「ほっ」と。キャンペーン

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9/23(月・祝)お台場・東京カルチャーカルチャーで“大”泡盛部を開催します!

TOKYO 泡盛 STYLE~東京的・泡盛の遊び方 ver.2 「泡盛×昭和歌謡」 泡盛部昭和歌謡祭

Open 11:30 Start 12:00 End 15:00 (予定)

前売チャージ券/¥3500 当日チャージ/¥4000(泡盛試飲・水代含む。会場にて500円分の食券を購入していただきます。その他飲食代別)

詳細はこちら↓↓
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_130811204337_1.htm

イープラスでのチケット購入はこちら↓↓
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002107309P0050001P006001P0030001

*****
「泡盛が沖縄料理の時だけじゃ寂しすぎる。泡盛のBGMが琉球民謡だけじゃ悲しすぎる。」
という思いのもと、東京で飲む泡盛の楽しみ方を探索する部活動「泡盛部」が、毎週木曜夜の部室での活動から飛び出して、大規模に部活します!

今回は、スペシャルゲストとしてDJユニット“THE NAKED MANTAMS (MANABU INOUE & CHINTAM) / (DAYJAM)”が登場。
レコード盤オンリーでかかる「昭和歌謡」と共に泡盛を満喫します。
これまでの部活動の検証の結果、泡盛と昭和歌謡の相性はバッチリ。
盛り上がる事は必至です。

48ある泡盛酒造所の中から、これまでに泡盛部で「昭和歌謡」が相性音楽に選ばれた泡盛をご用意。
各種を色々な飲み方(ストレート・ロック・水割り・お湯割り)で試してみてください。
ひとつの泡盛でもすごーく味の表情がかわるのがわかります。
少しの知識と音楽と想像力で、泡盛の美味しさ&楽しさは劇的に変わります!

「泡盛部は・・・」
●学ぶ:「泡盛ってどんなお酒?」という基本の話から、各蔵の特長を解説します。
●感じる:飲み方による味の変化を体感していただきます。
●考える:どんな食べ物に合うのかな? どんな音楽が聞きたいかな? どんな場所で飲みたいかな? など、想像を広げていただきます。
●楽しむ:それが終わったら、食事と音楽を交えて楽しみます!泡盛は楽しいお酒だって実感できます!

各テーブルには“酒のつまみに合う!”と評判の東京 世田谷 升本屋の「かりんとう」の盛り合わせもご用意。

物販ブースでお買い求めも出来ます!

【酒造名:銘柄】
・神村酒造(守禮・暖流 他)
・請福酒造(請福 他)
・ヘリオス酒造(轟・くら 他)

【特典・抽選会】
当日の試飲銘柄や升本屋のかりんとうの詰め合せが当たる抽選会も開催します!

ご来場者全員にプレゼントも!

【出演者】
◎泡盛部
・部長:小西美穂子(泡盛マイスター / 泡盛ゆんたく大使)
1970年東京生まれ。沖縄を旅する間に泡盛も大好きに。2001年から毎年那覇で開催されていた泡盛の試飲会「泡盛ゆんたく会」に10年間参加。「泡盛ゆんたく大使」の称号をいただく。
東京で泡盛を広めたくて勝手に活動中。

・主宰:梅田知行 (東京 世田谷 升本屋)
1972年東京生まれ。酒と食材のセレクトショップ「東京 世田谷 升本屋」の三代目(1949年創業)。
2000年頃より、独自のアイディアでの商品開発や情報発信を開始、街の酒屋とは一線を画す営業を展開。
“酒のつまみにかりんとう”を提唱し「塩みつかりんとう」を開発。TV、新聞、雑誌などで紹介され、料理研究家、ミュージシャン、文化人など食通の方々より支持を得る。
酒・食を軸に、音楽・アート・文学・ファッションなどのカルチャーとのリンクを持った店を目指す。
自身でもバンド活動やDJをし、笹塚ボウルにて酒と音楽のイベントを定期開催。

◎ゲストDJ:
MANTAMS (マンタムズ)/ DAYJAM
20余年のDJ経験に裏打ちされた、MANABU INOUEとCHINTAMによるDJユニット。
近年は世界初「流しのDJ」スタイルで居酒屋でのDJイベント「音民」などを手掛ける一方、それぞれMANATCHY名義での80'sキラーポップチューン「馬鹿謡曲」、踊れる和モノ音源にこだわった「和物グルーヴィーサミット」でのレジデントDJなど、両名共に活躍中。
ポップスvsレアグルーヴのMANTAMSによる高速B2B歌謡デスマッチセットは、盛り上がる事間違いなし。
■MANTAMS動画
■DAYJAM official
FaceBook

[PR]
by awamoribu | 2013-09-18 19:03 | お知らせ
泡盛部 extra:琉球(新里酒造)貯蔵甕違い飲み比べ会 +more

日時:2013年9月12日
参加人数:15名
e0155154_1415329.jpg


現存する最古の泡盛蔵である「新里酒造」さんより、エンターテイナー新里建二専務が泡盛部にいらしてくださいました。
泡盛部主宰・梅田と部長・小西が最初に出会った沖縄での「第一回泡盛ゆんたく会」にて、盛り上げ隊長的な存在で踊りを披露されていたことを鮮明に憶えています。
あれから約15年。まさか、升本屋にわざわざお越しくださる事になるとは、そして・・・。

今回は、蔵でのみ販売している「貯蔵甕違い」の3種の飲み比べと、個性豊かな三種をご用意くださいました。
(+升本屋の在庫より「琉球」の一般酒。翌日の写真のため空瓶です・・)
e0155154_14233948.jpg


まずは、減圧蒸留100%、軽やかでフルーティーな【島旨(しまうま)】で乾杯。
『泡盛を飲んだ事な方に飲んでもらう初級編の泡盛』という位置づけで、度数も25度と標準的な焼酎と同じ度数に。
e0155154_14273319.jpg


・吟醸酒のような香り。柔らかい味、そのままいける。20度くらいの印象。
・すごくフルーティー。ストレートでもぐいぐいいけるから恐ろしい。ロックはもっといける。飲みやすさにびっくりした。
・フルーティーな香りながら辛口。すっきりした味。
・のみやすい!
・のみやすい。ストレートでふっくらした感じ
・ストレートでも優しく飲みやすい。ラベルがかわいい
・泡盛という感じはしない。日本酒みたいな香りと味で美味しい。
・香りがよい。クセがない
・とても飲みやすく、テーマである初心者向けにぴったりだと思いました
・ストレート、水割り、ロック、全体的に飲みやすい
・飲みやすいけれど泡盛の味もちゃんとしていて美味しいです
・確かに初めて泡盛飲む人にぐいぐい薦めたい
・のみやすくて楽しいネーミング
・飲み口柔らかく、フルーティーで軽やか。水割りだと更に飲みやすい

蔵紹介のVTRを拝見して、質疑応答の時間をはさんで、メインの飲み比べ。

【ステンレスタンク 5年古酒44度】(1位票:1名)
・香りが豊満で複雑。思いのほかフルーティーで ストレートでもそれほど強さを感じない。若々しさのある古酒という感じ。水割りは魅力が落ちる
・白百合の遠い関係を感じる。最初はそれを感じる。後味は甘みがくる。新感覚。
・味わった事の無い濃厚な味わい。広がるふくよかさ
・味がすっきり。舌触りがぬるっとする。臭い少ない
・土の香りあり。カカオ香。苦み、カラメル。時間経ってかなり変わった。スパイシー。
・若干の雑味を残しつつ、とても華やいだ香り(お湯割り)
・香ばしい。とろっとしている
・ふくよかな香り、ストレートで甘い。水割りにするとステンレスっぽい感じが出て来る
・香りが「島旨」より高い気がする
・土っぽいような香りが感じられて「泡盛!」という感じがしました
・味が甕っぽい(ストレート)。水割りだと甘みが増す
・甘め。若干金属の味がする気がします
・香ばしさ(?)土の香り(?)不思議なフレーバーがある。ゆっくり時間をかけて開かせながら飲みたい。
・のみやすさでは楽しめます
・香りよく、ほんのり香ばしい。味はコクがあり、深み、甘み、とろみ

【ベトナム南蛮甕 5年古酒43度】(1位票:7名)
・ややアルコール香を強く感じる。口に含むと、始めは辛いが、カカオが爆発。空気に触れるほど広がる。ステンレスよりダンディーな感じ。水割にしても、味がそのままでやわらかくなる感じ
・ステンレスよりも香りが強い。まとまっている、芯がある。洋菓子の甘さ
・舌先に残るシビレタ感じ
・味がマイルド。さらっとした感じ。舌に残らない。香りがよい
・ステンレスより、最初の香りとがってる。焦がし砂糖の味。バニラ香出て来た。ステンレスより度数高く感じる
・バランスよくまとまってる(お湯割り)
・さっぱり。さわやか。豊かな香り
・水で割ると甘さがもっと引き立って美味い。カメ臭がない
・エスニックな香りが立つ
・ストレート:香りはクセがなくなったものの、多少ツンと来る感じがしました。水割り:とてもまろやかな飲み口でした。ただし、香りが少し変化してました
・ストレート: 舌にガツン、ドシンとくる。新酒のような味わい 。水割り: 甘みが増し飲みやすくなった。
・ステンレスより甘い香り。味は甘さが強くなった。でもまろやか。1度違うだけで随分のみやすい
・芳醇さがすごい
・一口飲むと最高です。
・香りやわらかい、アルコール臭はわずか。後に開いて行く。 味は辛く、さわやか。後に広がる

【中国南蛮甕  10年古酒43度】(1位票:7名)
・紅茶みたいな香り。やや柑橘香も感じる。ふくよかなんだけど爽やか。圧倒的によい香り。角が無くスムーズ。ブランデーやグラッパ的。別格です。これぞ古酒。水割り:とんがってた親父がまるくなった好々爺。
・とろみがある!上品。一番甘みがある
・カラメルの香り。薬草臭。複雑だがまろやか。まつたけ?
・味がマイルド。後味がおいしい。さらっとして、すーっとのどに入る感じ。香りがよい。口の中に残る味と香りがよい
・華やかな香り。バランスよい。バニラ香一番強い
・素晴らしい。香りは弱くても甘みをひきつれた旨味(お湯割り)
・角がない。紹興酒のよう。上品。
・ツンとした香り。目にくる。辛い!水で割ると華やか。でも辛みが印象的。香りは一番よい!
・香りは高いが、アルコール度が高く感じる
・ストレート:更にツンと来る感じがしました。香りはまさに紹興酒でした。 水割り:香りも味も薄くなるだけな感じがしました
・ストレート:辛い!!香りが鼻にツーンとくる。 ロック:飲んだ後、独特な味わいが残る
・甘い香りはあまりせず、少しツンと来る。味も甘さがほとんどない。一瞬お醤油のような味。後味が旨味の様に残ってよい。
・わかりやすいうまさ。甘みとすっきりよい香り。軽さも不思議と感じる
・10年だからと思っていたけど、個人的にはツーンときます。でも残り香がすごい。時間をかけて飲めば面白い
・香り:ピリッと広がる。辛めな。 味:辛み、酸味、とろみ、広がり、コク


それぞれの個性がはっきりと感じられて面白い飲み比べでした。
甕違いで見事に同票で票割れしましたが、ステンレスタンクも素晴らしかったです。
単体で飲めばどれも、甲乙つけがたい内容。
専務も『古酒には相当自信があるんですよ』とおっしゃっていましたが、間違いなく魅力的な味でした。


◯合わせたい音楽
ジェームズ・ブラウン、ZABADAK「遠い音楽」、南こうせつ「岬めぐり」、憂歌団「たくあん」、ジュリー、ルイ・アームストロング、加藤茶「タブー(ちょっとだけよ)」、 ゆったりとしたトラディショナル音楽、台湾のポピュラーミュージック、レオン・ライ、ミッシェル・ポルナレフ「シェリーに口づけ」、ボサノバ、ドリカム「うれしい!楽しい!大好き!」
ポップな曲、「かりゆし」、ハッピーな曲

◯合わせたい料理・肴
韓国料理、やきとり、つくね、採りたてのネギを焼いたもの、ミートローフ、レバーパテ、さんまのみりん干し、チーズ(濃いヤツ、クセのあるやつ)、かに玉(甘酢)、東南アジア系エスニック、さっぱりしたもの、いかめし、キクラゲ、塩味のきいたチーズ、甘じょっぱいもの、黒糖、塩みつかりんとう、刺身、天ぷら

◯一緒にのみたい人
のりのよい人、地元の友人たち、田中理恵、東儀秀樹、家族、宮古島で会った人々、泡盛部の方々、わいわいみんなで、みなさん!、両親、専務のお兄さん、仲間


飲み比べが終わったところで、3日前に誕生日迎えた新里専務を御祝!
BGMはいつもの、スティービー・ワンダー「Happy Birthday」からKool&The Gang「Celebration」
ディスコ世代の専務、これにて火が灯いてしまいました。

パーシャルショットにした
【氷酎】での乾杯からえらい事に(笑)
エンターテイメント精神爆裂!
e0155154_1517032.jpg

e0155154_15171760.jpg

※ご本人の許可は出ておりますが、ここでは、このあたりでやめておきます。裸の兎。凄かったです。

【氷酎】
・一瞬過ぎた。めでたい酒!
・強い。だけどそれがよかった。乾杯にいいね!
・飲み頃に飲まないと勿体ない!!
・若さだ!
・一気飲みは危険。なのですが、すっと飲むのがよい
・ウォッカより飲みやすい。メロンみたいな香り
・ぬるくなるとちょっと飲みにくい
・以前に飲んだのですが、飲み比べてみるうちに、すっきりして凄く好きでした
・飲みやすい!!!
・強いけどすっきり!ちょっとワインのような感じも!
・甘みとインパクトの共存。冷蔵庫に常備したい
・甘い、キリッとしている

そして、最後、落ち着きを取り戻しての
【珈琲泡盛】
・こういうのがいい。余計な甘さはなく、泡盛のもつ甘みが良い感じ。
・甘さがないのがとてもよかった。ありそうでなかった。
・牛乳をいれたい
・渋い味だ。
・おいしい。甘くなくておいしい。牛乳混ぜたい
・さわやか。アイス(ちょいミルク)がいいかも
・甘くなくてすっきりしてる。食後にぴったり
・美味しい
・カルアみたいに牛乳で飲みたい
・珈琲系では甘くなく、一番好きです
・甘みは泡盛の甘さ!!水割りおいしい!
・甘い食べ物と合う!
・無糖なのに感動。好きです。
・飲みやすい。こういった商品は必要です
・すっきり。うまい。ドライ

【今日のひとこと】
・真面目でシャイな面と弾けたサービス精神、まるで泡盛!「Mr.泡盛」ですね! 過去最高の弾けたextraでした。
・とてもおいしい泡盛が飲めました!!島旨もよかったです。
・パーシャルが美味だった
・久しぶりに来たし、久しぶりに泡盛。美味しいお酒、楽しい時間、にぎやかな空間。泡盛部!イエイ!
・お誕生日おめでとうございます。泡盛のバリエーションの可能性を感じました
・王道も変わり種もうまい
・全体的に優しい味わいで多くの人が楽しめる泡盛だと思います!他の種類も飲んでみたいです。新里さんの人柄あふれて素敵な会でした。ありがとうございました。
・今日も楽しかったです
・酒造所の専務の方ともお会いして、色々お話を聞けて楽しかったです
・初めてのextra参加。専務Happy Birthday!!!
・楽しい時間でした!次回参加するときは少し胃に食べ物入れてきます・・・。
・品質が高く、素晴らしい泡盛の数々。新里さんのファンになりました。デザインの営業はあきらめました。
・専務ありがとうございました。まだ知らない新里酒造の中身が見えました。泡盛バンザイ
・わっしょい!色々な楽しみ方ができました。

新里専務、貴重な体験をありがとうございました!

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
※スパーク画像含む
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.575718659159336.1073741856.239499919447880&type=3

全国の新里さんファンのためにアワモリームもやりました!
http://www.ustream.tv/recorded/38637979
[PR]
by awamoribu | 2013-09-16 18:32 | 琉球:新里酒造
泡盛部 第四期⑯:琉球(新里酒造)レポート
e0155154_10584356.jpg


日時:2013年9月5日
参加人数:15名

新里酒造は、現存する泡盛の酒造所で最も古い蔵です。
1846年(弘化3年)、首里三箇の赤田町にて創業しています。
1988年に沖縄市へ移転。
現在の社長新里修一氏は、泡盛101号酵母を開発した方で、
この泡盛101号のおかげで泡盛の生産性は飛躍的に増えました。
主要銘柄は今回いただく「琉球」や「かりゆし」のほか、
サントリーのOEM商品もあります。
また、リキュールも種類があります。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(5票)
2位:ロック(4票)
3位:水割り(4票)
4位:お湯割り(2票)

チャートがまとまりをみせているので、大方の印象は一致している様子。飲み方の好みもわりと分散系なので、それぞれの楽しみ方が出来る味わいという感じでしょうか。
別枠ですがソーダ割りの評価が高い一本です。
e0155154_1111738.jpg



合わせたい音楽:
(初期の)The Crash 、山崎まさよし「明日の風」、サザン「Body special Ⅱ、シシドカフカ、KISS「I was made for loving you」、コブラツイスターズ「よみがえる人々」、レイ・パーカー・Jr「ゴーストバスターズ」、Armin Van Buurer&Jaren unfogivable、JUN SKY WALKER(S)、童謡「そうさん」、アントニオ・カルロス・ジョビン、小椋佳、トム・ジョーンズ「恋はメキメキ」、鬼太郎ないない音頭、Flying Kids「風の吹き抜ける場所へ」

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯トム・ジョーンズ「恋はメキメキ」
○レイ・パーカー・Jr「ゴーストバスターズ」
のマッシュアップ
・The Crash「Tommy Gun」
・童謡「そうさん」
・Flying Kids「風の吹き抜ける場所へ」


合わせたい料理・肴:
カリカリしたもの、カラムーチョの縦切りの、うなぎの白焼き、枝豆、ツナマヨ、なすのグラタン、黒糖そらまめ、たらの煮付け、パイコー麺、おでん、焼きめざし、わかめの酢の物、鯖の味噌煮、いかの燻製珍味(わっかやつ)、牛スジ煮、治部煮、なすやししとうの煮浸し

一緒に飲みたい人:
日本語の話せるイギリス人、三谷幸喜、旧家のお嬢様、はやてぃ、瑞慶覧さん、大吉さん(あまちゃん)、松村雄基、中学時代の野球部の監督、高尾山の天狗、男っぽい人、新里専務、フレンチシェフをしてる人、諸星ダン、家呑みでひとり、仲の良い仲間

ラベルについてのコメント:
・紙の質感とラベルのデザインが合ってる。とてもまとまりのあるデザイン
・竜の鱗の細かさに丁寧さを感じます
・レトロな感じが良い
・好き。隙がない。レトロな色合いもいい
・レトロな感じがいいです。紙質もいいです。龍がくわえているのは麦なのか?
・シックで逆に目立つ
・こだわってますね。しぶくてかっこいい
・かなりハイレベル。紙質まで選んでるところに好感。
・まさひろに似ている色合い
・素敵。趣がある
・黄色に赤。龍。沖縄らしく感じます
・レトロっぽいのがよい。一番好き
・稲穂を運ぶ龍。ちょいかわいいね
・クラシックラベル。懐かしい感じ

今日のひとこと
・ずらーっと、並んでいたらカッコいい。バーとかクラブにあってもいいと思う
・ソーダ割りがかなりおすすめ
・泡盛は一日にして成らず
・夏にいいよね。後味さわやか
・王道!!
・炭酸やっぱりうまーい
・かっこつけない、飾り過ぎない。かっこよさがある泡盛
・一日の終わりにほっとしますね、この泡盛は。
・毎年県知事賞をとっているだけありますね
・やっぱこのラベルがよい
・夏らしく爽やかでよいね
・5ヶ月ぶりの参加。ただなんとなく泡盛を飲むのもいいけど、しっかり飲み比べも楽しい

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.573117182752817.1073741855.239499919447880&type=3


アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/37956951

◯「恋はメキメキバスターズ」
http://www.ustream.tv/recorded/38285777
[PR]
by awamoribu | 2013-09-11 11:33 | 琉球:新里酒造
泡盛部 第四期⑮:一本松(北谷長老酒造工場)レポート
e0155154_2155898.jpg


日時:2013年8月29日
参加人数:15名

北谷長老酒造は、首里の赤田町の本家から暖簾分けし
現在の北谷町で1894年に創業しています。
当時は玉那覇酒造工場として、現在の名称に替わったのは2006年のことです。
代表銘柄である「北谷長老」は、少量生産であることと、その味が評価され、
一時はとても手に入りにくいこともありました。

今回いただくのは一般酒の「一本松」。
琉球芝居の「丘の一本松」の舞台が北谷町であったことから、
その名が付けられました。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(6票)
2位:ロック(5票)
3位:水割り(2票)
4位:お湯割り(2票)

チャートを見ると、一目瞭然、皆様それぞれに印象が違う様子。
個人的な感想で恐縮ですが、今回のボトルはこれまでで一番バランスがよいように感じました。味のベクトルが多方向に渡っていて、とても落ち着いた印象でした。
e0155154_21572227.jpg



合わせたい音楽:
RUN D.M.C.、サザンオールスターズ、The Beatles「Octpas's garden」、美ち奴「しゃらんぶし」、金井克子「他人の関係」、サザン「渚のシンドバット」、ユーロビート、氷川きよし「きよしのズンドコ節」、ディープ・パープル「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、SOIL &PIMP SESSIONS×椎名林檎「My Foolish Heart」、奥田民生「息子」、田村直美「ゆずれない思い」、CCR「雨をみたかい」、「日本ちゃちゃちゃ」(日本の応援歌)、Inner circle「ONLY YOU」

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯CCR「雨をみたかい」
・RUN D.M.C.
・奥田民生「息子」
・氷川きよし「きよしのズンドコ節」
・Dead or Alive


合わせたい料理・肴:
ピリ辛チキン(サルサソース)、ツブ貝、柿ピー、白身魚の西京漬、焼き肉、しめ鯖、タコわさび、フォアグラのせハンバーグ、ウィンナー、オイルサーディン、鰯の煮物、鯖寿司、稚鰤(わらさ)の刺身、イカの刺身、カレー&ナン、シラスのピザ

一緒に飲みたい人:
「YO! Man!」って言ってる黒人、桑田圭祐、仲の良い男女たち、ベム、ちひろちゃん、玉那覇さん、仕事仲間、山本譲二、もみあげの人、まだ見ぬ息子、北海道の友人、西岡徳馬、ダウンタウン松本、しんさん

ラベルについてのコメント:
・紫・黒・赤。色使いをしっかり、シンプルに整えていて好印象
・色がちょっと渋すぎるかもです。「一本松」の字は力強くてかっこいい
・涼しげなシルエット
・シンプルだけど力強さを感じる
・シンプルなのもいいかな
・バランスがよく、とても文字を絵が合っていてカッコいい感じがしました
・堂々としていてかっこいい
・さぶちゃんや森進一のラベルにハイカラな味がアンバランス
・演歌。高く見える
・シック過ぎてあまり好きではないです。もっと派手な方が好き
・紫はどうかと思う。日本酒っぽいラベル
・味とのギャップを感じる。ラベル和風すぎる
・日本酒風。松はどこの写真?
・とても「和」です。味が洋風なのでギャップが面白い

今日のひとこと
・今日の「一本松」は秀逸。とてもバランスがよくナイスガイ
・どんどん色々な泡盛を試したくなりました!!比較して語れるようになりたい!!
・ゆっくり飲むとグラスの中で味が変わって行くので、じっくり楽しめる
・こんなにも力強いとは意外でした!!
・北谷長老はアメリカンヴィレッジで飲みたい
・初めて飲んだけれど、とても好きな泡盛でした
・今週も演歌でごめんなさい
・どの飲み方でも旨い
・ロックがうまし
・一本とられた珠”玉”の味覚。ありがとうございました。
・初参加でわけがわかりませんでした
・4回目にして一番美味しく感じた
・何故「松」?
・見た目と中身が違うのっていいな♪

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.570110406386828.1073741852.239499919447880&type=3


アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
※始めの辺りと30分頃から1時間程、謎の音声トラブルが生じております。
http://www.ustream.tv/recorded/37956951
[PR]
by awamoribu | 2013-09-04 22:37 | 一本松:北谷長老酒造