人気ブログランキング |

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

泡盛部:第一回大総括会(100520)

2008年10月にスタートした「泡盛部」。
全48回と8回の総括会を終えて、初の「大総括会」。

8エリアに区切って開かれた総括会の、それぞれのエリアでの「味」「ラベル」第1位の泡盛を並べ、テイスティング後に投票。各部門の上位3銘柄を選出。
1位の泡盛が「第一回泡盛部 アワモリアワード」の大賞となります。

e0155154_1635713.jpg


いつもの総括会通り
部員Aさんセレクトによる泡盛部のセレモニーソング、
ヴィヴァルディの四季より「春」で総括会スタート。
e0155154_23585627.jpg


e0155154_15395167.jpg


これまでの48蔵全部の空瓶をずらり並べ、BOXには各エリアのチャンプが、ミュージックマッチングで選ばれたレコードと共に。
e0155154_15403853.jpg

そして、ひさしぶりの「かりんとう文字」。
e0155154_1541023.jpg


なにはともあれ乾杯でスタート
e0155154_1544577.jpg


エントリーされた泡盛は下記の通り。
*( )内の数字は銘柄数

【本島北部 前半(7)】

・味: 照島 (伊平屋酒造)

・ラベル: まるた (田嘉里酒造)

【本島北部 後半(4)】

・味: 龍 (金武酒造)

・ラベル: 轟 (ヘリオス酒造)

【本島中部(5)】

・味: 一本松 (北谷長老酒造)

・ラベル: 琉球 (新里酒造)

【北那覇(8)】

・味: 久米島 (米島酒造)

・ラベル: 瑞泉 (瑞泉酒造)

【本島南部(7)】

・味: 忠孝 (忠孝酒造)

・ラベル: 久米仙 (久米仙酒造)

【宮古島(7)】

・味: 宮の華 (宮の華酒造)

・ラベル: 宮の華 (宮の華酒造)

【八重山 前半(6)】

・味: 宮之鶴 (仲間酒造所)

・ラベル: 宮之鶴 (仲間酒造所)

【八重山 後半(4)】

・味: 泡波 (波照間酒造所) 

・ラベル: 与那国 (崎元酒造所) 

BGMに合わせながら、着々と飲み進んで、コメントを書きながら皆真剣に順位を決めていきます。
e0155154_1681195.jpg


一通り飲んだあたりで、フードの用意。

今回のメインフードは「カレー」。
泡盛を飲んでいるとカレーが食べたくなるという声が上がることがしばしばあったので、
この日のための特製ジャンボカレーを作りました。


じゃん!
e0155154_1691990.jpg


そのほか、皆さん思い思いの差し入れを。ありがとうございます!
e0155154_161019100.jpg

e0155154_1611349.jpg
e0155154_16111880.jpg


さて、宴もたけなわ。
開票です!

味・ラベルの各部門につき
1位=3点
2位=2点
3位=1点
として、点数を加算していき、最も多いものが大賞です。
e0155154_1615312.jpg

e0155154_16123489.jpg


予想以上のデッドヒートの結果!
e0155154_16153861.jpg


味部門の大賞は・・・【忠孝】
e0155154_1616596.jpg


味部門
1位・・・忠孝 (25点)
2位・・・宮の華 (24点)
3位・・・宮之鶴 (21点)

★「泡波は希少銘柄で正規価格にて手当がつかなかったため、今回のテイスティングにはエントリーされませんでした。)

ラベル部門の大賞は・・・【まるた】
e0155154_1629429.jpg


ラベル部門
1位・・・まるた (25点)
2位・・・宮之鶴 (22点)
3位・・・宮の華 (15点)


大賞決定後は皆思い思いに盛り上がり、
e0155154_16243740.jpg
e0155154_16245363.jpg
e0155154_16251863.jpg
e0155154_16255450.jpg


最後は乾杯!!
e0155154_16261581.jpg


泡盛部の活動の基本は、あくまでも「もっと泡盛を日常に!」です。
泡盛の楽しみ方の可能性を広げ、より多くの方に日常的に泡盛に触れてもらうためのフィールドワーク的な活動です。
ただの飲み会ではなく、ちょっと学ぶこと、ちょっと考えること、言葉を紡ぐこと、音楽をイメージすること、
そんな風に「真面目に遊ぶ」ことで泡盛の魅力に触れていく活動です。

「日常化」というのは、実は最も難しいことかもしれません。
当たり前に存在になるということは、連続性や継続性が必要です。

全48蔵の一般酒を制覇するというのは、ひとつの目に見えやすい道標で、これは通過点に過ぎません。
2010年6月3日より、また新鮮な気持ちで第2期をスタートします。
新しい出会い、感覚、可能性が常に広がっていきます。

でも、ひとまずこれまでご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


部員Aさんによる泡盛部公式”裏”ブログ
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-294.html

★Aさんは、1年半に渡る泡盛部第一期、最も参加数が多く、参加した回は必ずブログにアップしてくださいました。
公式ブログとは違った視点、アカデミックな観点からのレポートは、「泡盛部の良心」ともいうべき存在です。
心より感謝申し上げます。
by awamoribu | 2010-06-02 16:44 | 総括会