もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

泡盛部 第六期45蔵目:瑞泉(瑞泉酒造)レポート

泡盛部 第六期45蔵目:瑞泉(瑞泉酒造)レポート



e0155154_10525281.jpg

日時:2017年2月23日

参加人数: 7名


瑞泉酒造は1887年(明治20年)、当時は喜屋武(きゃん)酒造場として創業しました。
瑞泉酒造という名になったのは1957年のことです。
泡盛をあまり飲んだことがなくても「瑞泉」は知っているという人も多い蔵です。
「瑞泉」を代表銘柄とし、戦前の黒麹菌を使って蘇らせた「御酒(うさき)」
麹を三日間はわせた「三日麹ゴールド」 、日本酒のように精米した「びぎんのしまー」
その他にもいろいろなタイプの泡盛を商品化しています。


飲み方人気ランキング:

1位:水割り(3票)

2位:ストレート(2票)

2位:前燗(2票)

4位:ロック(0票)


①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となっております。


*****


「ブランドを高める魅力的なデザイン」


歴史も古く、泡盛界で上位の出荷量を誇る瑞泉酒造さん。

コアなファンも多く、知名度も高い、泡盛界を代表する銘柄の一つ。


爽やかな青が主体のラベルは沖縄の酒というイメージへと導きながらも、なぜかアメリカも想起させる。

よく見ると龍は少々とぼけているし、爪をあしらった紋章のようなものもあったりと、遊び心がちりばめられている。

そのままTシャツやグラスなどのノベルティに映える魅力的なデザインは、「瑞泉」というブランドを高めている大きな要因の一つではないかと思う。



「古酒への期待感を抱く


「瑞泉」というと辛口という印象が強いのだが、今回は少々趣が違った。

香りはとても優しくフラワリー。麹の甘酒のようなお米の香りもあり、とにかくとてもホッとする心地よい香り。

口に含むと麦のようなほくっとした丸い味わいがあり、それが緩やかに焦がし麦のような苦味へと変わっていく。

あまりシャープな辛さはなく、どの呑み方でも優しい印象だ。

香りの中にバナナ香が潜んでいたり、余韻にわずかな酸を感じたりと、そのまま古酒にしてみたくなる、そんな期待感が高まる味だった。


「泡盛の中の母性」


今回の「瑞泉」には泡盛の中での母性的な側面が感じられた。柔らかく包容力があり、安心感がある。

この印象だと食べ物も自然と優しい方向へと向かう。


大根や里芋の煮物、山菜の天ぷらや青菜のおひたし。

日々の暮らしの中でホッとできるひと品。

体の淀みを流し、内側から温めてくれる自然の恵み。活力よりも癒し。

そう、泡盛は「癒しの酒」だということを思い出す。


「雲海の宴」


さて、改めてラベルを眺める。

描かれた龍の気分になって呑んでみよう。


ここは雲海。太陽色のお膳に盃をおく。

泉の如く湧き出る酒を盃に満たしては口に運ぶ。

雲に乗って流れてくる肴をひと品つまんではまた盃を満たす。


太陽の恵みをたっぷり浴びた酒と肴でお腹も太陽色を帯びてくると、

目元はとろりと溶け出し、話もちんぷんかんぷん。

ゆるやかに漂う雲海に身を預けて夢の宴はどこまでも続く。


「怪獣音頭」(from 「帰ってきたウルトラマン」)


頭の中に廻るのはお気楽なこんな音頭。

怪獣の説明が続くこの音頭。

二頭の龍が酒を呑みながら掛け合いのように怪獣薀蓄を交わしているようだ。

ちゃんちゃん。



「今日の泡盛を一語で表すと・・」


男性的な印象があった「瑞泉」だが、今回は女性的な印象を受けた。

実は違う詰め日のものを開けて飲み比べてみると、それはいつもの男性的な印象だった。

「瑞泉」の中には2頭の龍がいるってことで、今日の一語は


「双頭」



*****(text by 梅田竹松)


当日の様子

Facebookページのアルバム

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1358707730860421



[PR]
by awamoribu | 2017-03-02 11:28 | 瑞泉:瑞泉酒造