もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

泡盛部 第三期㉑:玉友(石川酒造場)レポート
e0155154_18332411.jpg

日時:2012年6月21日
参加人数:14名

泡盛部の第三期21蔵目は中頭郡西原町の石川酒造場さんの「玉友(ぎょくゆう)」。主なる銘柄を、昔ながらのかめ仕込みで造っている蔵元さん。もろみ酢を最初に造った蔵としても有名。最近は、この日も特別にテイスティングした「琉球泡盛44」を冷凍庫で冷やしてのパーシャルショットをおすすめしている。
さて今期の結果はいかに?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(6票)
2位:ストレート(4票)
3位:お湯割り(3票)
4位:水割り(1票)


キャッチコピー:
・あー言えば玉友(ぎょくゆう)
・カメからカメへ、受け継ぐ想い。玉友
・のめ、のめ、のめ、のめ、のんべじこみ
・ゆったり、じっくり、ほっくり
・こだわり強し、主張弱し
・森の信夫ちゃん
・サイダーとあう
・友と飲もうよ、玉友ー!!
・一生付き合える友です
・昔の名前で出ています
・せつなく、甘い
・ボーダレスな香りと味わい
・てっぺんペンのsweet memory

ラベルについてのコメント:
・「友」の払いのひげがいい。GYOKUYUのフォントもいい
・ごちゃごちゃし過ぎてる感が、、。色々のせすぎでしょう
・「玉友」の文字をもっと大きく。石川酒造の文字を小さく。もっとバランスをとりましょう
・色合い、金盃の絵とか好きだけど、もっと要素少なくしてすっきりした方がいい
・一見スタイリッシュでも結構ベタな・・。
・なんで金盃?
・スイート
・「和」です
・江戸時代のイメージが満載
・ちょっと詰め込み過ぎ。でも稲穂の描き方は好き
・どこぞのサッカーチームのユニフォームみたい
・盛りだくさんでおめでたい感じが好きです
・夏向き?


合わせたい料理・肴:
鯛や平目の舞い踊り、焼き枝豆、うるめ干し、肉じゃが、とんかつ、出汁巻卵&わさび、たこわさ、しいたけのBBQ(塩胡椒味)、牛タン、豚しゃぶを大根おろし&ポン酢で、フィッシュ&チップス、冷やし中華、ハモの湯引き、カレー、いわしの焼いたの、マンゴー、浅漬け

合わせたい音楽:
第1期:井上陽水
第2期:WHAM!
第3期:D・ボウイ&M・ジャガーの「ダンシング・イン・ザ・ストリート」、小椋圭、ルパン三世のテーマ、松崎しげる「愛のメモリー」、森の熊さん、アートオブノイズ、アイリッシュな音楽、シング・ライク・トーキング、岡林信康、HALCALI、PUFFY

一緒に飲みたい人:
浦島太郎、かみさん、つるの剛士、松崎しげる、友達、アカバルーン、エイサー仲間、ジョン・テリー、旧友、カールスモーキー石井、お酒の飲める女子

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/awamoribu
※facebookに登録していなくても見られます。

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/23460878
[PR]
by awamoribu | 2012-06-23 19:05 | 玉友:石川酒造場
泡盛部extra:美酒:うましさけ(咲元酒造)レポート
e0155154_2111572.jpg

※画像はイメージです(笑)

日時:2012年6月14日
参加人数:14名

【飲み方人気ランキング】:一位に選んだ方のコメントのみ掲載

1位:ストレート(5票)
ラムレーズンの香、チョコレートの香、30度のわりに強く感じる。味わいが色々通り抜け複雑味がある/ふわっとした香、円みをおびてすっきり。とんがり感が抑えられている/初留のオイリーさを思わせる香、長く続く味わい。甘さがこってり広がって、後から香ばしさが広がる/飲む前の香はストレートにアルコールを感じ、口に含んだ時の風味は香ばしく豊か。優しい口当たりでどんどん膨らむ。甘みの入り方が絶妙/香り強くないが複雑。鼻に抜ける香りが咲元らしい香ばしさ。キャラメルのような苦みと甘み

2位:ロック(3票)
ほどよく香る。プラムっぽい酸味はしっかり感じられる。味がはっきりして、シャープにわかる/ストレートと比べてもの凄く変わった!梅酒のような香りになった。良い意味で甘い。つんと来ないけどしっかりした味わいで刻々と変わる。とても好き!断然一位!/とっても甘い香りになった。キャラメルコーンような。甘いけど大人の甘さ。花開くといった感じ。よりイイ酸味が感じられる

3位:水割り(3票)
のどごしが一番いい/香ばしさが何気なく出ていい感じ。甘みが出る。しっかりしたお酒なのでのんびり楽しめる/かわいい

4位:お湯割り(3票)
海の香り。ふくよかな味。アミノ酸値がものすごくUP/バナナのような香り、旨味が花盛り/香りが立って来て味わいが膨らみます。ふくよかさが出て味わいが深くなります

【キャッチコピー(もしくはこの泡盛へ)】:
・ また会う日まで、会える時まで♪(会える日を待っております)
・ ウルトラセブン!
・ 時を越え、私たちのもとへようこそ!!
・ まぁ座れ、まぁ飲め
・ ゆっくり、ゆっくり、大事に大事に
・ まったり、ふくよか、個性豊か。大人だね。
・ R35(大人しか飲んじゃダメ)
・ 古代の種、花開く
・ 7変化に咲かせます。モットもっとー!
・ 大人になった黒こうじ君は味わい深し
・ まぶたに広がる優しさ
・ まさに泡盛の原石

【ラベルについてのコメント】:
・ フォントがよくない。レインボーな感じは面白いのですがオリジナルな字体で攻めて欲しい
・ カラーは緑というより青のイメージ
・ 湧き出るようなパワーを感じる
・ ちょっとアレ
・ 手作りラベルの色合いの方が好きです
・ ファンキーな色味がラブリー
・ 横浜で実物を見たとき、「一本だけ可愛いらしいのがあるな」と思いました。ミニボトルの手作りの色合いが好き
・ ファンシーでかわいらしい。PCの手作りの方が好き
・ 虹色が味が広がっていくイメージが見える
・ 色んな可能性があるという感じがラベルに出てる
・ 広がりを感じる
・ もわもわ
・ コピーで刷ったラベルの方が好き
・ レインボーカラーは明るく、カラーリングが最高だと思います

【合わせたい料理・肴】:
肉厚な白身魚の煮たもの、塩うに、うなぎの蒲焼きをタレで、そうめん(茗荷とシソを乗せて)、トマトに塩、豚の生姜焼き、関東風おでん、ほっけの開きに大根おろしを添えて、リコッタチーズ、あじ・いわし・さんまの刺身、アッシュルームのアヒージョ、鯖や鰯の焼き魚、するめいかの刺身、鮎の塩焼き

【合わせたい音楽】:
尾崎紀世彦、加山雄三、フランク・シナトラ、トム・ジョーンズ、森高千里、ホイットニー・ヒューストン、アントニオ・カルロス・ジョビン、ロバート・ジョンソン、吉田兄弟(津軽三味線とか和テイストな曲)、「My funny valentine」、「あずさ二号」、「ハイウェイスター」、イージーリスニング、ジャズ、郷ひろみ「あなたがいたから僕がいた」、小椋圭

【一緒に飲みたい人】:
尾崎紀世彦、加山雄三、森高千里、恩師と昔話をしながら、ミラクルヒカル、山崎努、大人の男女、ケーリー・グラント、マーボー、酒飲めるおじいさん、渡哲也、ひとりでゆっくり、啓さんとじっくり

【全体の印象】:
・ 古酒は時間が経つに連れて香りがどんどん広がってすごい。味は甘みが増していく。とにかくストレートのパワーが印象深い。新酒は飲み方によって印象が変わり面白い。ロックとお湯割りはどっちがよいか悩みどころ。普段、比較的水割りに好評価をおくのですがこれはどちらも水割りだともったいない感じ。
・ 新物では多少とんがった味だったが、古酒では味が落ち着いてとてもマイルド、かつ旨味が倍増している。上品な味わいです。
・ 古酒ってやっぱりうまい!!咲元さんありがとうです。
・ カラカラに入れて、おちょこで少しずつゆっくり飲みたいお酒
・ 古酒と比べると新酒の方の香りがかなりオイリー。時間経った時の香りがびっくり!起きるまで時間かかる
・ 新酒は咲元さん特有の香ばしさが出てる。古酒は酸味が凄くたって個性的。好き嫌いがはっきり分かれるかな。
・ 新酒と古酒で全く別物に感じました。やはり大人のが好き。貴重なお酒をありがとうございました。今日来られてよかった〜。
・ 新酒は飲み方を変えても香りの印象が変わらない。古酒は注いでからの時間や飲み方でどんどん変わっていく。特にロックの変調は大好きな季節がやって来たウキウキといった感じがいい。花開く感じ。
・ 飲み方次第で色々楽しめる。スピリッツ系で、薄めた時は柑橘系を搾ると旨そう。
・ とても深い味わいで長い余韻が残り、新酒と古酒での違いがとても大きく感じられました。新酒はとても個性が強く出ていて力強いですが、古酒はもの凄くまろやかになります。
・ しっかりした味。新酒でしっかりした味は嬉しい
・ ごちそーさまでしたーーーーーー!
・ 同じベースの酒を長く保持すると旨い酒(古酒)に変化するということを感じさせてくれた。さすがだ。酒造りがシンプルでよい。
・ 7年寝かすより新酒の方が好みです。仕次しながら、「美酒1&2年」「美酒1&2&3年」「美酒2&25年」などの仕次を楽しんで味わいを比べたら、いい味が楽しめるような気がします
[PR]
by awamoribu | 2012-06-15 21:09 | 咲元:咲元酒造
6/14の泡盛部は予約定員制(満席)となっておりますのでご注意ください。クローズで開催しますのでユーストリーム放送「アワモリーム」もお休みです。
[PR]
by awamoribu | 2012-06-14 12:14 | お知らせ
泡盛部 第三期⑳:咲元(咲元酒造)レポート
e0155154_13542328.jpg

日時:2012年6月7日
参加人数:14名

泡盛部の第三期20蔵目は那覇市首里の咲元酒造さんの「咲元」。首里三箇(しゅりさんか)と言われる、琉球王国時代に王府の命を受け泡盛の製造を許可された地域にあり、当時のままの場所で製造を続けている三蔵のうちのひとつです。泡盛部の合宿でも訪問させていただいており、第二回アワモリアワードでは、味部門で「多良川」と激戦を繰り広げた、泡盛部でも人気の銘柄。
さて今期の結果はいかに?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(5票)
2位:お湯割り(4票)
3位:水割り(3票)
4位:ストレート(2票)
※お見事!!

キャッチコピー:
・すこし愛して、ながーく愛して (S社レッドのぱくりです)
・もっともっと!もっともっと!もっともっと!
・グラスの中で咲かせましょう!
・琉球の奥座敷
・咲いた、咲いた、首里(っぷ)の花が・・♪
・やっぱ好きよ、あなた〜♪いまでも、いまでーも。
・時代を超えたスタンダード
・バカ殿様もさきもっと!!
・そのままがソウルフル
・求む若人!
・首里の歴史の重みを感じる深い味わい
・泡盛の花を咲かせましょう!
・心温まるやさしい一杯

ラベルについてのコメント:
・余は満足じゃ
・いざカマクラ。色のバランスなかなか良いです
・色合いがポップでかわいい。着物の柄にもよい色合い
・咲元の文字のバランスが好きです。書き初めみたい
・畳柄の緑が落ち着く感じ
・黄緑は素敵。さわやかだから、よく見ない方がよい
・江戸風なシンプルさ
・「和」チック。スカイツリーの「雅」のライトアップと合わせたい
・緑がさわやか
・若さをイメージ?
・黄緑・黄・赤の色合いは明るくて素晴らしい
・和です。直江兼続な感じ
・扇?屏風?縁起いいですね

合わせたい料理・肴:
蒸した蟹、いかの一夜干し、ピーマンと牛肉の甘辛炒め、ボルシチ、トマト風味のしっかりしたもの、グリーンカレー、カレーライス(辛口)、アスパラベーコン、草団子のあんこ入、漬けマグロ、豚肉の角煮、こってり系、塩キャベツ、あっさりめ、揚げ出し豆腐、ぬた

合わせたい音楽:
第1期:ラヴィン・スプーンフル「レイン・オン・ザ・ルーフ」、ゼーガー&エヴァンズ「リトルキッズ」
第2期:山崎まさよし
第3期:吾妻光良、がっつりのギターサウンド、坂本龍一、バラード

一緒に飲みたい人:
蟹江敬三、司会のうまい人、津田さん、奥田殿、伊東みきお、まみ、猫ひろし、泡盛部の合宿で、社長、佐久本啓さん(杜氏さん)、原田佐之助さん、和服美人

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/awamoribu
※facebookに登録していなくても見られます。

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/23141234
[PR]
by awamoribu | 2012-06-11 14:25 | 咲元:咲元酒造
泡盛部 extra:心咲:みさき(崎山酒造廠)レポート
e0155154_16104785.jpg

日時:2012年5月31日
参加人数:9名

久しぶりの泡盛部extraは、とある事情により突発的に開催。崎山酒造廠さんが沖縄の有名お菓子メーカー「御菓子御殿」用に限定で発売されたパッケージの43度古酒。7年古酒をベースにしているそうですが、瓶詰め日が2007年8月10日ということで、すでに瓶詰めから5年近く経っています。
御菓子御殿といえば銘菓「紅芋タルト」。その色合いそのままのラベルデザインという珍品ですが、
結果はいかに?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(3票)
1位:お湯割り(3票)
3位:ロック(1票)
4位:ストレート(0票)

キャッチコピー:
・こころ〜♪に咲く〜♪なにが〜♪咲く〜♪
・寝かせただけでふくよかになる。人間と同じなんだな(みつを風)
・紅芋に負けない甘さ
・Let's go crazy!
・硬さと強さに自信有り
・重厚さと優しさと
・お菓子もイイけど、心咲(みさき)もネ
・ニクイぜ、この恋!
・強い華


ラベルについてのコメント:
・なんでしょうかね。
・悪くないけど、、、。色味はもう少し調整してほしい。
・これぞお土産って感じ
・ファンキー
・エジプト?ファラオ?オリジナリティーありあり
・紅芋ですね
・これはもう驚きのシーサー
・お菓子の国
・謎多きラベル。崎山さんと御殿のどちらがアドバンテージを取ったのか知りたい

合わせたい料理・肴:
焼きパイナップル、さっぱりしたお漬け物の盛り合わせ、もろきゅう、たこ焼き、岡埜榮泉の豆大福(つぶあん)、カシューナッツ、牛丼、エビチリ、アワビステーキ、炒飯、おにぎり

合わせたい音楽:
マリアッチ、賑やかな音楽、ウクレレ的な、ジェイク島袋、フリッパーズギター、プリンス「1999」、クイーン「フラッシュゴードンのテーマ」、ジプシーキングス、トッド・ラングレン、ビーチボーイズ、aiko、ジュディマリ

一緒に飲みたい人:
泉谷しげる、牧伸二、御菓子御殿に来た人、プリンス、伊東美咲、菅直人、小型犬

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/awamoribu
※facebookに登録していなくても見られます。

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/22976107
[PR]
by awamoribu | 2012-06-05 16:57 | 松藤:崎山酒造廠