もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【20度泡盛はジミヘンで轟く】

・日時:2009年1月15日
・参加人数:16名
・銘柄:轟(とどろき) 
・おつまみ:かりんとう かきフライ 牡蠣鍋

第8回目は北部の後半スタート、ヘリオス酒造さん。
もともとラムを造っていた酒造所で、現在は泡盛のほかにビールやリキュール・スピリッツ・ウィスキーの酒造免許をもつ酒造所です。

「くら」という商品がポピュラーです。
樫樽貯蔵により泡盛のイメージを広げた一品だと思います。
実際に初めて飲んだときは、「おいしいなぁ」と思いました。
当時は泡盛の経験値が低かったのですが、良い意味で泡盛を知るきっかけになったと言えます。

部活で取り上げるのは一般酒なので、今回は「轟」です。

e0155154_2295977.jpg

この銘柄は、1973年に廃業してしまった名護酒造所の銘柄で、2000年にヘリオスさんによって復活いたしました。

度数はなぜか20度。
30度や古酒に慣れると、20度というのはかなり軽く感じるらしく、部員の飲むペースも幾分早め。
しかし、そのボルテージの上がり方には理由があったのです。後述。

まずは、通常通りシートを記入しながら、テイスティング。
でもなんだか妙に気もそぞろ・・・。後述。


★ストレート:最初の香はしっかりあるが、ふわっと消えていってしまう。口当たりは軽快で、後半に甘みを感じる。麦、ウェハースのような香ばしさや、米焼酎のようなふくらみを感じるとの意見あり。

★:ロック:香は引くが、味がしっかり際立ってくる印象。輪郭がはっきりする。食中酒としてもいけるという意見も。また、辛くなるや苦味を感じるなども。スイカのような風味という意見も。

★:水割り:単純に薄まる、という意見多数。もともとの度数が低いので、割り方に注意が必要。
甲類焼酎のようにすいすいと行けてしまう。シークヮーサーで割ったりするのには向くかもしれません。

★:お湯割り:甘くなった、まろやかになった、という意見と同数くらいで、苦味がたった、パンチが足りないなどの意見も。なんとなく薄い印象。


度数の低さから来ると思われるパンチの弱さが、よい風に捉えれば「飲みやすさ」に繋がるかもしれません。夏場にすいすい飲んだり、みんなでわいわい飲むのに、適しているように感じます。
控えめな個性は、良い意味で敷居の低さがあり自由な楽しみを与えてくれるものでもあります。

この感覚が音楽のセレクトにも影響しているように感じます。後述。


・・・FOOD・・・

さて、、、

小一時間のテイスティングが終わり、皆の心がひとつになる瞬間が近づいてきました。


実はこの日は、部員Nさんの持込企画で牡蠣と泡盛のマリアージュを試す会となったのです。
瀬戸内海の牡蠣を牡蠣フライと牡蠣鍋に。

e0155154_174149.jpg


e0155154_17413076.jpg


泡盛部初の持込企画&
泡盛部初のコラボ企画で、調理は笹塚観音通り商店街の「寿司ダイニング 島」さんにやっていただきました。


これでもか!っていうくらいの牡蠣の数にヒートアップ

e0155154_18265740.jpg


鍋の後には素麺をイン!

e0155154_18285396.jpg


アップでどうぞ

e0155154_18291854.jpg


人数が多かったせいもあるけれど、気づくとなんだか「立ち鍋」に。
そして、前半の気もそぞろなテイスティングタイムとはうって変わってわいわいがやがやのいい感じのテンションに。

牡蠣は気持ちを上げますね。

今回は参加部員が多く、「轟」が足りなくなってしまい、部員Mさん差し入れの同酒造所の「5年古酒」を。

e0155154_18295537.jpg


那覇・国際通りにある、ヘリオス酒造直営居酒屋のパンフレットも。


牡蠣フライと牡蠣鍋を楽しむのに、結果的にはこの飲みやすさはナイス。
特に大人数でわいわいの鍋には非常に適していると判断。


おっと、かりんとうとの相性は、梅ザラメとの相性が良いよう。梅の酸味が軽い飲み口と合う。
五穀が、合う方と合わない方と同数くらいに分かれました。


・・・MUSIC・・・

出てきたのは、竹内まりや いきものがかり、尾崎豊、井上陽水、ボサノバ、カントリーなど。
いまいちつかみ所のない中で、パンチの効いたコレにしてみました↓

e0155154_0253426.jpg



パンチの弱い味わいの泡盛だったので、ちょっとどうかなと思ったのですが、逆にこれが幸い。
牡蠣が入りボルテージが上がると、ジミヘンのサウンドが妙に心地よく魂をロックさせる。

ジミヘンの声・ギターの音・グルーヴが、泡盛の調子も引き立てる。
【轟】というネーミングに若干の違和感を感じていた味わいが、ジミヘンによって弾けてきた。
牡蠣を食べ、轟をあおる、ぐいぐいとグルーヴをたかめるジミヘン。

見事なトライアングルを形成。
個性の穏やかな泡盛はこうして楽しむということを発見!



”必読おすすめ”
部員Aさんのブログ:
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-category-1.html
[PR]
# by awamoribu | 2009-01-21 00:37 | 轟:ヘリオス酒造

泡盛部:2009新年会

正部員限定イベントとして1/8に新年会を催しました。

昨年、山川酒造の山川社長にいらしていただき、その後、ゆんたく大使・小西と部員のNさんが山川酒造にも伺ったことから、新年会の泡盛は山川酒造さんの「珊瑚礁」に。

e0155154_15451545.jpg


それと、いただきものの龍泉酒造の限定酒、と、自家製古酒(かりゆし 甕4年寝かせ)を少々。

おつまみは、新年ということで「紅白」をテーマに持ち寄り。

e0155154_154797.jpg
e0155154_15471995.jpg
e0155154_15473033.jpg
e0155154_15474070.jpg


おまけ(きび団子)

e0155154_15481383.jpg


昨年WOWOWで放映された「名酒誕生物語」で山川酒造さんが取り上げられた回の上映会。

e0155154_1550587.jpg


それと、写真を撮り忘れてしまいましたが、実は、乾杯のお酒で「ブラインドテスト」をしました。

ある泡盛を飲んでもらい、それが下記4種のうちのどれかを当てるクイズ。

・まるた
・羽地内海
・珊瑚礁
・山原くいな

参加者8名中
正解者は・・・・・2名!!

e0155154_15541960.jpg


素晴らしい!

今年も泡盛部、よろしくお願いします!
[PR]
# by awamoribu | 2009-01-09 15:41
2008年10月にスタートした「泡盛部」。
第七回を終えたところで一回目の総括会を開催。

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第一回から七回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。


始めはこんな風にいつも通り真剣に。
e0155154_0552894.jpg


お酒が入って少し和んだころに「仕次ぎの儀式」。
部員みんなで少しずつ入れていく。こうしてみんなでやるとみんなの「気」が入ってきっとおいしくなる。一銘柄入れる毎にひと盛り上がりでテンションが上がっていきます。
e0155154_058645.jpg


フードは持ち寄り(500円以内)。
バラエティーに富んで楽しいです。
e0155154_057103.jpg


もちろん かりんとうも。
e0155154_113783.jpg


エントリーされた泡盛はこの通り。
各回ごとのセレクテッド・ミュージックも展示&もちろんかける。
e0155154_121838.jpg

e0155154_133848.jpg

e0155154_135395.jpg

e0155154_14451.jpg

e0155154_141559.jpg

e0155154_14279.jpg

e0155154_144091.jpg


音楽はやっぱり不思議なもので、BGMとお酒がシンクロしてその回の記憶が蘇ってくる。
泡盛部で音楽を選んでもらうのは、「五感で楽しむ」という狙いです。
お酒は「目・鼻・口・触」で楽しむものですが、【耳】だけが抜けています。
このお酒から連想する音楽がBGMとして流れて、それも含めてお酒を楽しみ記憶するという試み。
こうやって復習してみると、その感覚が実感として感じられます。

「あのときのあの酒」
こんな記憶の襞が多くなればお酒の楽しみ方も幅が広がります。

↓結構壮観(^^)
e0155154_1133724.jpg


知らず知らずと盛り上がり、こんな風に和が出来ていきました↓
e0155154_115155.jpg


2ヶ月前にはほとんど知らない人同士だったのに、「泡盛」ってすごい!

e0155154_1162465.jpg


最後に、ちょっとかっこいい写真。どこかに中継でもされたかな?
e0155154_1164989.jpg


来年もよろしくお願いします!

1/8(木)は新年会 (★正部員限定となります)
1/15(木)からレギュラー部会スタート。第8回目はヘリオス酒造です。

必読!!部員Aさんのブログ:是非読んでください!ゾクゾクします!
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-39.html
[PR]
# by awamoribu | 2008-12-20 00:38 | 総括会