もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2008年10月にスタートした「泡盛部」。
第16回を終えたところで3回目の総括会を開催。

総括会の目的は3つ。

①復習と補習
期間毎(今回は第12回から16回まで)の泡盛を全部揃え、復習したり、参加できなかった回の泡盛を飲んだりする。

②アワモリ・アワード
出品酒の中から「おいしかったものベスト3」と「ラベルデザインの好きなものベスト3」を投票。

③仕次ぎの儀式 (★厳密には「仕次ぎ」ではありませんが・・)
出品酒を200ccずつ甕に入れてブレンドして寝かせる。

この3つをやって盛り上がる。
↑これが一番の目的。
泡盛は楽しいお酒ですからね。

今回の総括会は第12回目から16回目までの5蔵5銘柄。

部員Aさんセレクトによる泡盛部のセレモニーソング、
ヴィヴァルディの四季より「春」で総括会スタート。
e0155154_23585627.jpg



今回はスターターに前回の「アワモリ・アワード」の優勝酒をご用意。
でも、ブラインドです。
かるーくブラインド・テイスティングで盛り上がります。

前回の「アワモリ・アワード」のエントリーは【轟】【龍】【萬座】【松藤】
まずはその結果発表。

e0155154_1775539.jpg


投票してもらった各部門のベスト3を、1位(5点) 2位(3点) 3位(1点)として集計。それを参加人数で割った数値にて決定します。

第8回から第11回までで

「おいしかったもの」1位は・・・・・【龍(たつ)】


「ラベルデザインの好きなもの」1位は・・・・・【轟(とどろき)】


総合では・・・第1位: 【龍(たつ)】第2位: 【松藤(まつふじ)】第3位: 【轟(とどろき)】 が選ばれました!

48蔵終了時点でどのような結果になるか、いまから楽しみです。

さて、今回のエントリーと音楽はこちら。

e0155154_1721856.jpg
e0155154_1721235.jpg


e0155154_17213853.jpg
e0155154_17215668.jpg


e0155154_1722857.jpg
e0155154_17222191.jpg


e0155154_17224158.jpg

e0155154_17231876.jpg


e0155154_17233464.jpg
e0155154_17234710.jpg


今回は味のタイプが様々で面白かった。
スーパーライトタイプから、沖縄唯一の混和、正統派、本格派など。
音楽のセレクトはその酒のイメージというよりも、その会の雰囲気で選ばれたという感じが強い。
どの曲も耳障りがよく、楽しい気分になるBGM。

ひと通り全部かけた後に、リクエストを募ったところ「アラニス・モリセット」という声が挙がったので、かけると、
彼女のエネルギッシュな声はまるで春の新緑のダイナミズムのように部室を盛り上げたのでした。


お酒がなくなる前に「仕次ぎの儀式」
e0155154_17585875.jpg


e0155154_1813015.jpg


みんなで手を合わせて愛情込めて注入。

今回もフードは持ち寄り。
500円以内で「新緑」をテーマにして、お手製のものからいただきものまで色々。

では、部員Gmちゃんのハイセンスな一品から一挙公開!(わざわざ紐をかけてきたのです)
e0155154_1843545.jpg

e0155154_1854951.jpg

e0155154_186796.jpg

e0155154_1863080.jpg
e0155154_18642100.jpg
e0155154_1865585.jpg
e0155154_187540.jpg
e0155154_1872171.jpg
e0155154_1873544.jpg
e0155154_187477.jpg
e0155154_1875794.jpg
e0155154_188899.jpg
e0155154_1882183.jpg
e0155154_1883360.jpg


ひと通り食べたら「ご飯が欲しい!!」となって急遽「寿司ダイニング 島」さんへTELして島寿司50貫!
e0155154_1810371.jpg


総括会はアガリマス。
e0155154_18103028.jpg


最後はしっかり「アワモリ・アワード」に投票。

e0155154_18111164.jpg


全48蔵のうち1/3が終わりました。
さぁ、また旅の始まりです。
[PR]
by awamoribu | 2009-04-28 18:13 | 総括会

【一本待つ?】

・日時:2009年4月16日
・参加人数:12名
・銘柄:一本松(いっぽんまつ) 
・おつまみ:かりんとう かもめの玉子 きのこのパテw/クラッカー カマンベールチーズ ブリーチーズ
三軒茶屋・濱田屋さんのパン 豆いかを使ったトマトリゾット 

第15回目は、北谷長老酒造さん。
泡盛通にも人気の高い蔵。数年前までは玉那覇酒造”工場”という名称でした。ちなみにいまの杜氏さんの名前は玉那覇徹さん。
人気の高い「北谷長老」という銘柄をそのまま蔵の名前にしたのは、ブランディングもあるでしょうが、もしかしたら沖縄県内にもうひとつ「玉那覇酒造”所”」というところがあるからかもしれません。
真相はわかりません。
「北谷長老」が人気の高い銘柄だけに逆に一般酒の「一本松」に目が行かずにいる方も多いかもしれません。そんな意味でも一般酒を楽しむのは面白いことです。

e0155154_143685.jpg


潔い印象ですが、紫というのが斬新!
色々並んでいると見落としがちかもしれませんが、実は結構なインパクト。

キャップはパブリックタイプ。
e0155154_153250.jpg



★ストレート:芳醇で華やかな香りを持っている。穀物感とフルーティーさが同居している。アルコール感に若干の強さを感じるが総じて甘みがあり、後味も心地よい。栗のような甘みという意見も。

★ロック:香りは全体的には引いてくるが、フルーティーな香りが引き立つ。甘みが増して後味すっきりという意見と後味に苦味を感じる、や、後味が甘いという意見も。

★水割り:割りたては印象が薄くなるが、水と馴染んでくると旨さが立ち上がってくる。時間が経つと印象が変わる。

★お湯割り:アルコールの立ち方が際立つ。これを好むか好まぬかにわかれるが、時間が経つと水割り同様に馴染んでくる。アルコール感の強さからか辛口の印象になる。

全体的な意見としては、それほどファーストインパクトはないけれど、時間が経つと味が変わってくる、その変わり具合が好印象という感じ。

好みの順位も本当にばらばらで、順位を考えるタイミングでフィットしたものを上位にした感じ。
インパクトを重視したか、変化を重視したか、その中に垣間見える本質を重視したか、はたまた適当か。
それぞれの真意はわかりませんが、逆にみるとそれだけいろんな側面をもつ泡盛ということ。
オールマイティーな横軸だけでなく、時間による変化という縦軸にも広がるのは面白い。

ちなみ今回、コントレックスは「合わない」との意見多数。
ぶつかってしまうようです。
この関係性も面白いです。

・・・FOOD・・・

部員16くんより「かもめの玉子」
e0155154_13042.jpg

パッケージがかわいい。
甘いものは泡盛に合いますね。

升本屋店主の友人より差し入れの「きのこのパテ(イタリアンパセリのせ)」
e0155154_130491.jpg

ブラックオリーブのクラッカーにのせて。
こういうのを泡盛とあわせるのが泡盛部の真骨頂かも。

チーズはほぼ定番ですね。
今回はブリーとカマンベール。
三軒茶屋にある「濱田屋」さんというパン屋さんのカンパーニュで。
e0155154_135932.jpg


今回初の試み。
その場で調理。食材は出来るだけ升本屋のもので。
今回のテーマは「なんとなくイタリアン」です。

升本屋の人気珍味・豆いか(真いかの子供の干したもの)を使ってリゾットに挑戦。
やっぱり泡盛は入れなくてはいけません。
e0155154_1384151.jpg


だいぶいい感じなってきたと思ったら、部員もいい感じで酔ってきて、アスパラしゃぶしゃぶを始めました。
e0155154_139317.jpg

芯の硬い部分はそのまま投入。

岐阜県産の無添加トマトケチャップをイン!
e0155154_1392155.jpg


おいしそう!

ここで、調子に乗って泡盛を追加。
e0155154_141892.jpg

ちなみにこの泡盛は新入部員のOさんからの差し入れ。
貴重な「北谷長老 新酒・44度」。
e0155154_1445198.jpg

(ちょっとこれを入れすぎた!)

でも見た目はいい感じ↓
e0155154_1435959.jpg


お塩で味を調整し、配給。
(ちょっと塩を入れすぎた!)

見た目は相当おいしそうですが・・・
あいたたた・・・。
e0155154_1462270.jpg


・・・MUSIC・・・

シンディー・ローパー「time after time」・ジャニス「summertime」・原田知世「時をかける少女」・原田しんじ「時間旅行」・ジュリー「時の過ぎ行くままに」など、テーマは「時」という空気。
そのほかは、ホリー・コール「calling you」やサンディー&サンセッツなどもありました。
春の軽やかさとちょっとアンニュイなニュアンス、これもどこの部分にフォーカスするかの違いのようです。

でもいずれにしても共通項は「時」。
「時」にまつわる曲を色々かける中で、この季節の軽やかさとちょっとセンチメンタルな気分を誘うこの曲がフィット。
e0155154_158198.jpg


この曲、もう25年前です。
この頃のサウンドは括りとして「80年代の音」、もっと狭めると「ニューロマンティック」。
時代の空気と音楽がシンクロしていた時代だと思います。

カルチャー・クラブって、当時はボーイ・ジョージのルックスのインパクトから色物的に見られてたかもしれませんが、そのサウンドは時代を切り取る描写であり、いま聞いては懐かしさだけではない普遍性のようなものを感じます。

瞬間的に良いと思ったけど、すぐあきちゃったもの。
最初はわからなかったけど、時間が経ったら気持ちよいもの。
嫌いだったのに、好きになってきちゃったもの。

出来立てがよいもの熟成したらよくなったもの。

どちらも大切。

急いで「今」に乗るのも楽しいけれど、ちょっと「一本待っ」てみるのもいいかもしれませんね。


”必読おすすめ”
部員Aさんのブログ:
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-112.html
[PR]
by awamoribu | 2009-04-22 02:38 | 一本松:北谷長老酒造
2009年4月9日に開催の「泡盛部公式花見の宴」。
ただの花見じゃつまらない。
泡盛部らしい花見とするために考えたのが【泡盛部写真コンテスト】

お題を決めて、携帯で一撮。
公式ブログにアップされたものに投票をしていただき、優勝者には賞品を。

第一回の今回のお題は「桜と泡盛」。
さてどんな作品が上がってくるでしょう!

【投票の仕方】

「いいな」、と思った作品のコメント欄に「1票!」と書き込んでください。
もちろん感想も書いていただいて構いません。

注:
■ 一作品に対して一票にしてください。
■ 複数選んで構いません。
■ 自分の作品には投票しないでください。


当ブログ上では、誰の作品かは公表いたしません。
発表までの楽しみにとっておいてください。

[PR]
by awamoribu | 2009-04-15 18:45 | 写真コンテスト

エントリーno.15

e0155154_17481642.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-15 17:49 | 写真コンテスト

エントリーno.14

e0155154_1119352.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-14 11:17 | 写真コンテスト

エントリーno.13

e0155154_120531.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-13 12:00 | 写真コンテスト

エントリーno.12

e0155154_1026973.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-13 10:27 | 写真コンテスト

エントリーno.11

e0155154_1025915.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-13 10:27 | 写真コンテスト

エントリーno.10

【梅ちゃん酒と梅ちゃん甘味と、梅ちゃん桜】
e0155154_1022596.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-13 10:25 | 写真コンテスト

エントリーno.9

【あっぱれニッポン!】
e0155154_1021205.jpg

[PR]
by awamoribu | 2009-04-13 10:23 | 写真コンテスト