もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

泡盛部 第六期25蔵目:久米島の久米仙(久米島の久米仙)レポート

泡盛部 第六期25蔵目:久米島の久米仙(久米島の久米仙)レポート
e0155154_18524387.jpg


日時:2016年7月21日
参加人数:13名

「久米島の久米仙」は沖縄本島から西に約100kmに位置する久米島にあります。
久米島に2つある蔵のうちのひとつです。
1949年に仲里酒造として創業しました。
銘柄は全て「久米島の久米仙」で、そのうち、「び」「ブラウン」「ブラック」「球美(くみ)」などがあります。
工場の規模は大きく、泡盛メーカーのうち売上高はトップクラスです。

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(7票)
2位:割燗(5票)
3位:ストレート(1票)
4位:ロック(0票)

①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となっております。

*****
「髭文字の主張」

泡盛のラベルに多く使われている文字の一つ「髭文字」。
どしっと、2文字・3文字の存在感のあるものも良いが、「久米島の久米仙」は文字数が多い故に異彩を放っている。

この髭文字と「久米島の」とあるところから、島のお酒、島の泡盛という主張が伝わって来る。
泡盛界一の出荷量を誇る「久米島の久米仙」、一見チープな感じを受けるラベルだが、ベタなイメージの刷り込みにはこのくらいの分かり易い主張が良いのだろう。

こっそりとマイナーチェンジをしていて、バーコードや未成年注意書きを裏ラベルに持って行き、実はすっきりとしたデザインに切り替えている。
あなどれない。

「島の味はみんなの味」

味はほっくり甘め。そしてゆるやかに辛みが広がる。
島のお酒は比較的甘めのものが多いように思う。
先述のように出荷量No.1でありながら、どこかほのぼのとした素朴な味わいだ。

取り立ててひねりのある味わいではないが、呑んでてのんびりとする味。
特に水割りはそれが顕著。
冷めた割燗にもそれを感じる。
飲み飽きのしない食中酒として誰からも文句の出ない「みんなの味」という印象だ。

ロックでは少ししゃきっとするが、ロックという呑み方としてはやや平凡で面白みに欠ける。

「パクッと、グビっと」

そしてこういうのには、おでん、だろう。
色んな具材のエキスがしみ込んだ優しい味の、おでん。

大きな鍋から好きなものをちょいちょい選んで一口大に箸で刻んでパク。
そして、グビ。

口の中で具の味と出汁の旨みと酒の甘みが三つ巴で相見える。
お互いの味がくんずほぐれつからまってはトキメキあう。
どれも無駄な主張はしない。
優しくからみ合うのだ。

「潮騒のメモリー」

そしてこういうのにはブラウン管テレビの音がいい。
ドラマの再放送なんかが流れてると思わず見入ってしまって、おでんの具を箸でつまんだまま止まってたり。
ふと落としそうになって慌てて口に運ぶ。
そして、グビ。

ブラウン管の時代ではないけど、近年だとこれですかね。
https://www.youtube.com/watch?v=ZhQJU4WQLcM


「今日の泡盛を一語で表すと・・」

「のんびり」


*****(text by 梅田竹松)

当日の様子
Facebookページのアルバム
[PR]
by awamoribu | 2016-07-28 19:17 | 久米島の久米仙:久米島の久米仙