もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年6月にスタートした「泡盛部 第2期」。
第31回を終えたところで5回目の総括会を開催。

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第25回から31回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

まずは乾杯でスタート。
e0155154_1704381.jpg


今回の乾杯酒は、福島のお米を使い、高嶺酒造所さんで作られた「三拝云(みぃふぁいゆ〜)」
みんなありがとう、という意味のこの泡盛。
無事またこうして総括会が出来る事に感謝です。
e0155154_1794962.jpg


まずは前回の総括会で投票によって選ばれた「泡盛アワード・地区大会」の優勝酒発表。
ラインナップはこちら。

久米島の久米仙:久米島の久米仙
久米島:米島酒造
南風:沖縄県酒造協同組合
玉友:石川酒造場
咲元:咲元酒造
瑞穂:瑞穂酒造
時雨:識名酒造
瑞泉:瑞泉酒造

前回の総括会に参加した部員の投票により選ばれたのは・・・

【味部門】
1位:咲元(43p)
2位:時雨(26p)
3位:久米島(25p)

【ラベル部門】
1位:時雨(40p)
2位:瑞穂(21p)
3位:瑞泉(20p)

総合では「時雨」となりました!

★それぞれの部門1〜3位を選んでもらい、1位=5p 2位=3p 3位=1p として計算。

なお、第一期では【味】:久米島 、【ラベル】:瑞泉でした。

総合得点では、「時雨」でした!



お酒が入って少し和んだころに「仕次ぎの儀式」。
すでに入っている24種に今回の7種が加わり、31種入ったことになります。
忠孝酒造さんに寄贈していただいた5升甕に皆で注入。
e0155154_1765465.jpg

e0155154_17151885.jpg

e0155154_17153894.jpg

e0155154_17155052.jpg


部員みんなで少しずつ入れていく。こうしてみんなでやるとみんなの「気」が入ってきっとおいしくなる。一銘柄入れる毎にひと盛り上がりでテンションが上がっていきます。

そして、最後は皆で甕に「おいしくなーれ」と気を送ります。
e0155154_17161911.jpg

e0155154_17175323.jpg


フードは持ち寄り(500円以内)。
今回のテーマは「東北」。
e0155154_1720681.jpg

e0155154_17171662.jpg

e0155154_17195379.jpg

e0155154_17181012.jpg

e0155154_17182973.jpg

e0155154_1718554.jpg

e0155154_17191450.jpg

e0155154_1719295.jpg

e0155154_17202535.jpg


ま、東北でないものも多数(笑)

今回エントリーされた泡盛はこの通り。
各回ごとのセレクテッド・ミュージックも展示&もちろんかける。

e0155154_1721531.jpg

e0155154_17211934.jpg

e0155154_17213325.jpg

e0155154_17214589.jpg

e0155154_17215899.jpg

e0155154_1722860.jpg

e0155154_17222163.jpg


音楽はやっぱり不思議なもので、BGMとお酒がシンクロしてその回の記憶が蘇ってくる。
泡盛部で音楽を選んでもらうのは、「五感で楽しむ」という狙いです。
お酒は「目・鼻・口・触」で楽しむものですが、【耳】だけが抜けています。
このお酒から連想する音楽がBGMとして流れて、それも含めてお酒を楽しみ記憶するという試み。
こうやって復習してみると、その感覚が実感として感じられます。

「あのときのあの酒」
こんな記憶の襞が多くなればお酒の楽しみ方も幅が広がります。


さて、この地区の優勝酒は何になるでしょうか!?
それは次回の総括会で発表します。

総括会⑤参加部員のコメント

「泡盛って・・・」
A:エナジーリキッド
A:ロッケンロール!
A:つながるお酒
A:happiness
A:オレの人生 泡盛部大好き!!
A:落ち込んだ気分を上げてくれるお酒だと思いました。
A:愛
A:HAPPY!つべこべ言わずに・・・泡盛だぜ!
A:スピリッツの中でBEST3!!夏によく飲みたいね!
A:改めて美味しいね。
A:この地区は激戦区だわ

今回で第2期も本島がすべて終わりました。
さぁ、次週から島に渡ります。

e0155154_172773.jpg

[PR]
by awamoribu | 2011-05-21 17:27 | 総括会
第二期泡盛部・検証結果 ㉛
本島最南端で優しくロック
相性音楽:サザンオールスターズ(原ゆうこモノ)

なんだかマンガチックなラベル
e0155154_16573027.jpg


e0155154_16583212.jpg

宝船?
e0155154_1658384.jpg

前回の「神泉」と同じく黒のプラスチックキャップ
e0155154_16592599.jpg

BGMはこれに決定!
e0155154_16594395.jpg


☆こちらをBGMにどうぞ!


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック(4名)
2位:ストレート(3名)
2位:水割り(3名)
4位:お湯割り(0名)

全体的に好印象なコメントが多い。甘く、優しく、華やかな、「女性的な」泡盛というコメントも。素朴なおいしさで嫌みがなく、すいすいといけそうなところでやや危険とも。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎サザンオールスターズ
・八神純子
・フレディ・マーキュリー
・ブロンスキー・ビート
・ユーリズミックス
・ペットショップボーイズ
・Mr.ミスター
・ヴァン・ヘイレン
など

80sやフレンチポップ、歌謡曲など軽いタッチのリクエストが多かったです。サザンは最初「メロディ」をかけたのですが、最終的には女性Voがよいということになり、原ゆうこ節全開の「鎌倉物語」に。

その他のリクエスト:ポール・マッカートニー「LIVE&LET DIE」、ジョー・ジャクソン「Steppin' out」、桜田淳子「おいでサンタモニカ」、B・B・クイーンズ「踊るぽんぽこりん」、Boφwy「No NEWYORK」、ミスチル、新生PEARL、クレモンティーヌ、シェリル・クロウ、少女時代、アン・ルイス、フレンチポップス


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

メインフードはカレー。ヤンニンジャンを辛さのベースにし、筍やきのこ、大根の葉などをたっぷり使った「インターナショナル・カレー2011」
e0155154_1724436.jpg


差し入れはKさんからドライ納豆。からしの味がツーン
e0155154_1730398.jpg


K子さんから「Swan Lake」のパンと茨城のお野菜
e0155154_17311897.jpg

e0155154_17313282.jpg


いつもありがとうございます!

【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

煮込み、鯛の甘辛煮、鯉の洗い、味噌田楽、ナシゴレン、いぶりがっこ、塩系の歯応えがあるもの、貝の刺身、豆腐の味噌漬け、キムチチゲ、餃子、クリームチーズ&いぶりがっこ、カルパッチョ、チャプチェ、たくわん、ガリ、野沢菜のお漬け物、本わさびのみをお醤油で、カール(チーズ味)

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ、わさび、生姜、梅ザラメの人気が高めでした。

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:伏兵現る
A:羊の皮をかぶった狼かもしれません
A:八重瀬の高台から遠くに海を眺めるような泡盛
A:ぶなんにおいしいお酒です。どの飲み方でも◯だと思います。初心者にもおすすめ
A:美味しい!カクテルベースにも良さそうだ。
A:甲乙つけがたい。全部やばい
A:女性的な感じがする泡盛でした。割りと女性受けがよい味・香りだと思います。
A:やさしいお味でした。女性らしい感じ
A:全体的に美味しかったです。どの飲み方でもOK
A:あまり個性を感じない酒と言う印象ですな。安い酒でだらだら飲みたい時によいかも
A:暑くなってくるとビターで水割りが美味しく感じてくる。「南」が入ってるし、ちょっと買いたくなって来たよ。

日時:2011年5月12日
参加人数:11名

もっと泡盛を日常に!

☆第一期の神谷酒造所の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/11318902/


☆この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム by 泡盛部
http://www.ustream.tv/recorded/14648760
[PR]
by awamoribu | 2011-05-13 19:09 | 南光:神谷酒造所
第二期泡盛部・検証結果 ㉚
神の泉は水(割り)の如く
相性音楽:大瀧詠一

非常に清々しい美しいラベル
e0155154_18451956.jpg

「純米製」泡盛はすべて純米製ですが、あえて強調
e0155154_1846281.jpg

黒のプラスチックキャップ
e0155154_18472029.jpg


BGMはこれに決定!
e0155154_18473748.jpg


☆こちらをBGMにどうぞ!



【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:水割り(5名)
2位:ロック(3名)
3位:ストレート(2名)
4位:お湯割り(1名)

「電子(マイナスイオン)技法」を導入した泡盛ということでテイスティング前から期待が高まる。工場内に炭を敷き詰めたり、製造工程や保管時に原料となる米や水の状態を活性化させることで良い泡盛を産み出そうという考え。泡盛は原料や造りがシンプルなだけに個性を出すのが難しいですが、こういった取り組みは大きな差別化だと思います。ラベルに通ずるような爽やかな味わいで好評価が多かったです。飲み方で味が結構変わるので好みがばらけたのも興味深いです。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎大瀧詠一
・ダイアナ・ロス
・デ・バージ
・OST「フットルース」
・スタイル・カウンシル
・松田聖子

80年代の軽やかなPOPSや歌謡曲などキラキラふわふわしたようなサウンドのリクエストが多く見受けられました。これも電子技法のせい?電子音?

その他のリクエスト:The BOOM、マイアミサウンドマシーン、GAO、ディープ・パープル「Highway Star」、Complex「Be my baby」、松田聖子「夏の扉」、The BOOM「中央線」

【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

メインフードは東北シリーズ第3弾。三陸のわかめ、福島の野菜
e0155154_1917227.jpg

醤油、お酢、ごま油、ラー油などを駆使し、それぞれちょっとずつ違う味にしました。

キュウリには、福島の南蛮味噌を
e0155154_19183910.jpg


アスパラには山形・蔵王のクリームチーズを
e0155154_19191753.jpg


その他、AkingとKさんの差し入れ
e0155154_19194328.jpg


T隊員からたこ焼き
e0155154_1920198.jpg


サントリーローヤルたっぷりのケーキをクリームチーズと
e0155154_19205010.jpg


「わかめしゃぶしゃぶ」という声が聞こえたので、余っていたわかめでトライ
e0155154_19213595.jpg



【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

卵料理、甘い玉子焼き、いかの沖漬け、みりんたっぷりの煮魚、スウィートポテト、げそ焼き、きゅうり、じゃがバター、じゃが明太子、麻婆豆腐、ベトナム料理、たこ焼き、酢豚、アボカド

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
非常にまんべんなく、どれも合うという感じでした。

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:シンセサイザー的泡盛
A:美味しい。とりあえずどんな飲み方もよろし。インチキ臭いけど味は本物。イケてまーす。
A:飲み口が良くて甘め。女性うけしそう。家飲みよりも、外で安心して飲めそう。でも飲み過ぎ注意(笑)
A:香りの良い泡盛でした。
A:ロックでさわやか!飲み方で味が随分変わりました。
A:マイナスイオンの効果ですかね。とってもさわやかです
A:日本酒の冷やに近い感じ!!ロックは危険。味の濃い料理、中華とよく合う。
A:旨い。電気効果?イオンにやられた!?
A:おいしい。上原酒造を見学して電子製法を見てみたい。
A:全般的に甘い

A:息苦しくなってきました・・・。春ですね。

日時:2011年4月28日
参加人数:11名

もっと泡盛を日常に!

☆第一期の上原酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/11195870/


☆この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム by 泡盛部
http://www.ustream.tv/recorded/14328178
[PR]
by awamoribu | 2011-05-02 19:40 | 神泉:上原酒造所