「ほっ」と。キャンペーン

もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


注:今回の部活動の直前に「まるた」と「山原くいな」は同じものだということが発覚!(蔵元さん談) しかしながら、ボトルの個体差や詰め日の違いによる味の変化もあるのではないかということでそのまま検証することにしました。

第二期泡盛部・検証結果③-2
「山原くいな」は、HOTなお湯割り。
相性音楽:ボズ・スキャッグス

e0155154_1791180.jpg
e0155154_179313.jpg
e0155154_1795296.jpg


★こちらをBGMにどうぞ!



【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:お湯割り(11名)
2位:ロック (4名)
3位:ストレート(3名)
3位:水割り (2名)

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎ボズ・スキャッグス
・G LOVE & SPECIAL SAUCE
・ボブ・マーリー
・バッファロー・スプリングフィールド
・スティービー・レイヴォーン
・スティービー・サラス
など

その他のリクエスト:ライ・クーダー/ジョン・マクローリン/レス・ポール/ヴォーン・ブラザース/ドナルド・フェイゲン/スティーリー・ダン/サイモン&ガーファンクル(「スカボロフェア」)/ラリー・カールトン/スライドギター系/ギターフュージョン/トランス/炭坑節

全体的にギターサウンド、AOR系の方向性&フォークという感じ。


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

K部員の差し入れ「おこげせん」と部長の差し入れ「揚げ蚕豆」
e0155154_17234179.jpg

阿佐ヶ谷の「SUGAR ROSA」の手作りピクルス
e0155154_1723535.jpg

K子さんの最近のお気に入りのふくらんだおせんべい
e0155154_17242037.jpg

K兄とTちゃんからの差し入れ。日本橋三越の「めんそーれ展」にて購入
e0155154_17245066.jpg

大阪より出張中だった新入部員のMさんからの差し入れ
e0155154_1725926.jpg

本日のメインディッシュ「朝採りキャベツの丸ごと蒸し ソーセージ添え」
e0155154_1725228.jpg
e0155154_17253422.jpg


【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

茗荷など、味が強い香味野菜をのせた豆腐・白身魚・醤油味の煮物・スモークサーモン・鯛や平目の刺身・甘いもの・しょっぱいもの・ぬた(ホッキ貝か何かで)・ラフテー・青菜の塩炒め・サバの大根おろしのせ・インドカレー

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ・多胡麻・きび砂糖・生姜・七味・黒こしょう
(生姜・塩みつの人気が高かった)

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:まるいストレート、甘い割もの
A:常備酒には厳しいかな。たまにはいいかも。
A:先週と同じく飲み方がどれでも良いですね。
A:全体的にゆるい感じのお酒でした。甘いです。
A:香り強い。
A:ほんとに「まるた」と同じなのかなー。「まるた」の方が好き。ラベルの【気】が味に影響してるのではないか?
A:苦辛い。2周目の方がまろやかな気がする。
A:飲み方で色々楽しめていいっす。
A:ごちそうさまでした。
A:とにかく辛く感じる!!
A:疲れていて味がよくわからない。体調は大事だね。

日時:2010年6月24日
参加人数:21名


この日は、日本橋三越の「めんそーれ展」のために来京している【神村酒造】の中里さん、【久米島の久米仙】の仲宗根さん、【(株)琉球バイオリソース開発】の安藤さんが入部してくれました。
それぞれ、差し入れをお持ちくださいまして、本当にありがとうございます!!
(念のため、内容&写真は公開いたしませんのでご了承ください)


これだけ。この中にいいものが入ってました!
e0155154_17544767.jpg



もっと泡盛を日常に!

★第一期の田嘉里酒造所の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/8876219/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム(番組名:東京 世田谷 升本屋となっています。設定を間違えてしまいました)

http://www.ustream.tv/recorded/7861988
[PR]
by awamoribu | 2010-06-27 17:56 | まるた/山原くいな:田嘉里酒造
第二期泡盛部・検証結果③-1
「まるた」は、ロック。
相性音楽:高中正義

e0155154_13431392.jpg
e0155154_13432334.jpg

e0155154_14195788.jpg


★こちらをBGMにどうぞ!


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック (10名)
2位:ストレート (3名)
3位:お湯割り(2名)
3位:水割り (2名)

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎高中正義 (BLUE LAGOON)
・大瀧詠一
・TOTO
・ジョイス
・ブレッド&バター
など

その他のリクエスト:レッチリ/リビング・カラー/小沢健二/竹内まりあ/小林麻美/セルジオ・メンデス/バリー・マニロウ/小野リサ/ジプシー・キングス/ドナルド・フェイゲン/シャカタク/パット・メセニー/ノラ・ジョーンズ/松田聖子(夏の扉)/東京音頭/歌謡曲/ハードロック/交通情報系/ウェザーリポート系

音楽のジャンルとして「交通情報系」/「ウェザーリポート系」というのが出てきました!
なんとなくそれで通じちゃうところが面白い。

【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

Mさんからの広島土産
e0155154_13534555.jpg

Kさんからの差し入れ
e0155154_1354238.jpg

人参の天日干し。ちょっと時間が短かった・・。
e0155154_13542785.jpg

店長がお土産でいただいたエクアドルバナナ。升本屋に入荷した朝採りのズッキーニ。
e0155154_13544178.jpg

それぞれ素揚げにして。バナナは塩砂糖で。
e0155154_1355074.jpg

ズッキーニは梅醤油とOさんが持ってきてくれた「かつおぶし」で。
e0155154_13551239.jpg

e0155154_13553882.jpg

長野の味噌漬け生姜と大根
e0155154_13555443.jpg



【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

グリーンペッパーを使ったもの・ハラペーニョのピクルス&何か甘いもの・胡麻和え・スモークサーモン・白身魚・和食・煮物・煮魚・あなごの白焼き・豆腐料理・精進料理・しゃぶしゃぶ・牡蠣の土手鍋・すき焼き・やりイカのペペロンチーノ ブロッコリー添え・チーズ・枝豆・鳥すき・やりいかのマリネ・肉・カレー・シーフードお好み焼き・アスパラ(マヨネーズで)・オニオンリング・焼き茄子

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ・多胡麻・きび砂糖・黒糖・白ザラメ・梅ザラメ・生姜・七味・わさび・黒こしょう
(黒糖と多胡麻の人気が高かった)

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:ちょっと石垣系の味がした
A:程よく辛口で夏にいい感じ
A:先に家で「忠孝」飲んでたから、物足りなさはいなめない。全体的に軽いのかな。
A:前回の常盤の甘いイメージがあり、全体的に辛い感じ。でもうまい。
A:やっぱり好き〜!!本日の「まるた」は当たりです!(時にボトルによって味が変わる気がする・・・)一生飲み続けたいシマです!!お料理と一緒でも、お酒だけでも楽しめます!
A:初の泡盛なのでどんなもの(味)かと思っていたけれど、想像していたより呑みやすいのかなぁ??と感じた。
A:「まるた」はいつも飲んでますが、改めておいしい泡盛だと思います。包容力のある泡盛。邪魔をしない味なので、味が淡白なものも、逆に濃い味のものも合うと思います。
A:どの飲み方も「アリ」なのが困る〜。
A:気だてのいい娘♪ イパネマの娘?!
A:先週(常盤)のがおいしいと思って、本日のは軽く感じました。泡盛は度が強いお酒だと思っていましたが、これはとても飲みやすい!!泡盛を飲み続けると長生きするのでしょうか??
A:やさしいお酒。みんながほんわかするような。PEACEFULな泡盛。
A:とても飲みやすかったです。暑い季節向きな気がします。
A:結構好き。オールマイティー。
A:柑橘系の絞り汁と炭酸水が合いそう。今日の気温が高い故か夏モード満載。
A:飲み方でそれぞれ楽しみが。

日時:2010年6月17日
参加人数:17名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の田嘉里酒造所の様子はこちら。
(前期は「山原くいな」のみでした。「まるた」は参考商品として登場。)
http://awamoribu.exblog.jp/8876219/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム
http://www.ustream.tv/recorded/7716254

(音声が大きすぎて音がやや割れております)

おまけ画像。
どこかから飛んできた「ヤマダデンキ」のキャラクターバルーン。なんかHAPPYです(笑)
e0155154_14212478.jpg
e0155154_14214123.jpg
e0155154_1422925.jpg
e0155154_14222569.jpg
e0155154_14224789.jpg

[PR]
by awamoribu | 2010-06-21 14:25 | まるた/山原くいな:田嘉里酒造
第二期泡盛部・検証結果②
「常盤」は、ロックだ。
相性音楽:THE BEATLES

e0155154_15455876.jpg

e0155154_15465923.jpg

★こちらをBGMにどうぞ!


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック (7名)
2位:お湯割り (4名)
2位:ストレート (4名)
4位:水割り (3名)

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎THE BEATLES
・燃えよドラゴン(サントラ)
・情熱のラテン・デラックス(コンピ)
・ベティー・ブルー(サントラ)
など。

その他のリクエスト:押尾コータロー/難しい音楽/小沢健二/インストもの/まったり系/たま 「さよなら人類」/加藤茶 「ちょっとだけよ」/ジャズ/スターダスト・レビュー/ワルキューレ/カルメン/ロイ・オービソン「oh! pretty woman」/COCCO/クラッシュ 「stay free」/甘い感じの音楽/POPS/ピアノ曲/ビートルズ 「tomorrow never knows」/パーソンズ

ばらっばらでした(笑)

【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

Mさんの静岡土産
e0155154_155744.jpg

Kさんの差し入れとK子さんのお気に入り
e0155154_1611072.jpg

e0155154_161412.jpg

店長の親戚からの上海土産。味付け大豆ミートみたいなもの。刻み生姜をのせて。
e0155154_1612356.jpg

e0155154_162402.jpg

升本屋の夏の定番「千葉の内山さんのたまねぎ」をまず蒸して
e0155154_1644884.jpg

刻んでから豚肉の薄切りをかぶせて、バジルを散らして再度蒸す。
e0155154_1654355.jpg

塩漬けケッパーをまぶして出来上がり
e0155154_1662231.jpg

16くんの新婚旅行のトルコ土産
e0155154_167398.jpg

アニス系のお酒と
e0155154_1675053.jpg

トルコ版ぼんたん飴 (青リンゴ味)
e0155154_16726100.jpg




【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

中華、パスタ、和菓子(桜餅)、スパイスやハーブの強いもの、煮物、甘辛い系、ポテトチップ(コンソメ・わさび)、たこのお刺身、魚貝類の串焼き、ベトナム料理、インド料理、すずきのムニエル、豚の角煮中華風、唐揚げ、どんぐり、筑前煮、ソース焼きそば

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ・多胡麻・きび砂糖・黒糖・生姜、七味、わさび
(きび砂糖の人気が高かった)

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:難易度高し!!でもうまく割れば朝までの見続けられそうなポテンシャルだと思った。ストレートでも置いておくと開くし、ロック・水割りも「この濃度!」というポイントがある。と思う。
A:よくわかりませんでした
A:久しぶりに飲んだせいか、強烈な刺激感があり&今までにない味わいでした。どちらかと言えば得意分野じゃない部類かな・・・。
A:基本的に好き!時間の経過で味が変わる気がしました。ロック or 氷入りの5:5の水割りがおいしい。
A:全体的に甘い感じ。そういえば少しねっとりした感じがある。ソフトな泡盛。少しピンぼけかもです。ラベルのカメがカラスの見えます。
A:雨上がりとよく合うね〜
A:泡盛部楽しいですね。初めての経験でした。利き泡盛?というのでしょうか・・。泡盛をこのように飲むことがなかった。おいしかったです。emoticon-0152-heart.gif
A:飲み方、割り方によって味がすべて違う。氷を入れた冷たい水割りが一番飲みやすい。
A:甘みが強い泡盛
A:「日の出」「亀」「鶴」「稲穂」と縁起物を揃えてゴージャスなラベル。
A:意外とするっとした印象で、ストレートでくいくい行けちゃう。行きたい。気付いたら寝てたい。
A:まとまった味でありながら、ねっとりとしたコクがある。(イメージはもっと暴れん坊だった。勘違い?)
A:のみやすくて、ずっと飲んでいられる泡盛だと思った。
A:久しぶりだったけど飲みやすかったです。
A:普段甘いものをあまり食べないけれど、このお酒を飲むと食べたくなる。食事と一緒に飲みたくなるお酒。また色々飲んでみたいです。
A:割り方で味がよく変化するなと思いました。
A:ねばりっ気を打ち消す対極的な飲み方がよいです。
A:おいしくいただきました。

日時:2010年6月10日
参加人数:20名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の伊平屋酒造所の様子はこちら。

http://awamoribu.exblog.jp/8869599/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

http://www.ustream.tv/recorded/7562220

(音声はありません。次回の課題です)
[PR]
by awamoribu | 2010-06-15 18:10 | 常盤:伊是名酒造所
第二期泡盛部・検証結果①
「照島」は、お湯割り。
相性音楽:LITTLE TEMPO



e0155154_23204476.jpg

e0155154_2321228.jpg

★こちらをBGMにどうぞ!


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:お湯割り (7名)
2位:ロック (6名)
3位:ストレート (3名)
4位:水割り (0名)

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎LITTLE TEMPO
・チエコ・ビューティー
・チボ・マット
・ボブ・マーリー
・キングクリムゾン
・ロック・ステディーのコンピ
など。

思いがけずジャケットがどれもイラスト!!
e0155154_23361655.jpg


その他のリクエスト:泥臭い感じ/FUNK/SOUL/SAM&DAVE/SLY&THE FAMILYSTONE/杏里/QUEEN「ボヘミアン・ラプソディー」/PERFUME/パティ・スミス/ムーンライダース/JUNK FUJIYAMA「秘密」/土岐麻子「都会」/レベッカ/坂本冬美/南佳孝/初期の細野晴臣/久保田真琴/小松政夫/スティールパンを使った音

【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

e0155154_23443410.jpg

e0155154_23444843.jpg
e0155154_234527.jpg
e0155154_23451990.jpg
e0155154_23453465.jpg
e0155154_23454964.jpg

e0155154_23461140.jpg

生空豆を宮古島産のニンニクと信州産のアスパラと炒めました。
e0155154_23463174.jpg


【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

とんこつラーメン・土佐煮・お好み焼き・白身魚・温野菜・鶏肉・醤油で煮たもの・鯵の南蛮漬け・明太子・うなぎの白焼き・温泉卵・黒糖空豆・そば(太いの)・かつおのたたき・キュウリ・卵かけごはん・塩味の強いもの・カレー・塩ラーメン

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
塩みつ・多胡麻・きび砂糖・黒糖・梅ザラメ

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:七変化
A:複雑
A:飲み方でこれほど悩んでしまうとは・・・
A:楽しかったです。ありがとうございます。
A:もっと香りの強いのがいいです。
A:飲み方で色々味が変わる一番典型的な泡盛かもしれない。
A:飲み方によって味がとても変化する不思議な酒。個人的にはお湯割り。
A:第一回目、伊平屋酒造楽しみにしてました(実は)。地域柄、ハブ漬け泡盛はあるのか!?
A:酒は呑んだら呑まれる系です、ということでサイコー
A:またよろしくねん!
A:ロックが一番!!でも気がついたらだまされそうでス!悪い女ってコトで。
A:のみやすい。
A:のみやすいです。泡盛初心者にもすすめられると思います。
A:どの飲み方でもしっかりとした表情があり、とても魅力ある泡盛だな。

日時:2010年6月3日
参加人数:16名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/8869598/
[PR]
by awamoribu | 2010-06-10 00:12 | 照島:伊平屋酒造所
2008年10月にスタートした「泡盛部」。
全48回と8回の総括会を終えて、初の「大総括会」。

8エリアに区切って開かれた総括会の、それぞれのエリアでの「味」「ラベル」第1位の泡盛を並べ、テイスティング後に投票。各部門の上位3銘柄を選出。
1位の泡盛が「第一回泡盛部 アワモリアワード」の大賞となります。

e0155154_1635713.jpg


いつもの総括会通り
部員Aさんセレクトによる泡盛部のセレモニーソング、
ヴィヴァルディの四季より「春」で総括会スタート。
e0155154_23585627.jpg


e0155154_15395167.jpg


これまでの48蔵全部の空瓶をずらり並べ、BOXには各エリアのチャンプが、ミュージックマッチングで選ばれたレコードと共に。
e0155154_15403853.jpg

そして、ひさしぶりの「かりんとう文字」。
e0155154_1541023.jpg


なにはともあれ乾杯でスタート
e0155154_1544577.jpg


エントリーされた泡盛は下記の通り。
*( )内の数字は銘柄数

【本島北部 前半(7)】

・味: 照島 (伊平屋酒造)

・ラベル: まるた (田嘉里酒造)

【本島北部 後半(4)】

・味: 龍 (金武酒造)

・ラベル: 轟 (ヘリオス酒造)

【本島中部(5)】

・味: 一本松 (北谷長老酒造)

・ラベル: 琉球 (新里酒造)

【北那覇(8)】

・味: 久米島 (米島酒造)

・ラベル: 瑞泉 (瑞泉酒造)

【本島南部(7)】

・味: 忠孝 (忠孝酒造)

・ラベル: 久米仙 (久米仙酒造)

【宮古島(7)】

・味: 宮の華 (宮の華酒造)

・ラベル: 宮の華 (宮の華酒造)

【八重山 前半(6)】

・味: 宮之鶴 (仲間酒造所)

・ラベル: 宮之鶴 (仲間酒造所)

【八重山 後半(4)】

・味: 泡波 (波照間酒造所) 

・ラベル: 与那国 (崎元酒造所) 

BGMに合わせながら、着々と飲み進んで、コメントを書きながら皆真剣に順位を決めていきます。
e0155154_1681195.jpg


一通り飲んだあたりで、フードの用意。

今回のメインフードは「カレー」。
泡盛を飲んでいるとカレーが食べたくなるという声が上がることがしばしばあったので、
この日のための特製ジャンボカレーを作りました。


じゃん!
e0155154_1691990.jpg


そのほか、皆さん思い思いの差し入れを。ありがとうございます!
e0155154_161019100.jpg

e0155154_1611349.jpg
e0155154_16111880.jpg


さて、宴もたけなわ。
開票です!

味・ラベルの各部門につき
1位=3点
2位=2点
3位=1点
として、点数を加算していき、最も多いものが大賞です。
e0155154_1615312.jpg

e0155154_16123489.jpg


予想以上のデッドヒートの結果!
e0155154_16153861.jpg


味部門の大賞は・・・【忠孝】
e0155154_1616596.jpg


味部門
1位・・・忠孝 (25点)
2位・・・宮の華 (24点)
3位・・・宮之鶴 (21点)

★「泡波は希少銘柄で正規価格にて手当がつかなかったため、今回のテイスティングにはエントリーされませんでした。)

ラベル部門の大賞は・・・【まるた】
e0155154_1629429.jpg


ラベル部門
1位・・・まるた (25点)
2位・・・宮之鶴 (22点)
3位・・・宮の華 (15点)


大賞決定後は皆思い思いに盛り上がり、
e0155154_16243740.jpg
e0155154_16245363.jpg
e0155154_16251863.jpg
e0155154_16255450.jpg


最後は乾杯!!
e0155154_16261581.jpg


泡盛部の活動の基本は、あくまでも「もっと泡盛を日常に!」です。
泡盛の楽しみ方の可能性を広げ、より多くの方に日常的に泡盛に触れてもらうためのフィールドワーク的な活動です。
ただの飲み会ではなく、ちょっと学ぶこと、ちょっと考えること、言葉を紡ぐこと、音楽をイメージすること、
そんな風に「真面目に遊ぶ」ことで泡盛の魅力に触れていく活動です。

「日常化」というのは、実は最も難しいことかもしれません。
当たり前に存在になるということは、連続性や継続性が必要です。

全48蔵の一般酒を制覇するというのは、ひとつの目に見えやすい道標で、これは通過点に過ぎません。
2010年6月3日より、また新鮮な気持ちで第2期をスタートします。
新しい出会い、感覚、可能性が常に広がっていきます。

でも、ひとまずこれまでご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


部員Aさんによる泡盛部公式”裏”ブログ
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-294.html

★Aさんは、1年半に渡る泡盛部第一期、最も参加数が多く、参加した回は必ずブログにアップしてくださいました。
公式ブログとは違った視点、アカデミックな観点からのレポートは、「泡盛部の良心」ともいうべき存在です。
心より感謝申し上げます。
[PR]
by awamoribu | 2010-06-02 16:44 | 総括会