もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

泡盛部 第七期11蔵目:白百合(池原酒造所)レポート


e0155154_13074099.jpg


日時:2017年7月27日

参加人数: 12


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=5 ✖️=6 無効票=1


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):34点

◎お湯割(各自で作成):39点

◎ストレート:39点

◎ロック:45点(ave.=3.75)


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・秋田県(なまはげのやってくる囲炉裏のある旧家)

・宮崎県 青島

・福島県 (信夫山近くの居酒屋)

・群馬県 草津

・東京都の島

・岐阜県 飛騨(大鍾乳洞)

・北海道

・広島県 広島市

・大分県

・神奈川県 桜木町

・大阪府 西中島南方

・東京都 府中


【料理・肴】ご参加者の願望

黒ゴマ団子、ホルモン焼き、椎茸の網焼き、塩焼きそば、グリーンカレー、黒ごままんじゅう、島寿司、白いとうもろこし、羊肉、広島風お好み焼き、酢モツ、崎陽軒のシウマイ、レバニラ炒め、カツオの酒盗



*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1506806069383919


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

山崎まさよし「one more time ,one more chance」、石川さゆり「津軽海峡冬景色」、「ジャングル大帝 レオ」、パーカッションのソロ、ビートルズ「The long and winding road」、MISIA「HOLIDAY」、奥村チヨ「恋の奴隷」、浜田麻里「Heaven Knows」、熊倉一雄「ゲゲゲの鬼太郎」


*****

【再録 第六期:白百合(池原酒造所)レポート


「土薫る泡盛」


ひと嗅ぎして「白百合」とわかる泡盛界一の個性派。

それ故に毎度期待値が上がってしまう。

どんなパンチを食らわせてくれるのかと。


近年、以前よりもソフトになったと感じる「白百合らしさ」だが、そうは言ってもまだまだ他との違いは健在だ。

この酒の香り・味は表現を豊かにし、饒舌にする。

あえて一言で、それもちょっと格好良く表現するならば、と、頭をひねり「土薫る泡盛」と銘打ってみる。



「郷愁をそそる渋い色合い」


「白百合」という花の名とは裏腹にラベルの色彩は渋い。

しかし、それ故に一度見たら忘れない。

さらに、一口酒を含めば、なお忘れない。

味わいと色彩がマッチしていることを実感できるだろう。


文字要素が多い割に、とてもバランスが整っているラベルデザインは、一見「植物図鑑」を思わせる節がある。

子供の頃に開いてみた大人向けの専門書のような図鑑。

難しいけれど、どこか大人びた気分になる。

そんな心模様も郷愁をそそるひとつと言えよう。


「想像スイッチ➡︎オン」


もしも時間が許すのであれば、船旅で石垣島へ向かいたい。

何時間も何時間もかけて辿り着いた先、小さな宿の縁側で疲れをほぐすように「白百合」を呑んでみたい。


いや、「白百合」を口に含むと、想像力のスイッチがオンになる。

すると、自ずとそんなことをしている情景が浮かんでくるのだ。

遠い遠い記憶の片隅に、本当に行ったことがあるのかさえも不確かな「田舎」がある。

その田舎で香った様々な自然の香りの記憶。

香りの良い悪いではなく、嗅覚を刺激する数々の香りの記憶。


呑み方によって香り・味のバランスは変わってきて、記憶のページはその都度めくられる。

実体験ではなくても、例えば絵本や映画で観た世界の懐かしさというものがある。

「白百合」は色々な記憶の情景を呼び起こしてくれる。



「幻の天ぷら」


個人的な話だが、まだ泡盛経験値が浅く「白百合」が苦手だった時代がある。

その頃に某問屋のNさんが「この蔵に足を運んで、池原さんが出してくれる天ぷらと一緒に呑んだら、絶対みんな好きになる」と言っていた。

それを体験はしていないのだが、その話を伺った何年か後、沖縄でそのNさんが「白百合」の姉妹品「赤馬」を呑ませてくれた。沖縄の景色が窓の外に流れるバスに揺られて呑んだ「赤馬」は、僕の「白百合嫌い」を払拭してくれた。

シチュエーションが生み出すマジック。そんな稀有な体験だ。

「白百合」を呑むと、いつもそのことを思い出す。



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


部員の加藤さんより、古酒になる直前の一般酒。
味わい・香りともに少し抜けてしまっている感が。苦味は少なく石垣島特有の甘味が際立っていた。
e0155154_13074942.jpg


部員の竹内さんより、古酒になりたての「赤馬」。
度数が優しい分か、飲みやすさと白百合らしさが相まってちょうど良いバランスに。
e0155154_13075860.jpg

そして、今日の真打ちとも言える一品が、部員・中尾さんから。
H19年4月1日詰めの43度古酒。
まさにこれが「白百合」という味。
味(個性)はそのままに、10年以上の月日で43度と思わせぬマイルドさ。
味の文化遺産です。これは。
e0155154_13080622.jpg

加藤さん、竹内さん、中尾さん、ありがとうございます!







[PR]
by awamoribu | 2017-07-29 13:27 | 白百合:池原酒造所

泡盛部 第七期10蔵目:於茂登(高嶺酒造所)レポート


e0155154_16484215.jpg

日時:2017年7月20日

参加人数: 9


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=5 ✖️=4


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):34点

◎お湯割(各自で作成):38点(ave.=4.2)

◎ストレート:37点

◎ロック:25点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・千葉県(内房の海の家)

・東京都(築地場内)

・大阪府 天保山

・京都府 上京区

・埼玉県 秩父

・宮城県(リアス式海岸辺り)

・石川県 金沢片町のおでん屋で(寒い日に お湯割)

・山梨県 岩殿山

・東京都 硫黄島


【料理・肴】ご参加者の願望

フグの唐揚げ、山羊チーズ、マグロ&サケ&ハマチの三点盛り、鰆の西京漬、おでん、鮭の皮をこんがり焼いたやつ、甘めの味付けの豚肉、鯖缶、イベリコ豚のしゃぶしゃぶ



*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1504948266236366


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

THE CRUSH 「I fought the law and the law won」、モンドグロッソ「ラビリンス」、鉄腕アトム、XTC「KING FOR ADAY」、高木ブー、もののけ姫、L’arc en Ciel「DIVE to BLUE」、高峰三枝子「南の花嫁さん」


*****

【再録 第六期:於茂登(高嶺酒造所)レポート


これって、あれの効果?


ふわっと広がるフルーティーな香りは「あれ?こんなだったっけ?」と少し意外さを含んでいた。

吟醸香とまでいかないが、柔らかく華やかで、春のお花を思わせる心地よい香り。

口に含むと石垣島の泡盛らしい懐かしさを覚える甘みと、石垣独自の製法「直火式地釜蒸留」を思い起こさせる焦げた感じのほろ苦み。

以前はもっとこの2つの味わいが「ドンっ」と前面に出ていたように思うのだが、とってもソフトになった気がする。それが今回の水割りの印象だ。


割燗→ストレートと飲み進み、ロックにたどり着くと、その2つはハッキリと存在感を増した。

以前の部活では、ストレート→ロック→水割りと飲んできたから、当時の味わいの記憶が植えつけられているのかもしれない。

ちなみに過去の得票データでは、すべて水割りが最下位。

これは、飲む順番もあるが「前割」による効果なのかもしれない。



美味しさは潮目のごとく


その甘みと苦みは、まるで景勝地「川平湾」の穏やかな潮のように行ったり来たり。

飲み方によってその振り幅の違いが生まれるのが面白い。


もっともパンチのある「満ち潮のロック」。

これにはニンニクの効いた唐揚げや生姜焼き、焼き豚、フライなどをガツンと食べながら楽しみたい。

その逆の「干き潮の水割り」。

これは刺身やお寿司を塩で、氷下魚のような塩気の効いた乾きものなんかがいい。


オーソドックスな泡盛三原色のラベルは海にも映える。

潮の満ち干きを眺めながら、飲み方やつまみを変えてゆるりと1日を海辺で過ごすのもいい。


「ゆうゆうと」

石垣島の泡盛を呑む時は、他の土地のものに比べて、「造られた場所」つまり石垣島で呑みたくなる。

石垣島の蔵それぞれに勿論個性があるが、それは共通して感じるところだ。


中でも「於茂登」は「海」を思わせる。

曲のリクエストの中に海を思い起こさせる曲やアーティストが多かったのもうなづける。

この原稿を書きながら、頭の中に流れたのはこの人の声。

海といえば、加山雄三である。

波の音とともに、海辺を流れる雄三ソング。

青空と青海を日陰の砂浜から眺めて、ただひたすらに「於茂登」をグラスに注ぐ。

一生のうち一日だけ、そんな日を過ごしてみたいものだ。





【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


部員の竹内さんより、2012年蒸留の「高嶺」。
「高嶺」は泡盛名酒会という酒屋のグループ限定に作られている粗ろ過&1年瓶熟タイプ。
地釜特有の甘さが強く、アルコール感も強く感じる。
メロンのような香りが特長的でした。
e0155154_16491468.jpg

部員の加藤さんより、2010年詰めの「炎(ほむら)」も。
「炎」は宝酒造のPBで高嶺さんが造っている泡盛。
写真を撮り忘れてしまいました。。
ほっくり系麦焼酎のような風味が若干あり。ここにしかない味という印象。


加藤さん、竹内さん、ありがとうございます!








[PR]
by awamoribu | 2017-07-26 17:11 | 於茂登:高嶺酒造所
泡盛部 第7期:小総括会③

2017年4月にスタートした「泡盛部 第7期」。
第9回を終えたところで3回目の小総括会を開催。

「第7期総括会レギュレーション」
1.レギュラー3回が終わるごとに「小総括会」を開催。
2.「小総括会」4回が終わるごとに「中総括会」。
3.「中総括会」4回が終われば「大総括会」を開催します。
全てブラインドでのテイスティングとなります。

日時:2017年7月13日
参加人数:11名

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第7回から9回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。
(ただしブラインドテイスティング)

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものの順位」と「ラベルデザインの好きなものの順位」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今期3回目の総括会となる乾杯のお酒は、、、、
e0155154_11135402.jpg

前回の総括会のエントリー酒3種のブレンド、名づけて「春の玉太郎」。
厚みのある香り。クラシカルで力強いインパクトのある味わいでした!


今回エントリーの3種をテイスティングし、各自1〜3位のランキングを決めていきます。


【エントリー酒】


まるた:田嘉里酒造所
南風:沖縄県酒造協同組合
咲元:咲元酒造
e0155154_11132485.jpg


今期は水割りのボトルもご用意。ブラインドでのテイスティングです。


投票が終わったら、銘柄公開&投票結果発表!
1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

※今期は1位のみの発表と致します。

【味部門】
第1位:南風:沖縄県酒造協同組合:41点

【ラベル部門】
第1位:まるた:田嘉里酒造所:38点

今回はどちらの部門も一位が飛び抜けていました。
味部門では、個性のはっきり分かれた3種の中で、まとまりのある味が選ばれたと言う印象。
水割りボトルの影響も感じられます。
ラベル部門は第一回アワモリアワモードのラベル部門で大賞となった「まるた」が勝ち上がり。


フードタイム。
当日の様子はこちら!
https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1493812424016617

最後に「仕次ぎの儀式 」。
各泡盛を200mlずつ甕に入れていきます。
今期の甕は以前「久米仙酒造」さんより寄贈いただいた甕。
泡盛部的には「4番甕」というものになります。


e0155154_17061739.jpg

「おいしくなーれ!」っと!
e0155154_11260350.jpg

e0155154_11264378.jpg




さて、第7期のアワモリアワードはどんな結果になるのでしょうか〜!










[PR]
by awamoribu | 2017-07-15 11:28 | 総括会
この後13時より、「渋谷のラジオ」で泡盛部のお話。
小西部長が出演します。
ゲストには昨年の「東京泡盛会」でライブをしていただいたヤンバラー宮城さん。
そして、ヤンバラーさんのマネージャーで「田嘉里酒造」の宣伝部隊でもある吉留さんも登場です。
公式アプリで全国どこでもお聴きいただけまーす!
e0155154_12384874.jpg


[PR]
by awamoribu | 2017-07-13 12:40 | お知らせ

泡盛部 第七期9蔵目:咲元(咲元酒造)レポート


e0155154_18084886.jpg



日時:2017年7月6日

参加人数: 9


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=2 ✖️=6 無効票=1


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):35点

◎お湯割(各自で作成):40点(ave.=4.4)

◎ストレート:31点

◎ロック:33点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・青森県(津軽弁が激しいところ)*すごい訛りを聞きながら呑みたい

・東京都(お台場で観覧車観ながら)

・秋田県(温泉入ってすぐの旅館の部屋)

・兵庫県(淡路島)

・長崎県(佐世保市)

・岐阜県(白川郷)

・長野県(野沢温泉 シュナイダーホテル)

・長野県(下高井郡 野沢温泉)

・宮城県(松島)


今週は見事カップル誕生!


【料理・肴】ご参加者の願望

あんこまんじゅう、豆腐料理、こってり系の肉料理、ホルモン(シロ)、ハーブ鯖のお刺身、豚汁(味噌味)、小さなサクランボ、野沢菜、豚味噌、しっかりした味の料理



*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1489152244482635


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

Aerosmith「sweet emotion」、吉田拓郎「夏休み」、ケニーGみたいなイージリスニング系、ハナレグミ「おあいこ」、Creepy Nuts「合法的トビ方ノススメ」、すかんち「恋人はアンドロイド」、大塚愛「さくらんぼ」、ケツメイシ「はじまりの予感」


*****

【再録 第六期:咲元(咲元酒造)レポート


「あー、これこれ」


グラスに鼻を近づけた瞬間に漏れる一言がある。

「あー、これこれ」

咲元独特の香りには、記憶の奥の、また奥へと導く力がある。


住んだこともないけど懐かしいあの場所。

そう、大広間+縁側。


咲元の中に潜む温もり。

それは、酒が人の手によって生み出されることを思い出させてくれる。

『僕が造ったお酒です。』

と、ただ素直に人柄が出ているような味だ。


仮に独りで呑んでいても、そこにはもうひとり居る。

咲元の中に。


例えば、誰も居ない家と、姿は見えずとも誰か居る家とでは、命の気配が違う。

昔、家には必ず誰かが居た。

縁側に座っていれば、お隣の声や姿、猫が忍び込んでくることもある。

その安心感だ。



「ラベルの 奥に見えるもの」


畳を思わせるような色、デザイン。そして扇?屏風?の描かれたラベル。

何も知らずにこの酒を手に取ることは中々ないだろう。


しかし、一度口にしてみれば、このラベルから広がる想像は豊かに広がる。

そして、一度、蔵に行き、佐久本さんや蔵の人とお話をしてみれば、

これが妙に愛らしく思えてくるだろう。


泡盛には時に珍妙とも思えるデザイン、モチーフ、色合いのラベルがあるが、

味や背景を知った後に、その奥に潜むものを想像することは地味に楽しいことでもある。



「クセではなくアジ」


「クセ」が強い泡盛はどれですか?

と問われれば、そのひとつとして「咲元」を挙げる。

「クセ」とは個性であり、「らしさ」である。

泡盛にしか出せない味。

それが「らしさ」だ。


『「クセ」が強いのではなく、「味」が強いのか。』

と言うコメントが過去にあった。

そうだ。まさにそれだ。


味のある人間が作る味のある泡盛。

それが咲元なんだ。


「ころころ」


咲元には魚のつまみが似合う。

すり身の天ぷら、イワシの南蛮漬け、鯖味噌、マグロの珍味・・・。


お盆にのせた酒と器。

氷を一つ入れて、とぽとぽ注ぐ。

いつも作り置きしてある前割は、アルコールのとげとげしさもなく、猫の背中のようななめらかさ。


なんて思ってると猫が寄ってきた。

食べかけの魚のつまみを足元にポンと置いたら、

警戒することもなく食べに来た。


あー、いやされるなー。


塀の向こうで学校帰りの子供達が無邪気に合掌しながら歩いている。

「どんぐりころころ どんぐりこ」っとな。


あー、頭の中がころころするなー。



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


部員の加藤さんより、2010年2月22日詰めのもの。
アルコール感が強く、「咲元」感がやや弱いが、なんか旨い。
ちなみに2/22は、升本屋の現店舗のオープン日。
e0155154_18091222.jpg


部員の竹内さんより。「粗ろ過44度」2014年7月15日詰め。酸と焦げが同居という不思議な味ながら、これは旨い。ストレートで楽しみたい良さでした。
e0155154_18090297.jpg
加藤さん、竹内さん、ありがとうございます!









[PR]
by awamoribu | 2017-07-10 18:35 | 咲元:咲元酒造

泡盛部 第七期8蔵目:南風(沖縄県酒造協同組合)レポート


e0155154_16222075.jpg


日時:2017年6月29日

参加人数: 7


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=6 ✖️=1


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):27点

◎お湯割(各自で作成):24点

◎ストレート:28点(ave.=4)

◎ロック:27点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・宮崎県(多分どこかにあるであろう防波堤)

・千葉県(外房)

・東京都(大田区)

・静岡県(浜松市)

・東京都(夜のお台場海浜公園)

・大阪府(千日前)

・富山県


【料理・肴】ご参加者の願望

脂のある白身の干物、ポキ、中華丼(からし付き・白菜大盛り)、うなぎの白焼き、エビチャーハン、串カツ(玉ねぎなし)、秋刀魚の塩焼き



*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1480086828722510


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

Jazzy Jeff&Fresh Prince「summertime」、ガムラン、「海のトリトン」、ももいろクローバーZ「天手力男」、松田聖子「白いパラソル」、「Life’s A treat」、「ドリフのほろ酔い小唄」


*****

【再録 第六期:南風(沖縄県酒造協同組合)レポート


「改めまして、敬意を表します」


自分がもし今ほど泡盛の知識や経験が無かったらどう感じるだろう。

南の海や空を思わせるブルーを基調としたラベルに、直球のネーミングはストレートに沖縄のイメージを投げ込んでくる。

そこに「沖縄県酒造協同組合」という文字。


はて?

協同組合?

あれ?あれ?

これって実はとっても珍しくないですか?

酒造組合名義で出してる酒?


しかも。

他のジャンルでは中々あり得ない色々な蔵の「ブレンド」!?

すっかり慣れ親しんでしまって、この特異な点への敬意を忘れておりました。


泡盛だからこそのこの荒技。

よく考えるとすごいこと。

改めまして敬意を表します。


まさに南風(みなみかぜ)のように


さて、そのお味はというと、ひと言で言えばブレンダーさんの妙技。

兎にも角にもバランス良くまとまっている印象です。

過去の記事では、水割り・お湯割の評価が高かったですが、今回は「ストレート」がトップ。(*今期もストレートでした)

と言っても票割れをしているので飲み手の好み次第という感じです。


スムーズな呑み口は全体に共通。

柔らかな甘みとアフターの辛み。

その移行の仕方がこれまたとてもスムーズ。


まさに南風(みなみかぜ)のように、やや湿り気を帯びた暖かい風が口の中をふわりと通り抜けるように、味わいが変化していく。

今回テイスティングしたボトルでは、ストレートでカカオっぽさも感じられる。

それが呑みやすさだけでなく奥行きも感じさせます。


シチュエーションを選ばぬ万能選手という印象は、おそらく狙い目であり、見事に達成されていると思います。

呑みやすさの中に泡盛らしさがしっかり伝わる味わいは、これからもそのブレンド力を楽しみにしたところ。



そして、潮風に溶け込まれながら


では、これ、どこで呑みたいだろう。


思い浮かんだのは防波堤。

海からの風を浴びながら、ちびりちびりと杯を傾ける。

波の一つ一つを受け止めて、港の中を穏やかに保つ防波堤。

それは各蔵の泡盛の個性(外海)を受け止めて、まとまった味わいとして仕上げた様(内海)を連想させる。


防波堤に座り、自らもそのイメージの一部となって飲んでみたい。


つまみには、潮風によって、塩気と少々の湿気を帯びた天ぷらなんていい。

衣の甘みと泡盛の甘みが口の中で溶け合い、ほのかな塩気が余韻に残る。



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


部員の中尾さんより、偶然にも詰め日が10年前と4日前!
e0155154_16342312.jpg

古酒が醸し出すまろやかさよりも、今回のボトルにも感じられた、蜜柑の皮にあるような柑橘系のオイル香が引き出ていました。若々しい印象のまま歳をとったような。
中尾さん、いつもありがとうございます!










[PR]
by awamoribu | 2017-07-03 16:37 | 南風:沖縄県酒造協同組合