もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

泡盛部:第四回大総括会(140731)

2008年10月にスタートした「泡盛部」。
2013年4月に第四期がスタートしました。
全47回(千代泉がなかったため)と8回の総括会そして敗者復活戦「ワイルドカード」を終えて、四回目の「大総括会」。

8地区に区切って開かれた総括会の、それぞれのエリアでの「味」「ラベル」部門の第1位の泡盛、そして8地区の第2位からワイルドカードで選ばれた銘柄を並べ、テイスティング後に投票。各部門の大賞を選出。
「第四回泡盛部 アワモリアワード」の大賞となります。

e0155154_173631.jpg


エントリーされた泡盛は下記の通り。
e0155154_17122426.jpg

※今回は各総括会と同様、ブラインドでのテイスティングにて投票。
【味部門】
①常盤:伊是名酒造
②轟:ヘリオス酒造
③久米島の久米仙:(株)久米島の久米仙
④咲元:咲元酒造
⑤忠孝:忠孝酒造
⑥南光:神谷酒造
⑦豊年:渡久山酒造
⑧白百合:池原酒造所
⑨萬座:恩納酒造所(ワイルドカード枠)

ちなみに第三回のラインナップは・・
①かねやま:山川酒造
②萬座:恩納酒造所
③はんたばる:泰石酒造
④咲元:咲元酒造
⑤カリー春雨:宮里酒造
⑥ニコニコ太郎:池間酒造所
⑦宮の華:宮の華
⑧どなん:国泉泡盛
⑨多良川:多良川 (ワイルドカード枠)



【ラベル部門】
e0155154_17141259.jpg

e0155154_1714097.jpg

e0155154_17122678.jpg

①常盤:伊是名酒造所
②松藤:崎山酒造廠
③琉球:新里酒造
④時雨:識名酒造
⑤神泉:上原酒造
⑥菊之露:菊之露酒造
⑦宮之鶴:仲間酒造所
⑧泡波:波照間酒造所
⑨龍:金武酒造(ワイルドカード枠)

ちなみに第三回のラインナップは・・
①まるだい:今帰仁酒造
②龍:金武酒造
③琉球:新里酒造
④瑞穂:瑞穂酒造
⑤久米仙:久米仙酒造
⑥沖の光:沖之光酒造
⑦宮の華:宮の華
⑧宮之鶴:仲間酒造所
⑨時雨:識名酒造 (ワイルドカード枠)


今期もまた、これまでとは違うラインナップになっていますね。
勿論一部はかぶりますが、不思議と同じようにはならないのです。それがとても興味深い。

一通り飲んで投票用紙を回収したあたりでフードの用意。

恒例となりました「大総括会特製ジャンボカレー」。
今回は料理通信社さんの「はじめのカレー粉」を使用したポークカレーです。
今回の飾り花は向日葵。
e0155154_17204043.jpg



持ち寄りのフードテーマは今回も「〆」。皆様ありがとうございます!
食べ物の画像はFacebookページよりご覧ください。
(テーマに添ってないものも多数ありますが、ご愛嬌で)
準備中

さて、宴もたけなわ。
開票です!

味・ラベルの各部門につき
1位=5点
2位=3点
3位=1点
として、点数を加算していき、最も多いものが大賞です。

味部門の大賞は・・・【萬座】

味部門
1位・・・萬座 (35点)
2位・・・常盤 (31点)
3位・・・忠孝 (29点)

ラベル部門の大賞は・・・【宮之鶴】

ラベル部門
1位・・・宮之鶴 (47点)
2位・・・龍 (37点)
3位・・・琉球 (30点)

e0155154_1724381.jpg


な、なんと味部門の大賞はワイルドカードからの勝ち上がり!!
実力者「萬座」がいきなり大外からまくってきました。
投票をみると、1位に選んだ銘柄が票割れした中、「萬座」を2位にした方が非常に多かったために
票が伸びました。
うーん、なんとも面白い結果になりました。

そして、ラベル部門では、遂に「宮之鶴」が栄冠!
人気の高さにもかかわらず、中々勝ち上がれなかった「宮之鶴」ですが、遂に大賞に選ばれました。
こちらも激戦で、1位に選んだ方の数は「龍」と同数。しかし、2位に選んだ方の数により、
大差となりました。

今期も非常に興味深い結果となりました。
皆様、ご参加ありがとうございました!



泡盛部の活動の基本は、あくまでも「もっと泡盛を日常に!」です。
泡盛の楽しみ方の可能性を広げ、より多くの方に日常的に泡盛に触れてもらうためのフィールドワーク的な活動です。
ただの飲み会ではなく、ちょっと学ぶこと、ちょっと考えること、言葉を紡ぐこと、音楽をイメージすること、
そんな風に「真面目に遊ぶ」ことで泡盛の魅力に触れていく活動です。

「日常化」というのは、実は最も難しいことかもしれません。
当たり前に存在になるということは、連続性や継続性が必要です。

全48蔵の一般酒を制覇するというのは、ひとつの目に見えやすい道標で、これは通過点に過ぎません。
2014年8月7日より、また新鮮な気持ちで第五期をスタートします。
新しい出会い、感覚、可能性が常に広がっていきます。

でも、ひとまずこれまでご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

e0155154_1722516.jpg

[PR]
by awamoribu | 2014-08-05 17:37 | 総括会