もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2008年10月にスタートした「泡盛部」。
2017年4月に第7期がスタートしました。

「第7期総括会レギュレーション」
1.レギュラー3回が終わるごとに「小総括会」を開催。
2.「小総括会」4回が終わるごとに「中総括会」。
3.「中総括会」4回が終われば「大総括会」を開催します。
全てブラインドでのテイスティングとなります。

今回「味部門」は「小総括会」「中総括会」を経ての4銘柄が選抜。
「ラベル部門」は「小総括会」で選ばれた16銘柄から選ばれることになります。
テイスティング後に投票し、各部門の大賞を選出。
「第七回泡盛部 アワモリアワード」の大賞となります。

エントリーされた泡盛は下記の通り。
*テイスティングはブラインドです。

【味部門】
①春雨:宮里酒造所
②豊年:渡久山酒造
③八重泉:八重泉酒造
④萬座:恩納酒造所

ちなみに第六回のラインナップは・・
①宮の華:(株)宮の華
②どなん:国泉泡盛
③菊之露:菊之露酒造
④守禮:神村酒造


【ラベル部門】
1:瑞泉
2:玉の露
3:まるた
4:龍
5:時雨
6:かねやま
7:宮之鶴
8:どなん
9:玉友
10:琉球
11:神泉
12:まるだい
13:南光
14:常盤
15:宮の華
16:REIHOKU

ちなみに第六回のラインナップは・・
①南光:神谷酒造所
②龍泉:龍泉酒造
③琉球:新里酒造
④常盤:伊是名酒造所
⑤どなん:国泉泡盛
⑥神泉:上原酒造所
⑦國華:津嘉山酒造所
⑧宮之鶴:仲間酒造所
⑨菊之露:菊之露酒造
⑩与那国:崎元酒造所
⑪龍:金武酒造
⑫瑞泉:瑞泉酒造

e0155154_15255916.jpg
e0155154_15260969.jpg
 

e0155154_15261708.jpg
e0155154_15262694.jpg
e0155154_16392361.jpg



今回は28名の方がご参加くださいました。
味部門の4銘柄はブラインドでのテイスティングです。

味・ラベルの各部門につき1位=5点2位=3点3位=1点
として、点数を加算していき、最も多いものが大賞です。

e0155154_15131687.jpg


味部門の大賞は・・・【萬座】

味部門1位・・・萬座 (81点)2位・・・春雨 (71点)3位・・・八重泉 (53点)

ラベル部門の大賞は・・・【時雨】

ラベル部門1位・・・時雨 (35点)2位・・・琉球 (30点)
3位・・・宮之鶴 (30点)*1位得票数の差

e0155154_15142106.jpg
味部門は恩納酒造所さんの「萬座」が2度目の栄冠!
1位得票数では「春雨」と並びましたが、2位票の差での勝利。
今回は泡盛部10周年祭と重なり、参加人数も28名と多数でした。
本島・宮古島・石垣島と、島も味のタイプも違う4銘柄でしたが、
選ばれし4銘柄だけにどなたも判断基準を悩んだのではないかと思います。
その中での大賞受賞、おめでとうございます!

そして、ラベル部門は「時雨」が初制覇!
かねてから人気の高いラベルですが、意外にも初。
今期は過去最高の16銘柄という多数の中からの勝ち上がりです。
おめでとうございます!

どちらもブルーを基調としたラベルですね〜。
今期も非常に興味深い結果となりました。皆様、ご参加ありがとうございました!


恒例となりました「大総括会特製ジャンボカレー」。
今回はキノコをメインにして、チーズをたっぷりにした「キノコチーズカレー」


e0155154_15125484.jpg


持ち寄りのフードテーマは今回も「〆」。皆様ありがとうございます!
フードを出し切れずに大変申し訳ありませんでした。。。
随時、使わせていただきます!

e0155154_15130330.jpg
e0155154_15133899.jpg
e0155154_15140309.jpg




***

泡盛部の活動の基本は、あくまでも「もっと泡盛を日常に!」です。
泡盛の楽しみ方の可能性を広げ、より多くの方に日常的に泡盛に触れてもらうためのフィールドワーク的な活動です。
ただの飲み会ではなく、ちょっと学ぶこと、ちょっと考えること、言葉を紡ぐこと、音楽をイメージすること、
そんな風に「真面目に遊ぶ」ことで泡盛の魅力に触れていく活動です。

「日常化」というのは、実は最も難しいことかもしれません。
当たり前に存在になるということは、連続性や継続性が必要です。

全47蔵の一般酒を制覇するというのは、ひとつの目に見えやすい道標で、これは通過点に過ぎません。
2018年10月21日より、すでに第8期が始まっております。
また新しい出会い、感覚、可能性が広がっていきます。

でも、ひとまずこれまでご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

当日の様子はFacebookをご覧ください。

# by awamoribu | 2018-11-03 16:40 | 総括会

泡盛部 第八期3蔵目:春雨(宮里酒造所)レポート


e0155154_13580871.jpg


日時:2018年10月25日

参加人数: 13

瓶詰め日:2018.5.19

今日のかりんとう:「梅ザラメ」


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=9 ✖️=4


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):49点

◎お湯割(各自で作成):41点  

◎ストレート:55点(ave.=4.2)

◎ロック:47点


*主宰・梅田のコメント*

先週に続いてアワード大賞銘柄となりました。

こちらは第3回と第5回、今のところ唯一2度大賞に選ばれた銘柄です。

今回、僕の感想としては、ストレートとロックがどちらも秀逸でした。

酒の持つ複雑み(甘い・辛い・渋いなどなど)が、アルコールの中に渾然と揺らめいていて

酒の深さを感じました。

ストレートで感じられたそれらが、ロックではぎゅっと引き締まって、それぞれが際立ち、存在感をアピールしてきました。

梅ザラメかりんとうとの相性は、水割りでは味がぶつかっていたのが、その他ではかりんとうの味を冴えさせて

ロックでは酒の味同様に、梅ザラメの甘み・酸味・塩みをはっきりとさせてベストマッチングでした。



【呑みたい場所】山手線編(駅名)

・品川 (東京や上野よりも、現在”外”に向かっているターミナルという印象だから)

・目白 (高級感)

・恵比寿

・有楽町(中央通りを見下ろせるくらいの高さの店で)

・恵比寿or品川

・東京 (王道!ということで)

・代々木

・目白

・大崎

・巣鴨

・恵比寿(ハイソな感じのお店で)

・渋谷

・新宿 (歌舞伎町)


【料理・肴】ご参加者の願望

アワビの姿煮、チョコレート、羊肉のロースト、唐揚げ、ビターチョコレート、シフォンケーキに甘さ控えめの生クリームをたっぷり添えて、サンマの松前煮、おでんの大根(ななえ町)、鮎の甘露煮、春雨のマヨネーズ和え、チャプチェ、ちらし寿司、青椒肉絲、十割そば


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/2018615584869629?__xts__[0]=68.ARDFzSNR11Bs-eJaeEaAjvk6h9V2oyeESK81joOSTR9jFP2zXXuqS5GgVLqogfMSB0_JvmhE5ufNVDJNSqYWWUMasoMIPLs7PhwX06OnXWkn8UZZbWI5EyFO2JbAhSEby9JShLpCXpdDUIXpUU7I9dwmI47Uq5lgeeSOhS0QsiHqtGR60XphXllwtjfqkYYFnmw9wxUx7rw2rHmG32Doh9IbCPo&__tn__=-R


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

町田義人「戦士の休息」、松田聖子「上海倶楽部」、山下達郎「RIDE ON TIME」、UA「かすかなしるし」、今井美樹「DRIVEに連れてって」、小椋佳、村下孝蔵「踊り子」、「春よ来い」、やしきたかじん「明日になれば」、THE MOPS「御意見無用」、SIAM SHADE「Rain」


【ラベル】ラベルについてアレコレ

・色々と表示要素が増えてしまい混雑してる感じ

・中国っぽいイメージ

・落ち着き 王道

・短冊のキッチュな感じと春雨の文字の真面目さがアンバランスだけどいい。

・ザ・沖縄!!で泡盛とわかりやすい。好きです。こういうの。

・春雨のフォントが良い。オレンジ色のニクイ奴

・*はツチノコなの?

・カリーと春雨の字体のバランス考えて欲しいな

・お祭りな〜

・高級感があるのに白

・めでたいものてんこ盛りのコンセプト通りで良い

・あまり気にしなかったけど髭文字なのね

・そこはかとなく和風な、風格のある佇まい


*****

【再録 第六期:春雨(宮里酒造所レポート


「前置き」


「カリー春雨」は泡盛部アワモリアワードの第3回&第5回の大賞銘柄である。

選考方式や選考メンバーが随時変わる中、2度の大賞になったことは純粋に凄いことだと思う。


泡盛部ではひたすらに「一般酒」にこだわって活動している。

一言に「一般酒」と言っても各蔵元さんの考え方や規模によって、そのポジショニングは違ってくる。


泡盛部では、いわゆる3合瓶(600ml):透明瓶を使って検証しているが、

それは泡盛部のテーマでもある「日常」に最も近く、沖縄らしさを感じる規格で、さらに、各蔵の比較検証に適した標準規格だからだ。


しかし宮里酒造所さんでは、この規格の商品を造っていない。

そのため、宮里酒造所における「一般酒」=基本の一本となる4合瓶(720ml):黒瓶で検証している。


標準とは


過去2回、表彰式を兼ねた工場訪問で、宮里徹社長のお話をじっくりと伺う機会を得ている。

現在に至る経緯を伺う中で特筆すべきは「探究心」だ。

仮説と検証を繰り返す実行力こそが宮里さんの真髄である。


そこには自社商品だけではなく、「泡盛の標準(スタンダード)はもっともっと底上げできるのでは」という

泡盛全体への挑戦でもあるように感じる。


「カリー春雨」が宮里酒造所にとっての標準=一般酒であるからこそ、それを基準にして他銘柄の違いがはっきりとする。

「30度一般酒」はその蔵の基準であってほしい。

泡盛部の基本となる願いに対して「カリー春雨」はとても真摯に応えてくれているのかもしれない。



一般酒の魅力とは


とても根本的な話だが、魅力的な一般酒とは?


その答えの一つは、味の延長線上に古酒が見えるか、だと思う。


当然、「今」を呑む酒としての評価はあるが、心惹かれるものには奥行きがある。

その奥行きを無意識に感じられるもの。

「一般酒」は古酒への導線で、それをあえて「今」楽しむというスタンスであれば望ましい。


「カリー春雨」の魅力は明確にそれを感じられるところにある。


時に懐かしく。時に力強く。


今や、「春雨」というブランドに気構えてしまうところがあるが、ここでは心をフラットにして呑んでみる。


水割り(前割)では古風な香りがのぼり、口に含むとカカオのニュアンス。

落ち着いた味わいは、泡盛"らしさ”のエッセンスが抽出されている。

やわらかく湿った空気が身体全体を包んでくれるような懐かしさと安心感がある。


今回一番人気となったロックでは、その印象に力強さが備わる。

香りはやや控え目になるが、味のベクトルはググッと上がり、輪郭がはっきりとする。

そして、かくしゃくとした風格のある味わいが現れる。


実はデータを見てみると、過去には「ストレート」「お湯割」「水割り」が1位となっている。

今回の「ロック」で、4種全てが一位評価を得た。

ただ、今回も一位は「水割り」と同数だったので、水割りの人気が高いことが見受けられる。


それは、水割りにしても味にしっかりとした芯があり、アルコール感の薄い飲み口でありながら、飲み心地が豊かという、呑んべえにとって理想的な状態で、すなわち満足度が高いということなのだ。

(注*今回の一位評価は「ストレート」でした)


「春雨日和」


この日、部活はまさに「春雨日和」。

ぬくい風が吹き、静かな雨が降る春の宵。

年度始めの慌ただしい時期も過ぎ、雨の夜でも部員が多数集まった。


粛々と進むテイスティング。

ひとりひとりが泡盛に向き合い、意見を交わすひと時。


そう、「春雨」は向き合う酒なのだ。

自分と。

仲間と。

にぎやかにではなく、おだやかに。

外の雨音がそれを演出してくれた。


【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


部員の白井さんより、いわゆる春雨の「ラメ」43度です。

詰め日が2006年10月9日なので、瓶熟12年!

e0155154_13575694.jpg

さすがのラメ。米飴のような練られた甘さ、酸もあるし、渋みも深い。いつもテイスティングしている「カリー」よりも渋みが深い。

白井さん、ありがとうございました!




【今日の竹内さん】今期も引き続き


e0155154_13581973.jpg
















# by awamoribu | 2018-10-29 14:41 | 春雨:宮里酒造所

泡盛部 第八期2蔵目:多良川(株・多良川)レポート


e0155154_13381574.jpg


日時:2018年10月18日

参加人数: 14

瓶詰め日:2017.12.23

今日のかりんとう:「きび砂糖」


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=12 ✖️=1 無効票=1


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):52点

◎お湯割(各自で作成):56点  

◎ストレート:53点

◎ロック:58点(ave.=4.1)


*主宰・梅田のコメント*

第二期のアワモリアワード大賞銘柄だけあって、さすがの安定感。

どの飲み方も高得点ですね。

個人的にもどれも4点5点をつけており、どの飲み方にしてもそれぞれに魅力を感じます。

今回のボトルは僕がイメージしている「多良川」よりも少しエッヂが立っていて、

男らしい味わいに感じました。

飲み口はとても優しく甘いけれど、それだけに終わらず、苦味・渋味、香ばしさが順繰りにやってきます。

個人的には「お湯割」が秀逸でした。

きび砂糖かりんとうとは「ロック」がベストマッチでした。



【呑みたい場所】山手線編(駅名)

・代々木(程よい小料理屋さんで)

・大崎 (アーバンからプチ田舎。ビル街を抜けたところの川辺で)

・田町 (ニュートラルな感じ)

・品川

・田町 (フェリーに乗り込むぞ)

・品川

・有楽町(いう名のほぼ新橋)

・浜松町

・新大久保

・大崎 (目黒川のほとり)

・代々木(新しさと古さ)

・大塚 (都電に乗る前に)

・目黒

・神田


結構ペアができてますね〜!


【料理・肴】ご参加者の願望

つみれ、キュウリの浅漬け、ジャガバター、玉子焼き(ネギ入り)、常温のトマト、刺身の盛り合わせ、レンコン料理、マカロン(クリーム無し)、ヨーグルト、焼き鳥、オムライスorチキンライス(ケチャップ!)、サーロインステーキ、鯛茶漬、蟹味噌


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/2014269731970881?__xts__[0]=68.ARD8vePGVbjXEUBhcXEzLrXPp38n7lH49JD3cxc5xXMWHQk8MtU16G1ob3QdaHg5LDkBqg2fHexV76DD9cNGqoWnXYWjB6tJFP-mxRL4lWwYJF5LZr2KWs0DcpZSEQVcI6n80651y57pAjGMTcdc7yjM8NXb1EiL6YWHtp1s55auBY9Y8QNk1sHqKWIfbptlS45jd6LZykv1Dhy4QbdipLjd13w&__tn__=-R


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

Guns’n’Roses「Patience」、CHIC「Good Times」、南りこ「ヒースの花」、SION&森重樹一「ただそれだけで」、T-BOLAN「walk in the rain」、静かな曲、「Sex Machine」、フレンチポップ、チャン・グンソク、ザ・タイガース「色付きの女でいてくれよ」、スティーヴィー・ワンダー「心の愛」、布施明「君は薔薇より美しい」、スティーヴィー・ワンダー「isn’t she lovely」、「神田川」


【ラベル】ラベルについてアレコレ

・米俵がドスコイ。

・右上の「琉球泡盛」のフォントなんとかなりませぬかの?

・黄色と黒はタイガース

・良いです

・俵のシンプルさと稲穂の枠がのどかな島の雰囲気

・黄色が鮮やかで綺麗。文字が力強い

・手貼りの味

・川の字が突き出てて可愛い

・黄色が目立っていいですね

・米を描かずに米のイメージがすごい

・米の「恵」を感じさせる俵が印象的なバックグラウンド。「多良川」の文字は素晴らしい

・インパクトあっていい。キッチュ

・黄色に黒太字が注意喚起のイメージでマモル君を思い出す

・力強い文字


*****

【再録 第六期:多良川((株)多良川レポート


「ヤンチャな優等生」

クラスの人気者であり、先生からの受けも良い。
なんとなく、いつも周りに人が集まっていて、なごやかな空気を創り出す存在。

「多良川」のイメージはそんなだ。

無骨にして大胆なラベルの字体は”男”なイメージだが、中身はとても柔らかくて優しい。
優しさの中に、少しばかりの辛辣さがあるが、それがスパイシーでもある。

そう、悪さも知ってるヤンチャな優等生だ。

「薄くても抜群の呑んでる感」

過去のデータでは、水割りやロックの評価が高いが、今回は「割燗」。
そう、「お湯割」に比べて、評価の低い「割燗」。
「南光」「はんたばる」に続いて3銘柄目のトップ評価に!

でも、味の特性を伝えるために、水割りから。

香りはとてもふくよかで、豊か。一口目の印象は、麦や麹のようなふっくらとした甘さが強い。
しかしながら、全く同時に辛さも感じられる。
水馴染みはとても良く、すべての融合感が秀逸。
水割りでありながら「呑んでる感」が充実している。

そして「割燗」。
水割りの特性が活かされたまま、温度が上がった感じ。
甘さと辛さの感度比が水割りの場合が「6:4」とするならば、燗では「4:6」という具合に反転させたような構成に。
うまさの評価は、その時の驚き度も影響する。
今回の場合、「割燗」のそのバランス力への驚きに対する評価もあるだろう。

薄めてもしっかりとした甘さや「呑んでる感」があり、くどくなく、ずっと愛される味わいのバランスは難しい。オトーリ文化のある宮古島の中では、各蔵がそのニーズに向けての努力は欠かせないだろう。
「ポピュラリティー」という点での多良川は突出していると思う。
おそらく初めて呑む方にも受け入れられやすく、よく呑む方にも飽きられない。

「喧騒の中のループ」

さて、多良川はどんなところで呑もう。
このバランス感は上品に呑むのもいいが、荒っぽく呑んでみたくもなる。

賑やかな屋台村。
ラムチョップ、タンドリーチキン、ケバブ、、、、。
いろんな国のソースや肉の焼ける匂い。

チープなテーブルとイス。
ガタガタと、座りは悪いがそれをずらしたり押さえたり、うまく調節する。

右手には骨肉、左手にはグラス。
かじる、呑む、話す、手を拭く、のループ。

口の中の脂のベタベタや、ソースのスパイスを多良川で流し落とす。
甘みは絡み合い、辛みは口の中をさっぱりとさせ、次のループへと導く。

「あぁ、この感覚は・・」

これだ!
https://www.youtube.com/watch?v=CVzepkiNmQU

Dave Pike Set「mathar」

ビートの中をかき分けるように奏でられるシタールはまるで川のよう。
喧騒、匂い、脂、生ぬるい風、蒸し暑い夜、
ダムの決壊のように
すべてを巻き込んで体内を滑り落ちる液体。

あぁ、やっぱりコイツは悪さも知ってるヤンチャなやつだ。
でも、絶対に乱れることのない優等生。
多良川なら、明日の朝も大丈夫な気がする。



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】

今回は無し

【今日の竹内さん】今期も引き続き


今回は無し













# by awamoribu | 2018-10-24 14:14 | 多良川:(株)多良川