もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第二期泡盛部・検証結果 ⑧
20度は危険な度数?
相性音楽:井上陽水奥田民生

涼しげな水色を淡い黄色のラベル。
e0155154_1395691.jpg

黄色いキャップシールもキャッチー
e0155154_13101972.jpg

キャップは無地のゴールド
e0155154_13104197.jpg

BGMはこれに決定!
e0155154_1311759.jpg


★こちらをBGMにどうぞ! (オフィシャルのPVが見つかりませんでした・・。あったら教えてください)


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック(5名)
2位:ストレート(4名)
3位:水割り(1名)
4位:お湯割り(1名)

ロックとストレートが拮抗。20度という低い度数が、ストレートやロックでの飲みやすさや個性の感じやすさに繋がったのか。冬であればお湯割りよりもそのままストレートで燗にしてしまってもよいかも、という新鮮な意見も。意外と昔ながらの泡盛の味わいを持っているという感想。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎井上陽水奥田民生
・アストラッド・ジルベルト
・サザンオールスターズ
・ジョン・レノン
・ワム!「クラブ・トロピカーナ」
・バリのガムラン
など

ボサノヴァをはじめ、全体的なリクエストは「ゆるめ」「まったり」なムードのものが多かった。度数が低い分、酒のペースが早くなるが、音のペースがゆるいのを求めるのは面白い。酔いのリズムが音のリズムにシンクロすると、心地よくずるずると飲み進んでしまう。こいつは結構危険なお酒?


その他のリクエスト:トム・ウェイツ「スウォードフィッシュトロンボーン」、ライ・クーダー、 サザン「真夏の果実」、小沢健二「球体の奏でる音楽」、ジョアン・ジルベルト、ジルベルト・ジル、イーグルス「テイク イット イージー」、ひょっこりひょうたん島、など

わりとピンポイントの曲やアルバムでのリクエストが多かった。


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

夏らしく・・
もぎたてきゅうりを「青唐辛子みそ」と「トカラーゼ」をつけて
e0155154_13351951.jpg


冷奴に「食べるラー油」と「きびなごの塩漬け」をのせて
e0155154_1336574.jpg


代々木上原「アトリエ・ベック」さんのオリーブマリネ
e0155154_13365741.jpg


京都の「桜じゃこ」をごはんにのせて
e0155154_13382784.jpg


【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

ほうれん草のクリーム煮、ブダイの刺身、たくあん、ほうれん草のおひたし、ドライフルーツ、ねぎま、いわし明太子、かまぼこ(わさび醤油で)、パイナップル、マンゴー、怖い顔の魚を厚切りの刺身で、味付けの薄い(塩系)の鳥料理、など


【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ、生姜、梅ザラメ、白ザラメ


【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:楽しく飲めます!
A:ストレートがいいね!
A:すっきりしているので毎日でも飲めそうな泡盛でした。
A:20度のイメージが勝手に強くなって、いくらでもいける!的な感じでおいしかったかも?!
A:飲みやすさバツグン!なんでも合いそうなバイプレーヤー的な性格
A:夏に飲むにはよいかも。アルコール低くて、ロックとかソーダ割りで飲むのがおすすめだぜ!お湯割りなんて飲みたくないぜ!
A:非常に飲みやすいが度数が低いので比較しにくい
A:旨いけど20度はインパクトよわい
A:バランス良くて長ーく飲めそう。劇的な味の変化はない。
A:意外と武骨なストレート&ロックなのに、割ると何だか骨がなくなる?



日時:2010年8月26日
参加人数:11名

もっと泡盛を日常に!

★第一期のヘリオス酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/9451376/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム by 泡盛部

http://www.ustream.tv/recorded/9156924
[PR]
by awamoribu | 2010-08-27 13:56 | 轟:ヘリオス酒造
第二期泡盛部・検証結果 ⑦
今宵「まるだい」でスカイハイ
相性音楽:ジグソー「スカイ・ハイ」

妙にグラフィカルな絵と筆文字が不思議な味を出しているラベル。
e0155154_19344251.jpg

「大」の字がかわいいキャップ
e0155154_19352984.jpg

BGMはこちらに決定
e0155154_19361043.jpg


★こちらをBGMにどうぞ!(ほんとにYOUTUBEって何でもある・・・)


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ストレート(4名)
1位:ロック(4名)
1位:水割り(4名)
4位:お湯割り(1名)

なんと、見事に三分割。真夏ということでお湯割り劣るのは仕方ないところかと。コメントとしてはストレートは力強く・ロックで甘み・水割りで爽やかという感じ。3種3様の良さがあるということは、バランスがよいということか。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎ジグソー「スカイ・ハイ」
・ティアーズ・フォー・フィアーズ
・ヒューマン・リーグ
・スタイル・カウンシル
・ホール&オーツ
・夏木まり
・エディ・コクラン
・ヴァン・ヘイレン
・スティービー・ワンダー
など

誰もが一度は耳にした事のある、そして「彼」を思い出さずにはいられない曲。ストレートでもロックでも水割りでもいける「まるだい」は泡盛界の”仮面貴族”と呼べるかもしれない。仮面貴族:ミル・マスカラスの入場テーマソングが「スカイ・ハイ」である。


その他のリクエスト:マイアミ・サウンド・マシーン、田原俊彦、憂歌団「サマータイムブルース」、ジプシーキングス、渡辺美里@西武球場、シュガーロス、久保田真琴、細野晴臣、細川たかし「北酒場」、植村花菜 など


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

毎度お馴染みKさんからの差し入れ。いつもありがとうございます!
スモーク大根。つまり「いぶりがっこ」ですな。
e0155154_2047660.jpg

升本屋の女将から「かぼちゃのサラダ」の差し入れ
e0155154_20483373.jpg

Iちゃんから2品
わさび&てりやき味のマカダミアナッツ。正直微妙w
e0155154_20492894.jpg

浅漬け
e0155154_20502076.jpg

Nさんから「ぺこちゃん焼き」と新入部員Hさんから福井の銘菓
e0155154_20512294.jpg


升本屋からは、冷奴と毎度お馴染み「とりこ」でした
e0155154_2052198.jpg

e0155154_20522169.jpg


【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

金目の煮付け、わかめラーメン、焼き魚、醤油のきいた和風のごはん、鯛の中華風、タイ料理などのエスニック、さっぱりしたもの(カルパッチョとか)、塩こぶ+クリームチーズ、酢の物(ヌタ)、冷や汁(薬味&胡麻たっぷり)、ところてん(黒酢)、スパイシーなもの、甘いもの(栗羊羹・ぜんざい)、マッシュルームオムレツなど

意外とみなさんピンポイントw


【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
まんべんなく良かった様子。


【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:飲み方やシーンによってBGMが色々浮かぶ
A:はじめの印象よりもおいしさが広がる
A:断然ストレートが良いです
A:泡盛で世の中をサンライズして欲しいものです
A:シンプルだけど飲み飽きない。元々好きな泡盛です。
A:のんびりしててよい
A:しょっぱなから飲む事のない分、味がどかんと来た。比較するものが少ないが、ちょっと苦手な感じ。
A:変化の多い泡盛でした。
A:すすむ。飲みやすい
A:ひと汗書いたあとに、水割りでごくごく飲んでみたい。ソーダ割り向けか?
A:割った方が飲みやすい泡盛。カクテルのベースにいいのかも。
A:バランスが良い酒で、上質なスピリッツを思わせる

日時:2010年8月12日
参加人数:14名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の今帰仁酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/9091057/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム by 泡盛部

http://www.ustream.tv/recorded/8877150
[PR]
by awamoribu | 2010-08-18 21:08 | まるだい:今帰仁酒造
2010年6月にスタートした「泡盛部 第2期」。
第6回を終えたところで一回目の総括会を開催。

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第1回から6回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

まずは乾杯でスタート。
e0155154_12433380.jpg



お酒が入って少し和んだころに「仕次ぎの儀式」。
この6種類がカメに収まって行きます。
e0155154_12451499.jpg

部員みんなで少しずつ入れていく。こうしてみんなでやるとみんなの「気」が入ってきっとおいしくなる。一銘柄入れる毎にひと盛り上がりでテンションが上がっていきます。
e0155154_12461022.jpg
e0155154_12455453.jpg

e0155154_12463091.jpg


フードは持ち寄り(500円以内)。
テーマは「暑」。
それぞれの「暑」をテーマにした、いま食べたいものを持ち寄り。

バラエティーに富んで楽しいです。
e0155154_12485474.jpg

e0155154_1249739.jpg

e0155154_12492046.jpg

e0155154_12494339.jpg


今回は部員のY子さんが、「冷や汁」を作って来てくれました!
冷や汁というと宮崎はじめ、九州の家庭料理の印象ですが、東京っこのY子さんの家でも普通に
夏の食卓にあがっていたそうです。
久しぶりに作ったとのことですが、味噌仕立ての中に甘さと酸味と胡瓜の風味があいまったさっぱりとした味で、確かに食欲がなくてもいけちゃう「夏の一品」でした。

ただ、写真でみると・・・(苦笑)
e0155154_1255973.jpg

e0155154_12554098.jpg


泡盛のロックや水割りで楽しみたい料理ですね!
Y子さんありがとうございます。

デザート的アイテムも泡盛はOK
e0155154_12565511.jpg

久しぶりに食べたけど意外と旨いこれ
e0155154_12581146.jpg



エントリーされた泡盛はこの通り。
各回ごとのセレクテッド・ミュージックも展示&もちろんかける。
e0155154_12585867.jpg

e0155154_12591840.jpg

e0155154_12593624.jpg

e0155154_12594921.jpg

e0155154_130445.jpg

e0155154_1301785.jpg


音楽はやっぱり不思議なもので、BGMとお酒がシンクロしてその回の記憶が蘇ってくる。
泡盛部で音楽を選んでもらうのは、「五感で楽しむ」という狙いです。
お酒は「目・鼻・口・触」で楽しむものですが、【耳】だけが抜けています。
このお酒から連想する音楽がBGMとして流れて、それも含めてお酒を楽しみ記憶するという試み。
こうやって復習してみると、その感覚が実感として感じられます。

「あのときのあの酒」
こんな記憶の襞が多くなればお酒の楽しみ方も幅が広がります。

総括会参加の部員には、エントリーされた6種の中から、味部門・ラベル部門で1〜3位を選んでもらっています。集計をとって、一番得点の多かったものがこのエリアの1位となり「アワモリアワード」のステージにあがります。

その結果発表は次回の総括会にて!
[PR]
by awamoribu | 2010-08-11 13:07 | 総括会
第二期泡盛部・検証結果⑥
「國華」is ロック
相性音楽:ドン・ヘンリー 

津嘉山酒造さんでは、3合瓶と言われるボトルを造っていないので一般酒がこちらになります。
e0155154_19154147.jpg

キャップもこんなプラスチックのもの。
e0155154_19161888.jpg

音楽はこちら
e0155154_19163762.jpg


★こちらをBGMにどうぞ!懐かしいベストヒットUSAの映像です。


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック(6名)
2位:お湯割り(3名)
3位:ストレート(2名)
3位:水割り(2名)

甘みと辛みが同居していて、あとくちすっきりで爽やかという印象の意見がが多かったです。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎ドン・ヘンリー「ボーイズ・オブ・サマー」
・アントニオ・カルロス・ジョビン
・イーグルス「ニュー・キッズ・イン・タウン」
・スチャダラパー feat.ゴンチチ
・坂本龍一
など

ドン・ヘンリーとイーグルスという同族?対決になりましたが、それぞれの曲がピンポイントでの対決だったので、「ニュー・キッズ〜」のフォーキーなムードよりももう少しドライでシャープな感じかということで「ボーイズ・オブ・サマー」に軍配。甘さと切なさが同居したサウンドは、ロックにして独り楽しむ雰囲気か。


その他のリクエスト:初期デュランデュラン、カエターノ・ベローソ、ZABADAC、憂歌団の「サマータイム」、ライ・クーダー、サザンの「ミス・ブランニューデイ」、鉄骨飲料の曲、爽健美茶の曲、島唄、男性ボーカル、ハードロック、静かめな曲、パキッとした曲など


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

「差し盛り」(差し入れ盛り合わせ)
e0155154_19415170.jpg


Kさんの差し入れ「からし蓮根」
e0155154_1943979.jpg


K兄より、山形の名物「だし」with 豆腐
e0155154_19435081.jpg


升本屋特製「しぐれ豆腐の四川風辛煮込みかけ」
(下に冷たいお豆腐をしぐれ状にしたものが入っています)
e0155154_19455889.jpg

こんな風に。ハラペーニョのピクルスを少々アクセントに入れてます。
e0155154_1947477.jpg

これを炒めて
e0155154_19483529.jpg

こうなって
e0155154_1949391.jpg

最後に噂の「食べるラー油」をどばっと混入して出来上がり。
豚肉の脂が甘くおいしくラー油に含まれるスパイス類が絡みあって美味。
大好評でした。
e0155154_1950286.jpg



【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)
鯛の刺身、うなぎ(うざく)、梅きゅう、冷奴、キムチ、枝豆、サラダ、きゅうりの浅漬け、ざるそば、温野菜、白身魚のカルパッチョ、さしみこんにゃく、ピリ辛きゅうり、あじのたたき、なすの湯べしなど


【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ・多胡麻・きび砂糖・黒糖・生姜
王道が人気?


【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:全体的に香りが薄い、軽い感じ
A:飲みやすいのですが、、いまいちインパクトに欠ける感じでどれを飲んでも「よくわからない」というのが正直な感想です。
A:どの飲み方もアルコール度数以上のものに感じます
A:あっさりしていて夏向きの印象ですな。旨し!!
A:淡白な感じでクセが無い?ような。
A:おいしかった
A:國華を意識して飲んだのは初めてでしたが、飲み方によって表情が変わるおもしろいお酒だと思いました。
A:クセはあまり無いと感じられ飲みやすくてGOOD
A:水割りでゆっくり飲みたい泡盛かなー。でも色々変化してつかみづらい泡盛でした。
A:水で割ると性格が変わるのが面白かった。
A:戦前からの蔵で造られてるとのことで、ライトなわりにコシを感じます!イケます。


日時:2010年7月22日
参加人数:14名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の津嘉山酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/9202538/


★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム 
http://www.ustream.tv/recorded/8435124
[PR]
by awamoribu | 2010-08-04 20:02 | 國華:津嘉山酒造