もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大泡盛部「泡フェス2014」@東京カルチャーカルチャーにご来場の皆様、本当にありがとうございました!

e0155154_2119658.jpg

e0155154_21191814.jpg


盛り上がりの様子はこちらから!
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.674835972580937.1073741887.239499919447880&type=1
[PR]
by awamoribu | 2014-03-26 21:20 | パーティー
2013年4月にスタートした「泡盛部 第4期」。
第35回を終えたところで6回目の総括会を開催。

日時:2014年3月20日
参加人数:14名

会の様子は泡盛部facebookページにて画像公開しております。
(facebookに登録していなくても観られます)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.674823412582193.1073741886.239499919447880&type=3

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第31回から35回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今期6回目の総括会となる乾杯のお酒は、前回の総括会からのブレンド。
のはずが、うっかり前回作り忘れたため、泡盛名酒会10周年記念泡盛「やまかわ10年古酒25度」「高嶺5年古酒25度」でした。

今期の試みとしてブラインドテイスティングによる投票です。
銘柄のイメージ左右されぬガチな投票になります。
※写真が第3回の時のです。
e0155154_17192069.jpg

※キャップはシャッフルしております。

今回エントリーの5種をテイスティングし、各自1〜3位のランキングを決めていきます。
(千代泉酒造が廃業のため、調整により今総括会から5蔵ずつとなります)


【エントリー酒】

南光:神谷酒造所
ニコニコ太郎:池間酒造
沖の光:沖之光酒造
菊之露:菊之露酒造
多良川:(株)多良川

投票が終わったら、今回はブラインドということもあり銘柄公開&その場で投票結果発表!
1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

【味部門】
第1位:南光:神谷酒造:35点
第2位:多良川:(株)多良川:28点
第3位:菊之露:菊之露酒造:26点

【ラベル部門】
第1位:菊之露:菊之露酒造:35点
第2位:南光:神谷酒造:34点
第3位:沖の光:沖之光酒造:24点

注:現場では「南光」が一位でしたが、計算ミスがあり、「菊之露」が1位となりました。

味部門は「南光」が獲得。初の地区優勝です。泡盛部的に人気銘柄が多い宮古島勢を抑えての栄冠。ラベル部門も健闘し2位。ダークホースと言っては失礼ですが、意外な結果に一同どよめきました。
ラベル部門は宮古の王道「菊之露」。こちらも初の地区優勝。力強い色合い・字体。1位にした人は少なかったのですが、2位にした方の数が多く、結果1位に浮上。

フードタイム。
今回の持ち寄りテーマは「昭和」
懐かしい駄菓子系が多く集まりました。
ポテサラ、ギョニソー、焼きそば、カレーなども。
なんともほんわかした感じ。

参加部員のアイディアが詰まったフードの写真はこちらを。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.674823412582193.1073741886.239499919447880&type=3


最後に「仕次ぎの儀式 」。
各泡盛を200mlずつ甕に入れていきます。
※甕は久米仙酒造の平良社長から寄贈していただいた甕を使用。
泡盛部の活動にご賛同いただき、わざわざ職人さんに頼んで泡盛部のために焼いていただきました!
平良社長、ありがとうございます。
第四期の総括酒。おいしくなりますように!
e0155154_1342367.jpg


さて、第四期はどんな結果が生まれて来るのでしょうか!?
今期から始めた味マトリックス。計35銘柄のまとめ。
e0155154_20484941.jpg



※今回も写真提供(一部)はトネさんでした。ありがとうございました!(Facebookページも)
[PR]
by awamoribu | 2014-03-26 20:52 | 総括会
昨年に続き、第三回目の、お台場「東京カルチャーカルチャー」での泡盛部を開催します!

『もっと泡盛を日常に!』大人の部活動「泡盛部」presents
【泡フェス(泡盛ソーダ割りフェスティバル)】 TOKYO 泡盛 STYLE~東京的・泡盛の遊び方 ver.3

3月23日(日)
Open 11:30 Start 12:00 End 15:00 (予定)

前売りチャージ券:¥3500(泡盛試飲・水代含む。会場にて別途500円分の食券購入していただきます。その他飲食代別)当日券500円増し

チケットの予約は
info@masumotoya1949.com
まで。(お支払いは当日)

または、Facebookのイベントページへ
「参加」を押してください。
https://www.facebook.com/events/521719134608169/?ref_dashboard_filter=upcoming

*****

 「泡盛が沖縄料理の時だけじゃ寂しすぎる。泡盛のBGMが琉球民謡だけじゃ悲しすぎる。」
という思いのもと、東京で飲む泡盛の楽しみ方を探索する部活動「泡盛部」が、毎週木曜夜の部室での活動から飛び出して、大規模に部活します!

第三回となる今回は「ソーダ割り」にフォーカスした、その名も「泡フェス(泡盛ソーダ割りフェスティバル)」!
ウイスキーのハイボールに負けじと泡盛もソーダ割りが人気上昇中。今回は4蔵の泡盛蔵に参加していただき、ソーダ割りの魅力を検証します。

勿論、スペシャルな泡盛もご用意いただき、後半はいつもの通り、音楽と泡盛でガンガン盛り上がりましょう!
今回はDJにカネコヒデシ氏をお迎えして、70s&80sの「シティーポップ」を中心にしたDJで、泡盛ソーダポップなフロアアワー♪

会場などの詳細はこちらです

http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_140220204508_1.htm


ご参加お待ちしております!
[PR]
by awamoribu | 2014-03-20 20:33 | お知らせ
泡盛部 第四期㉟:(株)多良川(多良川)レポート
e0155154_14142772.jpg


日時:2014年3月13日
参加人数:13名

泡盛部にとってお馴染になってきた多良川さんです。
創業は1948年(昭和23年)、伏流水の豊かな城辺(ぐすくべ)に蔵はあります。
「多良川」の名はこの伏流水からつけられました。
缶入り泡盛や、宮古島のオトーリ文化から生まれた水割り泡盛などを先駆けて発売しています。
今回いただく「多良川」は、第2回のアワモリ・アワード味部門で優勝、
一昨年には蔵へ表彰に伺いました。
そのご縁があって、新商品のネーミングもさせていただくことに。
こちら、ぜひご覧ください!
http://www.taragawa.com/?p=1451
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(5票)
2位:ロック(3票)
2位:お湯割り(3票)
4位:ストレート(2票)

大きな個性があるわけではないけれど、とてもバランス良く、泡盛らしさと飲みやすさを共存させていて、まとまりのある味という印象です。初めての方でも受け入れられやすいし、好きな方は長く飲める。そんな泡盛ですね。
チャートのポイントはばらけましたが、左寄りは印象通りかと。
e0155154_1415418.jpg



合わせたい音楽:
ニール・ヤング、あんこうチーム「enter enter mission」、親父の海、「骨まで愛して」「ホネホネロック」、サタデーナイトフィーバー(ビージーズ「ステインアライブ」)、BBクイーンズ「踊るポンポコリン」、柴崎コウ「Glitter」、JAZZなどを小さめなボリュームで、クレイジーキャッツ「無責任一代男」、「Thank you for the music」グロリア・ゲイナー「Never can say goodbye」、砂場のイメージ

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯Dave Brubeck「TAKE FIVE」※JAZZなどを小さめなボリュームで
・ビージーズ「ステインアライブ」
・ニール・ヤング「Tell me why」
・城卓矢「骨まで愛して」
・クレイジーキャッツ「無責任一代男」

合わせたい料理・肴:
本格中華の八宝菜、肉!、角煮、骨せんべい(あじ、うなぎ)、ペペロンチーノ、ピーナッツ、クロワッサン、ドテ煮、ソーセージ、おでん、さばみそ煮

一緒に飲みたい人:
白洲次郎、今日バースデーの宮古島の山田さん、友、軍師黒田官兵衛、宮川一朗太、俵を担ぐ大川栄策、仰木涁、飲み会終わってお腹いっぱいでもまだしゃべりたい相手と水割りを、佐渡酒造、いつもの飲み仲間、ぐっさん、砂川社長

ラベルについてのコメント:
・黄色の色味がよい
・黄色に黒は目立ちますね
・たわら、たわらがわ、たらがわ、多良川バンザーイ!!
・米と水、俵が印象的
・「多良川」の文字がかわいい
・Theコクモツ、って雰囲気で、色はちょっとさみしいけど文字の配置が好き
・力強い文字が良い
・多良川だなぁ、という見慣れたデザイン。3つの米俵がラベルにあるのは今回初めて気づきました
・黄色だけど派手さはない
・俵がかわいい
・インパクトあります

今日のひとこと
・大きな個性はないけれど、バランスを保って旨さをキープしているところがすごい
・多良川はおいしい!
・「Take5」よかった〜
・安定した味。安心して飲める
・いずれにせよおいしいよ多良川くん!
・やっぱり飲みやすい、多良川バンザイ
・春の嵐は多良川、いいですね
・毎週お世話になっております
・宮古島で見慣れた多良川をまじめに初めて飲んで、水割りが美味しい事を確認できたのは良かった
・伸ばした方が美味しい
・疲れてたのに、飲んだらほっこり元気になりました
・宮古で飲みたい!
・沖縄帰ります。(西くん)

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.671932872871247.1073741885.239499919447880&type=3

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/44836362

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-03-20 17:23 | 多良川:(株)多良川
泡盛部 第四期㉞:菊之露酒造(菊之露)レポート
e0155154_16241681.jpg


日時:2014年3月6日
参加人数:15名

菊之露の創業は昭和3年。宮古島で現存する蔵のうち最も古い蔵です。
創業したのは和歌山出身の中尾氏で、蔵の名前も当初「中尾酒造場」でした。
その後昭和40年に下地氏が蔵を買い取り、現在の菊之露酒造となりました。
蔵の規模は大きく、島外でもとても人気があります。
菊之露ブラウンは沖縄県の居酒屋の定番泡盛と言っても過言ではありません。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(6票)
2位:ロック(5票)
3位:ストレート(3票)
4位:お湯割り(1票)

宮古島の王道らしく、力強い泡盛の味。どの飲み方でもしっかりと主張があるけれども、クセが強いわけではなく、とてもバランスのよい安定感のある味です。チャートはばらけつつも、最終的には中心寄りに。
e0155154_16242629.jpg


合わせたい音楽:
ローリングストーンズ「It’s only R&R but I like it」、Kalafina「Magia」、香取洋子「ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ」、ビートルズ「Come Together」、吉川晃司、TUBE「Stop the season」、松たか子「コイシイヒト」、YES「Round about」、中村雅俊「俺たちの旅」、「DEPARTURE」(「GOOD LUCK!」のテーマ曲)、はしだのりひことシューベルト「風」、河合奈保子、尾崎亜美、大橋トリオ「ラブリー」、歌謡曲(昭和の居酒屋で楽しまれてそうな)、メロキュア「birthday girl」

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯香取洋子「ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ」
・梓みちよ「純情馬鹿」 ※歌謡曲(昭和の居酒屋で楽しまれてそうな)
・「DEPARTURE」(「GOOD LUCK!」のテーマ曲)
・ローリングストーンズ「It’s only R&R but I like it」
・Kalafina「Magia」

合わせたい料理・肴:
鯨の竜田揚げ、さつまあげ、バンバンジー、担々麺、枝豆、銀ダラの西京焼き、湯豆腐、肉じゃが、金ちゃんらーめん、筑前煮、豚生姜焼き、キムチ、パイナップル、かりんとう、もやしのオイスターソース炒め

一緒に飲みたい人:
大物プロモーター、まどか、菊池桃子、土屋アンナ、華原朋美、吉瀬美智子、藤田綾(女流棋士)、浅田真央、年寄り、大宮エリー、黒田勘兵衛、60代のおじさん、例のピザ屋

ラベルについてのコメント:
・よく見ると悪くないんだけど・・。菊之露の字が重たいかな。もう少しさらりとした字が良い気がする
・見慣れてますね。普通な感じ
・ちょっとチャイナな王道ラベル
・シンプル
・漢字のロゴが統一されてて好きです。周囲の金色の部分が何をモチーフにしてるか気になる
・ムダな要素のないデザインぶりがよろしい
・印象的な赤。ストレートの甘さにぴったり
・真っ赤なラベルが目立っていいですね
・シンプルな赤色と黄色のデザインと墨文字のバランスがよい
・線描の菊の絵が線香花火のようできれい
・ムダなしでいい!
・カラーからすると韓国を思い浮かべる
・真っ赤!でもシンプル。お店に並んでても選ばないかも
・真っ赤な配色が目を惹く。わかりやすいラベル。泡盛コーナーで見つけるのは簡単そう
・枠の黄色がいい味出してる。いっそタイガースボトルを出せばいいのではないか

今日のひとこと
・男道(オトコミチ)
・いつもの菊の露。やはりおいしい
・飲みやすく旨い。人気の理由か。初めと馴染んでからに味の変化あり
・安定していて飲みやすいので気分で選べる種類だと思いました
・不動の二番打者
・The 泡盛
・宮古の海をみながら飲みたいな
・上品にまとまってます
・安心していただける。心のふるさと菊之露
・ラベルからはとっても強い気がしました。水割りはやわらかく甘みがあって好きです
・ここの社長にオトーリで潰されたので、これを飲むとどうしても二日酔い(人生ランクTOPレベル)を思い出します

・遅刻は忙しい・・。
・菊之露スペシャルが嬉しい!


当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.667615116636356.1073741884.239499919447880&type=3


アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/44579333


ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-03-11 16:55 | 菊之露:菊之露酒造
泡盛部 第四期㉝:沖之光酒造(沖の光)レポート
e0155154_22154762.jpg


日時:2014年2月27日
参加人数:12名

宮古島、ふたつめの蔵「沖之光酒造」は、1948年に創業。平良の市街にあります。
沖縄県外、また宮古島以外でもあまり目にする機会は少ないかもしれません。
主要銘柄は「沖之光」。
今回いただくのは一般酒ですが、古酒の貯蔵は全体の7割と多いそうです。
今では珍しい「泡盛1号酵母」を使い続けています。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(7票)
2位:水割り(3票)
3位:お湯割り(2票)
3位:ストレート(0票)

ロックに票が集まりました。チャートを見てみても珍しく下方にポイントが多く、軽やかな印象です
ロックにすることで味が明確になり、特長が出て来るという感じでしょうか。
水割りやお湯割りはゆっくり飲むのに飲み飽きのない味という印象でした。
e0155154_22174830.jpg



合わせたい音楽:
R・E・M、田中星児「ビューティフル・サンデー」、小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう」、西城秀樹「ボタンを外せ」、未来世紀ブラジル「ブラジル」、レゲエで女の人で早口じゃなくてサラサラした感じ、プリンス「When Doves Cry」、フリートウッド・マック「アルバトロス」、ビートルズ、カーペンターズ、松田聖子「青い珊瑚礁」、シンプルな感じ(フルートの楽曲とか)、山崎まさよし「セロリ」、小椋佳

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯Janet Kay「Missing You」※レゲエで女の人で早口じゃなくてサラサラした感じ 
・ビートルズ「抱きしめたい」
・田中星児「ビューティフル・サンデー」
・プリンス「When Doves Cry」
・山崎まさよし「セロリ」

合わせたい料理・肴:
ふぐの皮(ポン酢醤油)、ほたるいかの酢みそ和え、豚肉料理、はんぺんチーズ焼き、梅辰の梅にんにく、屋台の焼きそば(塩味)、豚しゃぶ(ゴマだれ)、甲類焼酎に合う肴ならなんでも、菜の花のおひたし、塩ラーメン、ワンタンめん、肉じゃが

一緒に飲みたい人:
一流企業の部長クラス、ミック・ジャガー、友人・同僚、岡本太郎、TUBEの前田さん、ちひろちゃん(野球のデイゲーム。陽の当たる外で)、泡盛キライ!っていう人に「これならいけるから」とロックをすすめたい、高橋一志、宮古に人、生瀬勝久、宮古の海を見ながらかみさんと飲みたいかな

ラベルについてのコメント:
・字体が以外とよいのよね。文字要素が多過ぎてちょっとゴチャゴチャ感あり
・ブーゲンビリアがいいアクセントでカラーも好きですね。泳ぎたくなった。
・宮古の海を想わせるマリンブルーと赤い花のコントラストがよい
・さわやか!!
・思い切ってもっとシンプルにしてみてください!
・右の波はザバーンなのかサラサラーなのか?いきおいはどっち?
・南国の島をイメージさせる開放的なイメージ
・波打ち際のようなデザインに赤い花。The沖縄な感じのラベル
・きれいだね。能天気な筆致
・FM STATION
・緑がかってるところが苦手です
・吟醸とは・・・。沖の光の「光」のうしろに明るいイメージが欲しい

今日のひとこと
・どうも(味が)堅い印象です。ゆるさが欲しいかな。
・走った翌日の筋肉痛に心地よい泡でした。
・東平安名岬で飲みたい酒
・たまには雨(の部活)もいいかも。そんな日も楽しもうかと!!
・沖の光こそ夏に飲みたい
・柔らかく優しいサキ、だらだら飲むのに良い感じ
・宮古島の貴重(レア)な酒をまたひとつ知る。古い酵母、古いままのラインナップを変えないのは実に島らしい。「いつも飲んでる!」という島民の話を聞いてみたい。
・万人に受け入れられる泡盛だと思う。
・眠くなって来た。眠りを誘うお酒かも
・自分の思っている宮古のイメージと異なるのね
・サンシャインボーイズのように光輝け!

☆部員のKさんが、6年ものを持って来てくださいました。なんと偶然にもこの日試飲したものと
ほぼ日にちも一緒!
e0155154_22563645.jpg

e0155154_225708.jpg


これまでの経験上、一般酒は2〜3年ものは味が落ち、10年ほど経っていると大きく変化しているものが多いようです。この6年ものは、ちょうどその中間的なところという感じで、落ちたところから昇って来ているような味でした。まだ次のステージには届かない感じ。
Kさんいつも貴重なものをありがとうございます!

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.663520167045851.1073741883.239499919447880&type=3

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/44279631


ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-03-03 22:53 | 沖の光:沖之光酒造