中総括会」。
3.「中総括会」4回が終われば「大総括会」を開催します。
全てブラインドでのテイスティングとなります。

日時:2019年3月14日
参加人数:9名

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第13回から15回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。
(ただしブラインドテイスティング)

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものの順位」と「ラベルデザインの好きなものの順位」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今期5回目の総括会となる乾杯のお酒は、、、、
e0155154_18511447.jpg
甘くて香ばしくて、軽くカカオも感じられて、個人的に超好みの味でした。


今回エントリーの3種をテイスティングし、各自1〜3位のランキングを決めていきます。

【エントリー酒】


まるだい:今帰仁酒造
萬座:恩納酒造所
玉友:石川酒造場
e0155154_18510317.jpg



e0155154_14271289.jpg

今期もブラインドでのテイスティングです。




投票が終わったら、銘柄公開&投票結果発表!
1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

※今期は1位のみの発表と致します。

【味部門】
第1位:萬座:恩納酒造所:31点

【ラベル部門】
第1位:まるだい:今帰仁酒造:33点

第4回&第7回 泡盛部アワモリアワードの大賞銘柄「萬座」が勝ち上がり!
通好みな味わいが揃い、満遍なく票が散らばった中で、1位票の多さが光りました。
底力のある泡盛ですね。

ラベル部門は青系の並ぶ中、鮮やかさのある「まるだい」が勝ち上がりました。
おめでとうございます!


e0155154_18512396.jpg






最後に「仕次ぎの儀式 」。
各泡盛を200mlずつ甕に入れていきます。
先日の周年祭で甕をまとめたので、今期の甕は以前「忠孝酒造」さんより寄贈いただいた甕。
泡盛部的には新たに「5番甕」というものになります。

e0155154_11290157.jpg



e0155154_14274688.jpg


「おいしくなーれ!」っと!
e0155154_18513032.jpg


今期はどんな結果になるのでしょうか〜!















# by awamoribu | 2019-03-20 19:00 | 総括会

泡盛部 第八期15蔵目:玉友(石川酒造場)レポート


e0155154_03405221.jpg


日時:2019年3月7日

参加人数: 12

瓶詰め日:2018年5月22日

今日のかりんとう:「塩みつ」


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=7 ✖️=5


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):45点

◎お湯割(各自で作成):44点

◎ストレート:46点

◎ロック:48点(ave.=4.0) 



*主宰・梅田のコメント*

全体的に甘い印象で、「甕仕込み」からくるものか、土のような湿っぽい感じがありました。

しかしそれが泡盛独特の味わいを引き立てているように感じられて好印象。

個人的にはどれも好評価でしたが、ストレートが一番高得点でした。

口当たりがとてもスムーズで、他よりも甘さは控えめになってしまいましたが、その分、香ばしい風味やカカオのニュアンスが立って古風な印象がありました。


塩みつかりんとうとも、ストレートとの相性が一番でした。

水割りやお湯割では、油が感じられてしまいましたが、ストレートではそれが抑えられて

甘みと塩みの両方が感じられました。



【呑みたい場所】山手線編(駅名)

・品川

・田端

・代々木

・浜松町(モノレールを降りて)

・新橋

・西日暮里

・代々木

・巣鴨

・田町

・恵比寿

・有楽町

・駒込


【料理・肴】ご参加者の願望

フルーツを使って作った肉団子(架空の食べ物)、いわし明太子、甘い豚肉料理、お好み焼き、十割そば(大盛り)、塩野菜炒め、厚焼き玉子、スパイシーなスペアリブ、ミルクチョコ、オムライス、甘納豆、ダブルチーズバーガー、マックグリドル(ソーセージ)


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/2213508845380301?__xts__[0]=68.ARDYxVy5wPs5E1AqwAinz20WMSe5KNQJlYnhztMN4D0-HaqeKbFGA3wmUzLN1qlVNgCihLqkA5JF688hhyDuj_XOLQEVnA-ajoFjkc3hzAdnTRIuBQeqjQorfWO5g_jKNVusz7EO29ZL5vQGGrsyJBvK9v9jSMpvtKmvg1-ZzQw9Culv7Edi-WX2Vvqw4CkM1ka3v4JvP3QmMEL3A_xZhPdqaMl4Y74pdShJOi2oyasMa4PVALUR7KxzQ_ZIVnophLNyrqJzM6ntEJVPxe_Nm3GFlF7pJvAehcabaiPd4w6Wcbka6ft5j7atQZIFlHgyfRlBBqCxWsn84K7e4DMd-Pnaog&__tn__=-R


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

ジャンゴ・ラインハルト「minor swing」、キャロル・キング「You’ve got a friend」、T-BOLAN「friends」、「We are the world」、石川さゆり「天城越え」、やしきたかじん「いとしい想い」、宮本浩次「冬の花」、たま「さよなら人類」、GODIEGO「PORIPIA(English version)」、渡辺美里「It's tough」、Beverly Hills 90210(オープニング)


【ラベル】ラベルについてアレコレ

・いつの間にかアクが抜けてしまった気がする

・どこかの国旗にありそうな色合わせ。字体が固い。

・草原と土

・色合いは落ち着いているものの、情報量が多い

・歴代のラベルより色合いが濃くなって主張が強くなってる?

・上から二番目の緑のラインをピンクにしてほしい

・金の特色がやはり意味不明。高いのに。

・だんだんバランスが悪くなってきている

・質素だが、印象に残る

・盛り込みすぎだけどバランスは良いね。GI表記の場所はよくない

・パキパキっとした配色が好み

・社長と印刷会社が適当に作ったんだと思います。


*****

【再録 第六期:玉友(石川酒造場)レポート


「筋肉質な」
甕仕込みを売りにしている故か、やはり香りに甕を思わせる土っぽさが潜んでいる。
水割りで最もそれを感じた。
ふくらみはあるが、甘い要素は少なく、辛さや渋みが印象的。
お湯割りやストレートでは。柑橘系の酸味と、その皮のような渋みが出てきて面白い。
全体的にアルコール感の強さがあり、辛口の泡盛好きにお薦めしたい。
ゴツゴツした筋肉質な男っぽい泡盛だ。

「ガツンと」
マッチングというより、ファイティング的な食べ合わせを楽しんでみたくなる。
味を濃いめに漬け込んだ肉、素材そのままのグリル野菜と、殻付き生牡蠣にウィスキーよろしくふりかけて食しても面白そうだ。
いぶりがっこや燻製卵などスモーキーなものにも。
アウトドアで焚き火を囲みながら呑むのに向いているのかもしれない。

「風を浴びながら」
ラベルのコメントに「草原」という一語が。確かに緑と青は草原を思わせ、イマジネーションが広がる。
古風な造り・味わいは「味わう」というよりも「感じる」の方がよいのかもしれない。
風を浴びながら、杯を重ね、草原の上で大の字に寝転がる。
ゆらゆらする脳が、風のリズムと一体化した時に聞こえるのは・・・
TOTOの「AFRICA」かな。
https://www.youtube.com/watch?v=FTQbiNvZqaY



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】

             


部員の加藤さんから詰め日違いの2本!「御物城(おものぐすく)」25度。

e0155154_03410306.jpg
2015.6.29:25度でも味がしっかり。でもストレートでスムーズに呑めてしまいます。
2013.6.11:フルーティーな感じで、2015よりも優しい印象でした。
加藤さん、ありがとうございました!

部員の小口さんからはこちら。44度!
e0155154_03412317.jpg
まさに「That’s 44度 新酒!」というパンチのある活き活きした味でした。
小口さん、ありがとうございました!



【今日の竹内さん】今期も引き続き

e0155154_03414790.jpg











# by awamoribu | 2019-03-12 04:10 | 玉友:石川酒造場