「ほっ」と。キャンペーン

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

泡盛部 第五期⑧:萬座(恩納酒造所)レポート
e0155154_16351597.jpg


日時:2014年10月23日
参加人数:19名

第五期の8回目は恩納(おんな)酒造所さんの「萬座」。
第四期のアワモリ・アワード大賞銘柄です。

恩納酒造の創業は1949年(昭和24年)、恩納の村民10名の資本によるものでした。
昔ながらの手法で、仕込みの水に嘉真良井(かまらがー)の湧水を使用しています。
また、海洋深層水で割り水をしたり、海底で泡盛を寝かせたりと、新しい試みも行っています。
主要銘柄は「萬座」「NAVI」。
生産の半分以上は地元で消費されているそうです。
今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(12票)
2位:お湯割り(3票)
3位:水割り(2票)
3位:ストレート(2票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

なんと、前期は4位だった「ロック」が圧倒的な得票。やはり飲み方の順によって左右されるのでしょうか。わからないものです。
どの飲み方もしっかりした味が下支えしている感じがありますが、今回はロックにより引き立ち方がとても力強い印象でした。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

※今回は都合により「ハイサワーの梅」をテイスティング
・サワーの味が強い
・中々いける!!
・梅の酸味が邪魔だなぁ
・梅酒っぽい。甘さを抑えて飲みやすい
・梅の味が濃過ぎ

合わせたい音楽:
アンダーワールド「Pearl’s girl」、AI「STORY」、ボビー・コールドウェル「You are special to me」、布袋寅泰「スリル」、Field of view「突然」、「柔道一直線」、「千の風に乗って」、コールドプレイ、Aztec camera「killermont street」、Def tech「Catch the wave」、薬師丸ひろ子「もっとあなたを知りたくて」、Queen「We will rock you」、リンキンパーク「Nobody’s listening」、「女のみち」、Jean-luc Ponty 「Cosmic messenger」、ひっちゃかめっちゃかな曲、すっきりした音楽、The Paul butterfield blues band「Born in Chicago」、choucho「Dream riser」

★今日の一曲!
◯薬師丸ひろ子「もっとあなたを知りたくて」
(requested by もりかわひさえさん)
https://www.youtube.com/watch?v=UpqWKKxPYN0

合わせたい料理・肴:
氷下魚(塩気の強い干物)、野菜のバーニャカウダ、ポークジンジャー、クラムチャウダー、メンチカツ、とちの実せんべい、柿ピーのピー抜き、塩で味付けした牛肉料理、煮付け(魚)、揚げ出し豆腐、かまぼこ、板わさ、秋刀魚の炊き込みご飯、豚肉料理、豚バラ&空芯菜炒め、レバニラ、いかの塩辛、キャラメルポップコーン、卵焼き、鯖の煮付け、南部煎餅、お寿司(えんがわなどの脂ののった白身魚)、しらす丼、ささかま(チーズ入り)

ラベルについてのコメント:
・キャップの白もあってか、「北」な感じ。青・白・イラストが好き
・青い空と青い海が広がる万座のイメージがさわやかさを感じる
・シンプルでわかりやすい。「風味佳良」がうそではない!!
・一色足りない感
・海を思い浮かべるラベルの中心に、どしっと「萬座」の文字が構える。涼しげなデザイン
・シンプル
・青は皆から好かれる色というのはGOOD。皆から好かれる泡盛
・雪国っぽい
・すっきり。透明感が感じられます
・すずやか。沖縄に行きたくなる。波の音が聞こえて来そう
・夏をイメージしてるのか。今日は寒々しく感じる
・ヒゲ文字がすごい!夏の海な気がする
・シンプル、さわやか。海っぽい。ラベルよりも味の方が濃ゆい感じ
・商品名のある丸が大き過ぎて絵が見えにくい。もうちょっと小さくてもよいかも
・何となくシンプルな感じ
・四角い漢字と丸い背景がなんかいいね
・さわやかな色合いだけど、しっかりした味がするところを真ん中のネームのところで表していて、絶妙なバランスです
・古き良き昭和30〜40年代テイストのデザインですわ
・青いラベルが好き

今日のひとこと
・今日のロックは出色でした
・隠れた銘酒の称号を贈りたい!!
・マツタケオールが味の決め手となっていて、飲み方を選ばないタフな酒
・全体的にレベル高い系
・どの飲み方も必ず”しっかり”した要素があるお酒。飲みごたえあり
・新酒でも飲める味!!良い!!
・もっと暴れてもいいんだよ!!
・すすんでしまう泡盛
・大好きな萬座の日に参加出来てめちゃ嬉しい♬
・寒い日にはお湯割りかと思えばロック
・香りはタイプではないけど、味はキレがあって好きです
・好き系でした!
・割り方でなんとなく様子がかわる。なんとなく。
・寒い日にお湯割りをちびちび飲みたい
・思ったより辛口のお酒なのを認識しました
・休日の女子プロレスラーの生活を垣間みる様な泡盛です
・宮古の酒に近くて好みです

・ちびちびと古き良きドラフト会議を観よう
・色々な飲み方を出来たのが新鮮でした

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
画像を投稿するとsafariがフリーズするというバグが改善しないため当面休止します。



ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-10-25 17:21 | 萬座:恩納酒造所
泡盛部 第五期⑦:國華(津嘉山酒造所)レポート
e0155154_12271520.jpg


日時:2014年10月16日
参加人数:16名

第五期の7回目は津嘉山(つかやま)酒造所さんの「國華」。
名護の町の中にある津嘉山酒造所は1924年(大正13年)ごろに創業しました。
現在の酒造所の建物は戦火を逃れ、2009年には国の重要文化財となっています。
沖縄本島の北部は「国頭(くにがみ)」と呼び、その国の華になるようにと、名づけられました。
最近では沖縄工業高等専門学校の学生とのコラボでオリジナルの泡盛を製品化させるという試みが行われています。
今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?


飲み方人気ランキング:
1位:お湯割り(7票)
2位:水割り(4票)
2位:ロック(4票)
4位:ストレート(1票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

少し秋めいてきて、お湯割りの恋しい時期となってきました。という理由ではないと思いますが、
お湯割りがトップ。穀物系でもフルーティー系でもない、でも「これ」という大きな特徴がない、これはこれで意外な個性という感じ。お湯割りでは全体的に味にふくらみが生まれ、淡白な印象に少し色づけされた感じに。


☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:泡ボールの甘みがひときわ立つ感じ
・ハイッピー(博水社)&シークワーサーがいい
・GOOD!
・泡ボールは合わない!
・S:よい。さわやか、A:アセロラジュースのよう

合わせたい音楽:
電気グルーブ「NIJI」、Greeeen「ハレルヤ」、藤圭子「新宿の女」、BeeGees「How deep is your love」、ボサノバ、ランカ・リー「ねこのうた」、少女時代、中西保志「最後の雨」、レキシ「キラキラ武士」、「エロティカ・セブン」、「メモリーグラス」、George Baker「Little green bag」、「泳げたいやき君」、AKB48「会いたかった」、荒井由実「エモ」、ベティ&クリス「白い色は恋人の色」

★今日の一曲!
◯少女時代「Gee」
(requested by 小西美穂子さん)
https://www.youtube.com/watch?v=aUlQNeSvFrs

合わせたい料理・肴:
いかのルイベ、フライドポテト、魚の塩釜焼き、卵焼き、ステーキ、かぼちゃ煮、思いっきり油っぽいもの、カルビ焼き、おでん、湯豆腐、キウイなどのフルーツ、きゅうり+味噌、板わさ、ボイルしたソーセージを粒マスタードで、芋煮(醤油)、豆腐料理、アボカド、白身魚のお造り

ラベルについてのコメント:
・プリンタープリントではもったいないかな。きれいな発色ならピンクはナイス
・泡盛らしからぬ、ピンクが新鮮
・度抜けたピンク、意図したものか、味を考えてか!??
・台湾っぽい
・「國華」の文字が弱くて、味と一緒でパンチが無い
・プリンター万歳、淡いピンク色いいです。
・台湾風情を感じる色合いと銘柄名がエキゾチックで、新鮮さをおぼえる
。レベルアップはしたと思うけど、切り口がガタガタだったり、色がぼんやりしてたり、貼り方がぶくぶくだったり、、手作り感がたまらない
・家庭用プリンターで手作りした様なラベル。独特のサーモンピンクが目を惹くが、作業風景が頭に浮かぶ
・安定感のあるデザイン。目を惹くカラーリング
・蔵人さんも「これはねー」と認めてた安っぽさが逆によい
・コピーのコピーっぽい粒子の粗さ
・色がまだら
・ピンクと青がいい

今日のひとこと
・悪くはないんだけど、記憶に残らない味
・個性がない中立
・ピンクに合った味と言いたい
・シークヮーサー絞って飲みたい
・何か可能性を秘めているはずと期待したい
・ジューンブライドの花嫁のように、飲み手の意のままに染まる白さがあるかな・・
・くどくもなく、とんがってもいない、でもとても泡盛らしい。ぼーっと飲めます
・飲み方の特徴を大袈裟に表現できるお酒。これで勉強することが出来る程わかりやすいなと思いました。この酒で作ったマティーニを飲んでみたい
・主張しないが存在感あり。他人に合わせるタイプ
・チープさとミステリアスさをこのままで!
・炭酸割りで五本の指に入るのでオススメ
・私的に好みの酒と思います
・泡盛なのに優しい味わいがする銘柄だと思った
・国頭の華!

・今日こそ!と思いつつ、無念の遅刻組

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
画像を投稿するとsafariがフリーズするというバグが改善しないため当面休止します。



ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-10-22 12:58 | 國華:津嘉山酒造
2014年8月にスタートした「泡盛部 第5期」。
第6回を終えたところで1回目の総括会を開催。

日時:2014年10月9日
参加人数:13名

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第1回から6回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今期1回目の総括会となる乾杯のお酒は、部員Hさんが差し入れてくれた山川酒造さんの「珊瑚礁」2007年8月詰めのもの。
すごくピリッとしていながら、芯に甘みを感じる山川さんの泡盛らしい美味しさでした。
e0155154_191305.jpg

e0155154_192250.jpg


今期も4期に引き続きブラインドテイスティングによる投票です。
銘柄のイメージ左右されぬガチな投票になります。
e0155154_1935032.jpg


今回エントリーの6種をテイスティングし、各自1〜3位のランキングを決めていきます。

【エントリー酒】

常盤:伊是名酒造所
まるた:田嘉里酒造
かねやま:山川酒造
まるだい:今帰仁酒造
龍泉:龍泉酒造
轟:ヘリオス酒造
e0155154_19244742.jpg


投票が終わったら、今回はブラインドということもあり銘柄公開&その場で投票結果発表!
1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

【味部門】
第1位:かねやま(山川酒造):28点
第2位:まるだい(今帰仁酒造):23点
第3位:轟(ヘリオス酒造):19点

【ラベル部門】
第1位:龍泉(龍泉酒造):34点
第2位:まるだい(今帰仁酒造):31点
第3位:かねやま(山川酒造):21点

味部門では、2期・3期とトップだった「かねやま」が返り咲き!
ラベル部門は4期まで「羽地内海」だった龍泉酒造さんが「龍泉」に生まれ変わってトップを獲得!

フードタイム。
今回の持ち寄りテーマはストレートにずばり「秋」。
さんま、新米(米菓子)、栗、ぶどう、「秋」葉原などなど
e0155154_19163098.jpg

e0155154_19164758.jpg



最後に「仕次ぎの儀式 」。
各泡盛を200mlずつ甕に入れていきます。
ヘリオス酒造の松田社長より、甕の寄贈の報をいただいているのですが、残念ながら間に合わず・・。
一時的に、前回の合宿で部員のYさんが抽選で獲得した「守禮」の甕に。
e0155154_19195799.jpg

e0155154_19201838.jpg

e0155154_1920283.jpg


さて、第5期はどんな結果が生まれて来るのでしょうか!?
[PR]
by awamoribu | 2014-10-15 19:22 | 総括会

只今6周年!

2008年10月2日、この記事からスタートした泡盛部。
http://awamoribu.exblog.jp/8869547/

2014年10月2日、丸6年になりました。
e0155154_1411129.jpg


5年前に山川酒造さんにオーダーした「古酒オーナー蔵舞」で乾杯。
タイムカプセル的手紙入り。べらぼーに美味しかった!
e0155154_14134223.jpg


第一期から四期までの総括酒を飲み比べ
e0155154_1416681.jpg

一期:とてもまろやか。しっかり味が融合していて厚みのある味。うまい!
二期:ドライな印象。シャープな味わいは一期とは全然違う。こちらが好みの方もいそう。
三期:一期に近い感じだが、ややソフトな印象。これからが楽しみ。
四期:まだまだ粗い感じ。よく言えば活き活きしている。

ヘリオス酒造さんから、「主」6年古酒が届きました!(5年古酒+1年瓶熟)
ありがとうございます!
e0155154_14195131.jpg


35名の方が御祝に来てくれました!
暑くってごめんねー!
e0155154_14221744.jpg

e0155154_14225920.jpg


それでは、引き続き「終わらない歌を唄おう」
e0155154_1424062.jpg


これからもどうぞよろしくお願いします!

泡盛部
梅田&小西
[PR]
by awamoribu | 2014-10-03 14:27 | パーティー
泡盛部 第五期⑥:轟(ヘリオス酒造)レポート
e0155154_11293498.jpg


ラベルがマイナーチェンジされてました。
e0155154_11295043.jpg


日時:2014年9月25日
参加人数:13名

第五期の6回目はヘリオス酒造さんの「轟」。こちらは30度の三合瓶が商品化されていないため20度の商品です。四期では度数をあわせるため、四合瓶30度の商品で検証しましたが、古酒がブレンドされているそうですので、また20度のこちらのタイプに戻しました。

ヘリオス酒造の創業は1961年(昭和36年)ラム酒の製造からでした。
泡盛の製造が始まったのがその後の1979年になります。
現在はスピリッツ、ウィスキー、リキュール、
地ビール、発泡酒、そして泡盛の6つの製造免許を持ち、さまざまなお酒を製造しています。
泡盛の代表銘柄は樫樽貯蔵の「くら」、
「轟」は、 かつて存在していた名護酒造所の泡盛「轟」をベースに復刻した商品だそうです。
キャッチコピーは「普通の上等」
今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(6票)
2位:お湯割り(3票)
3位:ストレート(3票)
4位:ロック(1票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

水割りは他の銘柄の時と同様に15度になるように調整。水なじみがよく、とてもバランスのよい泡盛だと思います。どの飲み方でもそれぞれの魅力のある味でした。


☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・A:氷をたくさんで飲みたい
・ケミカルの融合!
・ぐびぐびいけるわ
・A:アセロラ強い S:さわやか。度数が低いので泡盛感うすい
・合う!

※これまでの中では一番合うというコメントが聞こえてきました。


合わせたい音楽:
G LOVE、渡辺真知子「かもめが翔んだ日」、山口百恵「プレイバックPt.2」、はしだのりひことクライマックス「花嫁」、moumoon「sunshine girl」、REGGAE、レトロな曲、クレモンティーヌの明るい感じの曲、Def Tech「Golden age」、桑田圭祐「波乗りジョニー」、Kalafine「光ふる」、Nena「ロックバルーンは99」、Guns’N’ Roses「sweet child o' mine」

★今日の一曲!
◯山口百恵「プレイバックPt.2」
(requested by 筋 由樹廣さん)
http://www.dailymotion.com/video/xb8icp_山口百恵-プレイバックpart2_music

選曲理由「轟」のCMはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=vQt3P4mESTQ

合わせたい料理・肴:
ビーフジャーキー、大根のべったら漬け、照り焼き、味の濃い煮物、もろきゅう、ピーマンの肉詰め、燻製もの、湯豆腐、ホヤ、煮卵、鶏タジン、浅漬け、豆腐料理、筑前煮、おでん、牛スジ煮込み

ラベルについてのコメント:
・ちょっと色味が変わった?文字数は多いがバランスよくまとまってる
・色合い好き
・主張したいことがよくわかる正統派ラベル
・黄色と青の取り合わせは涼しげな取り合わせのはずなのに重々しいイメージ
・お月様の黄色。アンティーク調は素敵。オレンジを使用したのはグッド
・色合いがレトロで雰囲気がある”トドロキ”のカタカナがレトロ感アップ。黄色の色味が絶妙。
・泡盛には珍しい色合い。フランスのイメージ。かっこいい
・大正時代を感じる
・レトロな配色のラベルに「轟」の文字がどっと構える純和風なデザイン。日本酒みたい
・デザインはよいと思う
・力強い書体に圧倒されるが、親しみのあるデザイン
・外枠のオレンジ色部分の模様のランダムさが気になる

今日のひとこと
・20度とは言えあなどれない。どの飲み方もナイス。表情豊かな味わい
・泡盛らしくないのはなぜ!?
・ふつうのふつうの上等のふつう
・全体にさわやか。飲み方による味わいの差が少ない
・轟はおどろきじゃなかったのにびっくり!
・20度25度30度でこんなに印象が違うとは。
・飲みやすいという一点で個性があって、憶えやすい銘柄だなと思いました。初心者むき。
・くせのないお酒です
・アルコール度数としては結構高いのに、20度の泡盛は薄いと感じた
・20度でもいいじゃないか!

・つかれたー、泡盛部のおかげで明日もがんばれる気がします。
・今日も遅刻してしまいました。次こそは・・・。

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
画像を投稿するとsafariがフリーズするというバグが改善しないため当面休止します。



ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-10-01 11:57 | 轟:ヘリオス酒造