「ほっ」と。キャンペーン

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日曜の昼間、青山スパイラルビルの地下のレストラン「CAY(カイ)」を貸し切って、15社以上の泡盛蔵元さんご来場の「大・泡盛パーティー」を催します!


「泡盛って、楽しい!」


ご来場の皆様にそう思っていただけるような内容ですので、是非ともお誘いあわせの上、お越しください!

◎ 蔵元さんが15社以上ご来場!
◎ いま「泡盛リキュールが旨い!」多数揃います!
◎ タモリさんもおすすめの「島ハイサワー」登場!
◎ なんと「山羊汁」お振舞!夏の滋養強壮に!
◎ 出逢いの生まれる(?)「抽選会」!
◎ マニアも喜ぶ「トークショールーム」!
◎ 唄って踊れるDJ陣!
◎ おつまみフードブースもあります!
◎ お家で楽しむお土産セット付き!




「TOKYO AWAMORI PARTY in AOYAMA」
東京泡盛会のAWAMOREAM 2015 魅惑の泡盛パーティータイム

日時:2015年8月9日(日) 13:00-17:00
入場料:2000円(1 drink by Special Glass)
※ 追加1drinkチケット/500円 飲み放題チケット/2500円

会場:青山CAY (スパイラルビル B1F)
住所:東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL B1 TEL:03-3498-5790

問合せ事務局:03-6904-6331 (升本屋内 担当:梅田)
東京泡盛会Facebookページ
https://www.facebook.com/tokyo.awamori

前売りチケット購入サイト
http://peatix.com/event/97936

前売りチケットは泡盛部の部室でもある「升本屋」店頭でもお買い求めいただけます!

皆様のご来場を心よりお待ちしております!
[PR]
by awamoribu | 2015-07-30 15:54 | パーティー
泡盛部 第五期㊴:八重泉酒造(八重泉)レポート
e0155154_1743197.jpg


日時:2015年7月23日
参加人数:15名

石垣島の二蔵目は、八重泉酒造です。
1995年(昭和30年)に創業、91年に現在の丘の上に移転し、
八重山では最も近代的な施設を有しています。
代表銘柄の「八重泉」は常圧蒸留と減圧蒸留をブレンドし、飲み口の良い泡盛となっています。
他に樽貯蔵の「八重泉」、常圧蒸留の「黒真珠」が主な銘柄です。
他にハブ酒やパイナップルワインなどの製造もしています。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?


飲み方人気ランキング:
1位:お湯割り(5票)
2位:ロック(4票)
3位:水割り(4票)
4位:ストレート(2票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

票割れの結果、この暑さの中でなんと「お湯割り」がトップに。常圧・減圧の混和という珍しいタイプですが、その両方を兼ね備えている絶妙なバランス感。お湯割りで、ドライな印象になり、それが清涼感を感じさせるという不思議な効果。あなどれない泡盛です。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:ありです。 A:ありです。
・泡ボールたっぷりだといいのでは・・?
・苦み倍増
・A:OK
・S:うまい A:まぁまぁ
・なくてよい
・S:飲めるけど、混じってない A:ちょっと苦手な味わい
・いつも通り
・S:微妙 A:× Mix:微妙

合わせたい音楽:
バリー・ホワイト「My sweet summer suite」、ファレル・ウィリアムス「HAPPY」、「チャンピオン」、「スリラー」、Bビリー・オーシャン「get outta of my dreams,get into my car」、クラムボン「星間飛行」、ピンキーとキラーズ「恋の季節」、谷村新司「昴」、「ダイヤモンド・ヘッド・パイプライン」、風鈴の音、猿岩石「ツキ」、アン・ルイス「ジャンプ」、サザンオールスターズ「勝手にシンドバット」、スティーリー・ダン「FM」

★今日の一曲!
◯ファレル・ウィリアムス「HAPPY」
(requested by 国分元晶さん)
https://www.youtube.com/watch?v=brUH4yZyWhw

合わせたい料理・肴:
金目の煮付け、あじの干物、糠漬け、豚の炭焼き、きゅうりの一本漬け、生姜とキュウリの酢の物、卵とじ、さしみ、おひたし、鮎・ヤマメなど川魚料理、かしら(タレ)、レバーカツ、ザーサイ、ブラックサンダー、ぬた、蛸とキュウリとワカメの酢の物、冷やし中華

ラベルについてのコメント:
・ザ・ヒゲ文字
・泡盛っぽくないけど、「何?」って言われるとわからない・・。
・渋さで売ってます
・「松竹梅」でめでてぇな。
・松竹梅は何故?まぁ、めでたいのでOK!
・商品名とともに、しっかり「石垣島」をアピールしている
・シンプル
・直線的なデザインは稀少なので斬新なイメージがある
・シンプルでよろしい。金色使ってて豪華
・よくよく見ると、八重泉ってところがすごいフォント。ヒゲみたいのがハンパない
・なにげに忠孝と同じウコン色カラー。並べると、割りと区別がつかないかも?
・字体は好きだが、色使いは・・?
・すきっ
・シンプル

今日のひとこと
・いつも思う。「意外と旨い」
・ベーシック。アルコール感強し!
・夏らしい
・確かに日本酒っぽくもありますね
・OKINAWA がやってきたー
・しっかりまとまった味なんだな
・初の八重泉でした。思った以上にマイルドでした
・いよいよ本格的なA気候の世界へ
・滴滴在心
・久しぶりの参加ー。八重泉でよかった
・これぞ八重山という味わいは安定感がある。反面、好き嫌いはわかれやすく、カクテルは使いやすそうと思いました
・石垣の泡盛にしては辛口だった


当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.934571793274019.1073741925.239499919447880&type=3

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2015-07-28 18:35 | 八重泉:八重泉酒造
泡盛部 第五期㊳:於茂登(高嶺酒造所)レポート
e0155154_16532855.jpg


日時:2015年7月16日
参加人数:12名

石垣島に上陸です。
最初の蔵は景勝地で有名な川平湾の近くにある高嶺酒造所になります。
創業は1949年(昭和24年)です。
石垣島の蔵の特徴は、なんと言っても直火で地釜蒸留しているということです。
さらに、高嶺酒造所さんでは、麹をしっかりとはわせる老麹づくりとなっています。
代表銘柄の「於茂登」以外には、古酒の「おもと」、販売元限定の「高嶺」
宝酒造から販売している「炎(ほむら)」などがあります。

また、以前泡盛部に遊びにいらしてくださった、
夢結プロジェクトの角田さんたちが造っている福島米の泡盛「三拝云(みーふぁいゆー)」は
こちらの高嶺酒造所で蒸留されています。

さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(4票) ※2位4票
2位:ロック(4票) ※2位1票
3位:お湯割り(3票)
4位:水割り(1票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

先週に引き続き、5期では珍しい「ストレート」がトップ。石垣特有の甘さと苦みがしっかり感じられる銘柄です。
ストレートでは、とろっとオイリーな口当たりで、ほのかに酸味も感じられ、泡盛の複雑味を感じます。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:泡ボールそのまま A:こっちの方がよい
・全部のめた
・のめる
・A:おいしかった!
・まぁまぁかな
・すっきりしてておいしい
・どちらも泡ボールの陰にかくれて苦みが気にならなくなった。が、プラスにはなってない

合わせたい音楽:
RATT「DANCE」、ジョビン「One Note Samba」、AI DI Meola「Elegant Gypsy」、「サウスポー」、Huey Lewis&the News「Do you believe in love」、「渚のシンドバット」、「海軍小唄」、原田真二「てぃーんずぶるーす」、The Alan Persons Project「To One in Paradise」、「イパネマの娘」、ゆず「向日葵が咲く時」、JAZZ(ルイ・アームストロング)

★今日の一曲!
◯ルイ・アームストロング「セントルイスブルース」
(requested by 藤野昌也さん)
https://www.youtube.com/watch?v=D2TUlUwa3_o

合わせたい料理・肴:
あぶらぼうず、ズッキーニを輪切りで焼いて塩とオリーブオイル、赤肉、梅ひしお、オクラ納豆、つけもの、鯛めし、ピザ、パスタ、鶏ちゃん、なまずのフリット、らっきょうたまり漬け、ほっけの塩焼き

ラベルについてのコメント:
・王道なのですが、なんだかまとまりがなく、、フォントを明朝に集中したら面白いかも
・オーソドックスに”Omoto"いいんでは?
・ん・・・もっと派手な方がよい
・蓋の部分がカッパに見える。壷を見ると縄文人に見える
・右下の「琉球泡盛」の文字、せっかく落款っぽくしてるのですから、書体をなんとかしましょうよ
(「炎(ほむら)のがGood)
・泡盛っぽい!
・かめよりも稲穂に目が行ってしまう
・川平湾の青さをイメージさせる青色がよい
・爽やかな感じ
・まとまりがあっていいね
・スタンダードなラベルデザイン。それが逆に中央にある於茂登の文字に目をすすませるのが面白い
・スタンダードでよい。他の銘柄との共通感もよい


今日のひとこと
・パーシャルで飲んでみたい味です
・この季節だからロック
・石垣の酒は面白いわ〜
・水にもお湯にも馴染みがよい
・思っていたよりマイルドだった
・これから暫くは直火式地釜蒸留が楽しめるのが嬉しい!
・夏に合うお酒
・ストレートがすっきりしててよかった!新しい印象
・石垣島に入ったんだなぁというのが舌からも伝わってくる
・やっぱ石垣の泡盛だねぇ

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.930774243653774.1073741924.239499919447880&type=3

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2015-07-21 17:26 | 於茂登:高嶺酒造所
泡盛部 第五期㊲:神泉(上原酒造所)レポート
e0155154_11364492.jpg


日時:2015年7月9日
参加人数:13名

神泉酒造は1947年(昭和22年)に、当時の島尻郡兼城村、現在の糸満で創業しました。
ここには湧水があり、泡盛造りに使われていました。
そこから主要銘柄の「神泉」という名前がつけられたそうです。
現在の上原酒造の特徴として「電子技法」があります。
工場にはあらゆる場所にマイナスイオンを付加する装置があり、
原料の米から貯蔵タンクまで管理されています。
近年は鑑評会にて過去5年のうち4回、金賞を受賞。酒質の向上が実証されています。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(4票)
2位:水割り(3票)
2位:お湯割り(3票)
2位:ロック(3票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

見事な票割れ。その上、今期ではレアな「ストレート」がトップ。どの飲み方にしても、甘み・辛み・酸味・えん味など、複合的な味のコメントが見られます。
その中で、「自分の好みはこれ」というのが見事に分かれた感じです。
この飲み方が断トツ、というのも酒に主張があってよいですが、こうして評価が割れるのもそれはそれで魅力のひとつだと思います。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:よく言えば柑橘の苦み A:こっちの方がよい
・相性ぴったり
・A:合う
・良くも悪くも香りが弱いので、泡ボールを殺してない
・A:梅仁丹みたい
・今日はいまひとつかな。
・Aに苦みがアクセントになる
・S:苦い。取り合わせがうまくいかない。 A:Sの感覚にすももの酸っぱさを足した味。うまくはない
・S:酒の味が消えた A:酒の味が消えた Mix:にがいだけ
・合うと思ったのにそうでもなかった。苦み倍増

合わせたい音楽:
初期のポリス「So lonely」、日本昔話のテーマソング「にんげんっていいな」、「Never let me go」、「Call me maybe」、「飛んでイスタンブール」、「君は1000%」、子門真人「ウルトラセブン(英語版)」、ブレッド&バター「あの頃のまま」、Debbie Gibson「Electric Youth」、The Cars「Drive」、ZARD「負けないで」、DEVO「Whip it」、ライムスター

★今日の一曲!
◯日本昔話のテーマソング「にんげんっていいな」
(requested by 平良邦光さん)
https://www.youtube.com/watch?v=mxrUOqUK4mE

合わせたい料理・肴:
煮こごり、さしみ、ローストビーフ、ヤムウンセン、ごぼう、ピーマンの肉詰め、牛たたき、チーズ、ピザ、稲庭うどん(冷)、かつおの酒盗、奈良漬け、甘い菓子パン、いぶりがっこ、

ラベルについてのコメント:
・色使いもお花や葉などの絵柄もとても好き。個人的には1・2位を争う位好み
・紅型の地味なバージョンというイメージ。神泉は青のイメージだけど、緑を使われてて残念
・泡盛っぽくなく柔らかな雰囲気のデザイン
・色合いがよい。愛らしい。女性受けするラベル
・派手に見えてすっきり
・やさしいイエロー
・よく見ると華やかな紅型
・わき出す泉のイメージが力強い
・もう少し色彩の鮮やかさが欲しいところです
・淡い色合いがよい
・明るい配色にグリーンベースがすごく陽気なデザイン。「純米製」の文字が珍しいラベル
・色合いがきれい
・美しい。好き。

今日のひとこと
・まるいのにかたい。不思議な味
・神泉は初めて飲みました。渋谷のイメージです
・電子イオン
・4つの味があるという意見に一票!
・割り方による味の違いがはっきりわかって面白い
・泡盛の四態を楽しめる銘柄!
・舌の上でこねくり廻したくなるストレートでした
・ちょっと辛くて、夏向きのお酒
・味は一本通っていて安定している。その分、固さが目立ち、ロックの飲みやすさが良い感じになってしまった。
・あやしい水
・初めて銘柄を意識したのが神泉だった!、イメージよりもすっきりしたお酒だった。

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.930773793653819.1073741923.239499919447880&type=3

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2015-07-15 12:04 | 神泉:上原酒造所
泡盛部 第五期㊱:多良川( (株) 多良川)レポート
e0155154_122997.jpg


日時:2015年7月2日
参加人数:10名

泡盛部にとってお馴染の多良川さんです。
創業は1948年(昭和23年)、伏流水の豊かな城辺(ぐすくべ)に蔵はあります。
「多良川」の名はこの伏流水からつけられました。
缶入り泡盛や、宮古島のオトーリ文化から生まれた水割り泡盛などを先駆けて発売しています。
今回いただく「多良川」は、第2回のアワモリ・アワード味部門で優勝、
一昨年には蔵へ表彰に伺いました。
そのご縁があって、新商品のネーミングもさせていただくことに。
こちら、ぜひご覧ください!
http://www.taragawa.com/?p=1451
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(7票)
2位:ロック(2票)
3位:お湯割り(1票)
4位:ストレート(0票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

水割りが断トツ。これはもう日常酒として長けているという結果ですかね。水馴染みもよく、優しい香りとほのかな香ばしさ。飲み飽きしないバランス感が水割りで引き立つという印象でした。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:苦み A:あら、こっちよい Mix さっぱり
・お互い主張しなくて合うかも。 でもやっぱり Aはあり Sはなし
・S:◯  A:△ Mix:△
・S:飲みやすい A:ニガくて嫌だ
・Aの方がうまい
・S:太い苦みが飲み込みづらい A:後味が苦い! 苦いのデス!

合わせたい音楽:
エアロスミス「Back in the saddle」、「ふるさと」、大橋純子「ブラックナイト」、アウル・シティー&カーリー・レイ・ジェプセン「Good Time」(蔵の公式キャッチコピーより)、「夜道はダンスフロア」、オリビア・ニュートン・ジョン「フィジカル」、佐野元春「境界線」、笠置シヅ子「買いものブギー」、「YAH YAH YAH」、夏木マリ「三月生まれ」

★今日の一曲!
◯CHAGE and ASKA「YAH YAH YAH」
(requested by 三井源也さん)
https://www.youtube.com/watch?v=yfZIaTZJo0o

合わせたい料理・肴:
鮪ジャーキー、ケーキ、高カカオのチョコレート、バジリコパスタ、イカ焼き(ソースたくさん)、皿鉢料理、かつおたたき、海の家のカレーライス、からみもち、うめぼし、にんにく丸焼き

ラベルについてのコメント:
・パーツ・パーツは好きなのだけど。いじりたい
・シンプルですね。文字のフォントが強い!
・アルミ缶(ひやさっさ)のゆるキャラが欲しい
・枠部分に稲穂がデザインされていたのですね!
・縄目がなやましい
・見慣れた銘柄のラベルにほっとさせられる
・「多良川」の文字がよく見るとキッチュ
・ロープは米俵のイメージでしょうか。稲を全面に押し出してる感じ
・多良川と言えば黄!あまりマジマジ見る事はないけど、米俵3つのイラストは個性を感じてよい
・ラベル変わった?

今日のひとこと
・面白みはないのだけど、とても秀逸なバランス感です
・辛口!
・飲み慣れているのもありますが、氷を入れた水割りが最も安定しますね
・強い。
・水割りがいいね!オトーリオトーリ
・米らしさが輝く
・都合5種で飲んで一貫性があるのはすごい。後味の苦さには好みが分かれる所だが、好きな人ならば安心して買える一本。
・みんなでわいわい飲む酒。味わう酒じゃないかな。

・次は八重山!!

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.923807257683806.1073741922.239499919447880&type=3

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2015-07-07 12:21 | 多良川:(株)多良川