もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【予定表】(2017年6月25日現在)

6/29:南風
7/6:咲元
7/13:小総括会③
7/20:於茂登
7/27:白百合
8/3:龍
8/10:小総括会④

[PR]
by awamoribu | 2017-06-25 14:28 | お知らせ

泡盛部 第七期7蔵目:まるた(田嘉里酒造所)レポート


e0155154_13231176.jpg

日時:2017年6月22日

参加人数: 10


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=5 ✖️=5


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):33点

◎お湯割(各自で作成):36点(ave.=3.6)

◎ストレート:32点

◎ロック:30点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・高知県

・和歌山県(那智の滝)

・香川県(小豆島)

・青森県(奥入瀬渓流)

・岐阜県(羽島)

・東京都(江東区)

・東京都(新木場)

・東京都(江戸川沿いの船着場)

・京都府(貴船 川床プレイ)

・静岡県(富士山)


なんと、東京都の一角に3名が!

何がそう思わせているのでしょうか??


【料理・肴】ご参加者の願望

はんぺん、穴子の天ぷら、ベトナムの揚げ春巻き、豚肉、冷やし中華(ゴマだれ)、網焼き椎茸(醤油多め)、山形牛メンチカツ、ジンギスカン、鱧の湯引き(梅肉和え)、マシュマロ



*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1473246886073171


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

荒井由実「ひこうき雲」、秋田音頭、PUFFY「渚にまつわるエトセトラ」、「Life’s A Treat(Rizzle Kicks REMIX)、静岡県出身の女性歌手「冷凍みかん」、hitomi「LOVE2000」、フジファブリック「若者のすべて」、Aerosmith&RUN D.M.C「walk this way」、森高千里「私がおばさんになっても」


*****

【再録 第六期:まるた(田嘉里酒造所)レポート


「一家に一本」


泡盛三原色に髭文字、そして、丸に囲まれた「田」の字。

この「田の字」はキャップにも施されている。

アルファベット表記はあるものの、銘柄名をこのマークが示している。


泡盛としての安定感のあるデザインは、山川酒造の「かねやま」と並び、これぞ沖縄の酒=泡盛という自負が伺え、泡盛好きとしては、一家に一本置いておきたいデザインだ。


「大自然に包まれて」


沖縄本島の北部・大宜味村。

泡盛酒造所としては、本島最北端に位置する。

ここは、ヤンバルクイナの生息地としても有名。

行ったことはないのだが、大自然に囲まれているそうだ。


仕込み水も割り水も、田嘉里川上流から引いた水を使用しているという。

棘がなく柔らかな味わいはきっとこの水の力が大きいのだろう。

一口含むと、まるで自然に包まれた自分がいるような情景が浮かんでくる。


「同調」


今回一番人気の水割りは、とても水馴染みが良い。(*今期の一番人気はお湯割でした)

かといって柔らかいだけではなく、甘さが漂った後には清涼感がある。

香りにも甘い香りとアルコールを感じる少しツンとした香りがあり、独特の芳香を醸し出してる。


ロックにも同様の香りが感じられるが、味わいは甘さが強調される。

後口にはほのかに辛みがあり、それが心地よいフィニッシュを生み出している。


森のそばにテラス。

大きなウッドテーブルにロッキングチェア。

大きめのグラスに丸い氷を一つ入れて、「まるた」を注ぐ。

そして、適量の水を足す。


森のざわめき、川のせせらぎ、時々聞こえる鳥の声。

「まるた」を口に含んで、目を閉じると、甘みから辛みへと流れる味と

自然の空気感がシンクロしていくように感じられる。


柔らかい光が、木々の隙間から射してくる。

「まるた」は夕暮れ前までを楽しむ酒だ。


「木々の香りもつまみに」


つまみには素焼きのナッツ、チョコレートコーティングされたドライフルーツ、ニシンの酢漬けなど、

ウイスキーに合いそうなものをつまんでみたい。

木々の香りもつまみに添えて。


自然の音をBGMにするのも勿論最高だが、Little Tempoのサウンドなんかも似合うだろう。

少しピッチを落として、リズムに身を預けていくと酔いのリズムともシンクロしていきそうだ。


(文面を一部改定しています)



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


今回、部員さんからではなく、昨年の東京泡盛会でライブを行ってくれた、
国頭村観光大使でもあるヤンバラー宮城さん、の、マネージャー吉留さんより戴きました。
企画制作〜PRまで、色々関わっていらっしゃるとのこと。
吉留さん、ありがとうございました!

「大山原(UFU-YANBARU)」限定1500本  やんばる国立公園指定記念ボトル

e0155154_13232291.jpg

本島北部の泡盛文化として「20度」というのがあると聞きます。
泡盛というと、いまだに「きつい・くさい」という声があるので、各蔵が対策を講じていますが、昔ながらのこうした文化を差別化の一つとして打ち出していくのは一つの手だなぁと思います。
度数の低さを柔らかいデザインで表現されて、お土産やギフトにも適したパッケージに。
この見た目のイメージを、実際に飲んでみて共鳴できるようなシーンやレシピの初心者向けの提案があると嬉しいところですね。

下記にコメントを列記しますが、泡盛部員は初心者ではないので、賛否両論意見は様々です。
「このパッケージ&中身で、ターゲットに訴求するには?」という議論を交わせれば楽しかったのですが、すでに余力がありませんでしたw


・基本的に30度と同じ香りだけど、ほんのり、みかんの様な香りがある。味が少しばらついている感じで、そのままだと少しきつい。
・ストレートだと強すぎるけど、ロックだと薄すぎる
・美味しい。味の厚みがあり、これがちょうど良いバランスかもしれない
・濃い水割り?
・味がしっかり感じられるので、ソーダ割りも含めて6種の中で一番良い
・スッキリした辛口。ちょっと水っぽい
・辛い。20度の割にはインパクトがあるというか。辛さが際立って飲みづらい。
・20度の割が正解なのかもね。甘さもよく出てる
・20度には思えないスッキリさ。







[PR]
by awamoribu | 2017-06-25 14:13 | まるた/山原くいな:田嘉里酒造
泡盛部 第7期:小総括会②

2017年4月にスタートした「泡盛部 第7期」。
第6回を終えたところで2回目の小総括会を開催。

「第7期総括会レギュレーション」
1.レギュラー3回が終わるごとに「小総括会」を開催。
2.「小総括会」4回が終わるごとに「中総括会」。
3.「中総括会」4回が終われば「大総括会」を開催します。
全てブラインドでのテイスティングとなります。

日時:2017年6月15日
参加人数:12名

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第4回から6回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。
(ただしブラインドテイスティング)

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものの順位」と「ラベルデザインの好きなものの順位」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今期2回目の総括会となる乾杯のお酒は、、、、
e0155154_14514664.jpg
前回の総括会のエントリー酒3種のブレンド、名づけて「泉波仙=1000%」。
減圧のフルーティーな香りと甘みがありながら、フィニッシュはアルコールのドライな印象でした。


今回エントリーの3種をテイスティングし、各自1〜3位のランキングを決めていきます。


【エントリー酒】


カリー春雨:宮里酒造所
ニコニコ太郎:池間酒造
玉の露:玉那覇酒造所
e0155154_14513347.jpg

今期は水割りのボトルもご用意。ブラインドでのテイスティングです。


投票が終わったら、銘柄公開&投票結果発表!
1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

※今期は1位のみの発表と致します。

【味部門】
第1位:カリー春雨:宮里酒造所:40点

【ラベル部門】
第1位:玉の露:玉那覇酒造所:40点

味の個性がはっきりした三種だったので、面白い総括会でした。
比較的、票が平たく分散しましたが、結果は「カリー春雨」に。
過去2回のアワード大賞銘柄が今回も第一関門突破となりました。
ラベル部門は、1位の票数が同数。2位票が多かった「玉の露」が勝ち上がりました。
おめでとうございます!

フードタイム。
当日の様子はこちら!
https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1464388066959053

最後に「仕次ぎの儀式 」。
各泡盛を200mlずつ甕に入れていきます。
今期の甕は以前「久米仙酒造」さんより寄贈いただいた甕。
泡盛部的には「4番甕」というものになります。


e0155154_17061739.jpg

「おいしくなーれ!」っと!
e0155154_14520598.jpg
e0155154_14515594.jpg



さて、第7期のアワモリアワードはどんな結果になるのでしょうか〜!











[PR]
by awamoribu | 2017-06-16 15:03 | 総括会

泡盛部 第七期6蔵目:玉の露(玉那覇酒造所)レポート


e0155154_13405692.jpg





日時:2017年6月8日

参加人数: 14


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=9 ✖️=5


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):53点(ave.=3.8)

◎お湯割(各自で作成):51点

◎ストレート:48点

◎ロック:49点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・京都府(先斗町)

・熊本県(益城町)

・神奈川県(川崎市の路上)

・東京都(等々力渓谷)

・愛知県(名古屋市南区)

・山梨県(どこかの畑)

・東京都(高尾山)

・石川県(金沢市片町 おでんや みゆき)

・青森県(十和田湖)

・長野県(八ヶ岳あたり)

・北海道(函館市 立待岬)

・千葉県(海沿い)

・京都府(舞鶴市)

・広島県(お好み村)


【料理・肴】ご参加者の願望

鰆の粕漬け、やきとり、あたりめ、ナッツ入りチョコレート、生わかめのしゃぶしゃぶ、真魚鰹の炙り、コールスロー、金沢のホタルイカ、ピスタチオ、アスパラのベーコン巻き、メンチカツ、漬物、浜焼き鯖、お好み焼き


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1457770257620834


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

シュガーベイブ「蜃気楼の街」、THE BLUE HEARTS「青空」、SLAYER「RAINING BLOOD」、八神純子「水色の雨」、エルビス・プレスリー「ブルーハワイ」、吉幾三「ドリーム(新日本ハウスの歌)」、中森明菜「スローモーション」、クールファイブ「東京砂漠」、COMPLEX「BE MY BABY」、「Jeeg robot L’uomo D’acciaio」、葉加瀬太郎「ひまわり」、レゲエ、Blues Brothers「Shotgun Blues」


*****

【再録 第六期:玉の露(玉那覇酒造所)レポート


「らしさ」のバランス


この何年かで泡盛全体の酒質が向上しているように感じている。

特にそれを感じる銘柄の一つが、この「玉の露」

八重山最古の蔵元ということもあり、古風で手作り感の強い、癖のある泡盛というのが、

10年以上前に初めて呑んだ時の印象だ。


泡盛部を始めた頃は、まだその印象だったと思うが、3期の頃から変化を感じ、ほんの4か月前、5期のテイスティングで確信に変わった。


1期の記事を振り返ってみると「甘さ」と「苦さ」の同居とある。

それは今も変わっていない。

直火地釜蒸留特有の甘さ(石垣島特有の甘さ)、麹由来と思われる独特の苦み。

以前はその振り幅がとても大きく、それが一つの個性となっていた。


今もそれらは感じられるが、その振り幅が小さくなり、一つの味としてまとまりを見せている。

強烈な個性は失われたが、泡盛としての「らしさ」は魅力を増し、石垣島の泡盛としての「らしさ」も消えていない。

この「らしさ」のバランスは。向上と呼ぶにふさわしいのではないだろうか。


(注:今回、最近は直火地釜蒸留をあまりされていないというお話も出ました・・)


「時の流れと風の流れを楽しむ」


泡盛三原色(赤・青・黄)を使用した王道のラベル。

強調されすぎていない髭文字の背景に、ほのかに色褪せた風合いの黄色。

日に当たってしまったかのような印象を与えるが、それがかえって石垣の強い太陽を想起させる。


海辺で昼下がりから呑み初めて、夕暮れには潮と陽光でこんな色になってしまったかのよう。


冷たい水割りからロック、そしてストレートでチビチビと。

時間と共に呑み方も変えて楽しむ。


「気楽にいこうぜ」


つまみには焼いたり、揚げたりした肉、それも少し焦げ気味のがいい。

肉の甘みと焦げた香ばしい苦みを泡盛のそれとぶつけ合う。

海辺でグリルした肉をつまみに、何も考えずにリラックスして「玉の露」を呑む。


風に流されて聞こえてくるイーグルスのデビュー曲「Take it easy」

そう、泡盛は気楽に楽しもうぜ、ってお酒ですね。





【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


今回は無し






[PR]
by awamoribu | 2017-06-09 14:04 | 玉の露:玉那覇酒造所

泡盛部 第七期5蔵目:ニコニコ太郎(池間酒造)レポート


e0155154_10264999.jpg




日時:2017年6月1日

参加人数: 13


【TASTING DATA】

◎ソーダ割 (○=イケてる ✖️=イケてない) 

○=5 ✖️=6

無効票=2


◎水割り(冷水割 alc.約12.5%に調整):49点(ave.=3.8)

◎お湯割(各自で作成):41点

◎ストレート:39点

◎ロック:46点


*水割り〜ロックは各呑み方を各自5段階評価で採点。その点数を集計したものです。


【呑みたい場所】今期の新企画

・和歌山県(アドベンチャーワールド)

・東京都(江戸川区)

・東京都(調布市菊野台:実家)

・北海道(礼文島)

・和歌山県

・千葉県(外房の海岸)

・東京都(渋谷区笹塚)

・北海道(積丹岬)

・千葉県(犬吠埼)

・岡山県

・茨城県

・静岡県(清水の港)

・鹿児島県(佐多岬)*九州の岸壁


今週は同じ県を挙げる方が多かったですね〜。

こちらご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1450154918382368



【料理・肴】ご参加者の願望

タラバガニを使ったコロッケ、九条ネギ、カレー、鮭の刺身、北寄貝、柑橘系の果物、肉じゃが、しょっぱい酒盗、トロサーモン刺し、ブリの照り焼き、ままかりの酢漬け、治部煮、黄色いカレーライス、銀ダラ


*当日実際に食べたものはこちら!

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1450154918382368


【音楽】ご参加者の脳内に流れた曲

いとうせいこう「スイート・オブ・東京ブロンクス」、八神純子「水色の雨」、近藤真彦「ハイティーン・ブギ」、松田聖子「夏の扉」or「渚のパラソル」、フリッパーズ・ギター「ブルー シャイニン クイック スター」、ピコ太郎「PPAP」、ドリカム「サラダの歌」、つじあやの「風になる」、「ムーンライト伝説」、オリジナル・ラブ「サンシャイン ロマンス」、GBH「Sick Boy」


*****

【再録 第六期:ニコニコ太郎(池間酒造)レポート


「爆発だ!」


と、一言浮かんでくるのは昭和世代の証か。

エネルギーが飛び散るような「太郎」の文字にコンテンポラリーアートの匂いがする背景とその色合い。

一度見たら脳に焼き付く、そのネーミング&デザインには賞賛を贈りたい。


「水割りにニコニコ」


太郎の文字に比して、控えめかつ妙に力の抜けたフォントの「ニコニコ」が気になるところ。

しかし、口にした時の味の印象は「太郎」よりも「ニコニコ」寄りだ。

特に水割りにした時の柔らかさと複雑味には思わずニコニコしてしまう。


水馴染みが良く、まろやかな口当たりな割にアルコール感やカカオのニュアンスも現れる。

甘みも程よく、長く呑むのに最適な塩梅だ。


過去のデータでは毎回票割れがありつつもストレートの人気が高い。

今回、圧倒的に「水割」票が多かったのは「前割」効果であろうと推測される。

(注:今期も「水割り」が人気でしたが、前割ではありません)


「ブレテナイ」


過去のブログに目を通して感じたこと。

それは、一回目から感想コメントに大きなブレがない。

ように思う。


個人的な話で言えば、僕はその昔、あまりこの銘柄が好きでなく、というか特徴が掴めないでいた。

しかし、回を重ねるごとに「呑んでみると意外とうまい」に変わり、

今回「かなり好き」なレベルに変わってきた。

(正直に言うと、前回の合宿の際に購入した1.8L紙パックが妙に旨くて、ちょっと見直したのです。)


感覚でしかないのだが、これは僕自身の変化であり、酒自体は変わらぬ味わいのように思う。


もちろん、その前に宮古島の合宿時に蔵を訪れたことも大きい。

太郎社長のお話は印象深かった。


「コミュニケーションドリンク」


この酒、というより泡盛全体を表す言葉だ。

おこがましいが、僕が提唱する「泡盛は笑顔のお酒」に通づるところがあると思っている。


長くゆっくり友と交わすにはとても良いお酒だと思う。

酒と会話をつなぐおつまみには、塩やバターの効いたナッツ、砂肝や軟骨のコロコロした唐揚げ、ざく切りのきゅうりのピリ辛和え、甘いものなら甘納豆なんか。


とにかく手や爪楊枝で食べられるものが小皿に入って並んでいたら嬉しい。

気のおけない友との他愛もないけど大切な時間。


そんな時に欲しい酒が「ニコニコ太郎」だ。



【部員さんからの貴重な差し入れ泡盛コーナー】


今回は無し







[PR]
by awamoribu | 2017-06-03 12:21 | ニコニコ太郎:池間酒造