もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
【大人を楽しむ 泡盛界のAOR】

・日時:2008年11月13日
・参加人数:11名
・銘柄:かねやま (参考商品:珊瑚礁)
・おつまみ:かりんとう 梅にんにく 黒五いわし 地鶏とり皮(たれ) 豆腐よう 納豆まき菓子 プリン

第4回目は沖縄本島北部・本部(もとぶ)にある山川酒造さんの「かねやま」。

e0155154_19214633.jpg


キャップはこんな。
<かね><やま>っという印象。
e0155154_2355471.jpg


★ストレート:感想が分かれました。「甘い」という意見・「辛い」や「すっきり」という意見。
しかしながらどちらも、「香がきつくない」「のみやすい」といった良い評価。
後味についても、「すっきり」だったり、「麦のような」や「ボリュームが出る」など分かれましたが、総じて「きれい」や「好き!」などの高評価。

★:ロック:「すっきり」という発言が多かったけれど、それが良い方と物足りないという方向に分かれる。ストレートよりきつくなるという意見も。

★:水割り:こちらは「味がふくらむ」「丸くなる」「香が立つ」など、非常に高評価が目立つ。
長く飲めるのはこれかも。

★:お湯割り:やわらかくなるが、「意外と広がらない」という印象が多い。味は薄まるが、ゆっくり飲むのによいという意見も。「冬の夕方に」なんてシーン提案も。


「水割り」の評価が総じて高かった。
ゆっくり飲む、長く飲む、毎日飲むのによい味ということではないかと解釈。

・・・FOOD・・・
新入部員のNさんから、山本彩香さんの「豆腐よう」の差し入れ。
非常に穏やかな味わいでおいしい。
シンプルな味わいのクラッカーにのせて、チーズのように食べられる。
たいていの豆腐ようはチビチビじゃないといけないけれど、かなりマイルド。
伝統的な食品も時代と共に形を変えてよい面もありますね。
これは進化ととらえます!

以下は升本屋の商品

・霧島地鶏のとり皮(たれ味)
こりこりのとり皮に絶妙なたれ味。知る人ぞ知る升本屋の裏メニュー。宮崎から冷凍で届き、冷凍で保存しているのですが、半解凍のルイベ状態がベスト。口の中で噛むほどに味がしみ出てくる酒飲みを狂わす逸品。
水割りに合う。

・黒五いわし
いわしを黒ゴマなど五種類の黒い食品で佃煮コーティング。
絶妙な甘辛具合で、おつまみにもおかずにも合う逸品。
一見日本酒的なアイテムだが、お湯割のほんのりとした甘さと醤油ベースの味わいがとてもマッチ。

・梅にんにく
小粒にんにくを梅肉とかつお節であえたもの。
ロックのシャープな感じと梅の酸味が合いました。
こちらも一見日本酒的だが、かなりレンジが広いのではないかという可能性を感じました。

e0155154_313443.jpg



その他

・納豆まき菓子
部員Fご夫妻からの差し入れ。「成城石井」さんのPBとして人気が爆発したお菓子のようなおつまみのような面白い一品。
どの飲み方でもいけるけれど、お湯割がベストか。

・プリン(島根 わたなべ牧場)
スウィーツとの相性の検証も大切。
と思いきや、オリーブオイルをかけていただいたため、その印象が強すぎて泡盛との相性に意見がいたらず・・・。


その他合わせたい物:九州系の甘い醤油で白身魚の刺身・都城の鶏刺し・お好み焼き・イタリアン

・・・MUSIC・・・

味の印象を総じて言うと、きれいにまとまった正統派・優等生的な味。
その印象からか、からっとした音、きれいな音というご意見。

軽めなAOR・オルゴールの音・自然の音(海・川など)・夏の昼間を思わせるもの・夏の夕方を思わせるもの

という意見を汲みいれてチョイスしたのは

e0155154_3302449.jpg


e0155154_3313787.jpg


いかがでしょう、日本のAORではないかと。

e0155154_3323653.jpg


こちらは参考商品「珊瑚礁」
「かねやま」に比べてシャープでドライな印象がつよい。

今日のベストショット!↓なんだかきれい。
e0155154_3502129.jpg



部員Aさんのブログ:
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-22.html
[PR]
# by awamoribu | 2008-11-14 19:11 | かねやま:山川酒造

10月6日は休部

今週は、「休部」となっておりますのでご注意ください。

来週13日は通常通り。
再来週20日は、ボージョレ・ヌーヴォー解禁日となるため、課外部活「ヌーヴォーの会」となります。
[PR]
# by awamoribu | 2008-11-06 14:59 | お知らせ
【通はくいなでコルトレーン~メロウからフリーまで~】

・日時:2008年10月30日
・参加人数:13名
・銘柄:山原くいな (参考商品:まるた)
・おつまみ:かりんとう 五穀パン 木の実パン チーズ バジルソース タイ料理数品 



第3回目は本島最北端・田嘉里酒造の【山原くいな(やんばるくいな)】

e0155154_145977.jpg


田嘉里酒造なので、キャップはこんな。
このアングル素敵です。
瓶の大きさがわからないところがいい。
photo by 福田さん
e0155154_16994.jpg




★ストレート:香りがよく、香ばしい味の後に甘さがある。いかにも蒸留酒という感じ。食後酒にも良い感じ。

★ロック:飲み口は香ばしく後味が甘い。まろやかになりフルーティーさが増す

★水割り:さっぱりとした飲み口に。角が取れてマイルドになるが、複雑みがやや薄れてしまう。

★お湯割り:香りがたち、コクが前面に出て、やわらかさが増す。個性はやや薄れるが閉じていたものが開く感じ。

(上記は部員のテイスティングシートより抜粋・選択したもの。良い意見を汲み上げています。)


・・・FOOD・・・

あんなかさんが差し入れてくれた笹塚の「ササ」さんの五穀とドライバナナのずっしり重たいパンと升本屋で販売している千葉鴨川の松井堂さんの「木の実ブラウンブレッド」
e0155154_182357.jpg

こういうパンは泡盛とよく合います。

そしてチーズ。チーズが実は泡盛や米焼酎とよく合うのですよ。
スペインの羊のチーズ「マンチェゴ」とフランスの「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」、オーストラリアの
ワインでウォッシュしたもの。それらをバゲットにつけて。
e0155154_111082.jpg


写真を撮り忘れてしまったのですが、欧州植物の「ルバーブ」のジャムと、お手製のバジルソースもありました。
バジルソースが大好評でみんな絶賛。
つくってくれたAちゃんありがとう!




合わせたいお料理・肴(部員テイスティングシートより):豆腐の味噌漬け・パスタ・主食系・鶏料理・鍋・海ぶどう・甘いもの


かりんとう:塩みつ・わさび・梅ザラメ・七味・生姜・黒糖・きび砂糖

・・・MUSIC・・・

JAZZ・フレンチポップ・女性ボーカルのポップス・パンク・クラブジャズ・サックスもの・ボッサ
などの意見の中からクラブジャズをピックアップ。

e0155154_115132.jpg


その後部員の酔いが回ってきたためか、妙なハイテンションでカオスな空気に。
そんなところで、このセレクト↓
e0155154_1192558.jpg

フリージャズと泡盛って相当DOPE。


フードと音楽が共鳴?

後半の差し入れ笹塚のタイ料理「セラドン」のソムタムの辛さが脳を刺激。
e0155154_1201596.jpg




実は田嘉里酒造さんには、もうひとつ一般酒があります。
今回はいちおう「山原くいな」をメインにしましたが、「まるた」との比較もしました。
芯になっている味わいは共通ですが、なんとなく「まるた」の方が軽やかな甘みを感じました。

テイスティングシートを見てみると、総じて好印象なのですが、飲み方の好みがかなりバラバラ
で面白かったです。


e0155154_1215075.jpg




部員Aさんのブログ:
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-17.html
[PR]
# by awamoribu | 2008-11-02 01:30 | まるた/山原くいな:田嘉里酒造