もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:請福:請福酒造( 6 )

泡盛部 第六期44蔵目:請福(請福酒造)レポート



e0155154_12254157.jpg






日時:2017年2月9日

参加人数:16名


請福酒造は1949年(昭和24年)、「漢那(かんな)酒屋」として創業しました。
1983年に初めての減圧蒸留の泡盛を発売、これが「請福」のブランドの始まりのようです。
その後1992年に請福酒造と社名を変更しています。
ラインナップの多い請福さんですが、泡盛の他にもリキュールが豊富で
柚子、生姜、グレープフルーツ、コーヒーリキュール、もちろん梅酒も造っています。
近年は相当リキュールの販売に注力しています。


飲み方人気ランキング:

1位:ロック(5票)

2位:ストレート(4票)

2位:前燗(4票)

4位:水割り(3票)


①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となっております。


*****


「エネルギーーー」


ヴィヴィッドな色彩はブラジルやジャマイカのカラーを思わせる。

石垣島の眩しい太陽の下に鮮やかに実る稲穂。

エネルギーの発散されているこのラベルには元気の源が詰まっているお酒を言う印象を受ける。

近年、アグレッシブに実験的な商品を生み出している請福酒造さんだが、基本であるこの一般酒のラベルからもそんな姿勢が窺い知れる。


「あれれ??


石垣島と言えば、「直火地釜蒸留」。

その蒸留方法からくる独特の風味には、ある一定の共通項が感じられる。

そんなイメージを持って、鼻を近づけ、口に含んでみると、一瞬「あれれ?」となる。


豊かな香りはとてもフルーティーで、青リンゴや若いメロンのようだ。

そう、減圧蒸留のような爽やかな香り。

そして、口に含むと、優しくスムーズな飲み口に、すっきりとした舌心地。

その後に、幾らかの香ばしさ、辛み、苦味へと続いていく。

ストレートでもアルコールの強さを感じず、特にロックや水割りでは初心者にもすっと受け入れられるであろう優しさと爽やかさがある。


「蔵の舵取り」


請福酒造さんは、減圧蒸留の商品を最初に出した蔵だそうだ。

先述のアグレッシブな商品展開には、当然泡盛文化の存続に対する危惧があると思われる。

どのような形であれ、入り口として泡盛に触れてもらうこと、消費してもらうことはとても大切なことだ。

変わらずに守るべき伝承部分と変化・進化・対応をしていくことで存続を重視する部分。

時に舵を振り切ることも必要であり、その舵取りによる方向性の打ち出しは蔵によって違ってくる。

一概に「直火地釜蒸留」と言う手法を取っていても、様々な工程や環境によって、その蔵の出す味・カラーは全く違うものになる。

この10年位というのは、本当に一つの過渡期で、ほんの数年前とは味の印象が全然変わっている蔵が幾つかあるように感じている。蔵のカラーというのは一朝一夕に周知されるわけではない。

今回、この一般酒からも近年の請福酒造さんの方向性が改めて垣間見られた気がする。


「元気注入!」


さて、こうしたすっきり系の味の場合、おつまみには「さっぱり」か、「こってり」かに分かれる。

減圧風なタッチはあるものの、アフターの辛みや苦味、ほのかな穀物香などを加味すると、ここは「こってり」で。

それを「請福」でリフレッシュさせるというのが良さそうだ。


中華系のトロッと甘みの効いたタレを使った肉料理。白身魚やイカを揚げて甘酢餡かけで、など。

口の中に広がる脂の旨みを堪能した後に、「請福」を呑んでリセット。

お次の一品へと向かう。

そして、締めには「おこげ」。これで決まりだ。


「I wanna ROCK!」


ラベルを見ていて思い浮かんだのがTwister Sister.

派手派手メイクとオバカなハードロック、PVも面白いのでアグレッシブに呑み食べ笑って、元気出していきましょう〜!




「今日の泡盛を一語で表すと・・」


「元気」



*****(text by 梅田竹松)


当日の様子

Facebookページのアルバム

https://www.facebook.com/awamoribu/posts/1341901042541090


この日は、部員の奥野さんから貴重な6種飲み比べセット(2000年に発売されたもの)、請福酒造の座安さんから新商品を3種類の差し入れがありました。(アイテムは上記アルバム参照)

レギュラーの会でありながら、豊富なラインナップで贅沢な会でした。

奥野さん、座安さん、ありがとうございました。




[PR]
by awamoribu | 2017-02-16 13:05 | 請福:請福酒造
泡盛部 第五期㊸:請福酒造(請福)レポート
e0155154_16452574.jpg

日時:2015年9月10日
参加人数:16名

請福酒造は1949年(昭和24年)、「漢那(かんな)酒屋」として創業しました。
1983年に初めての減圧蒸留の泡盛を発売、これが「請福」のブランドの始まりのようです。
その後1992年に請福酒造と社名を変更しています。

ラインナップの多い請福さんですが、泡盛の他にもリキュールが豊富で
梅酒や生姜・コーヒーリキュールなども造っています。
近年は相当リキュールの販売に注力。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(7票)
2位:ロック(5票)
3位:ストレート(3票)
3位:お湯割り(1票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

水割りがトップ。石垣島特有の風味が出ていて、まとまりのある味でした。お湯割りではぐっと苦みが出てきてしまい、ストレートやロックはウォッカを思わせる感じでした。


☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・S:ジュースになる A:ジュースになる Mix:ジュースになる
・ん?まったく合わん
・S:打ち消し合ってる A:うまい
・温めだと後味の渋みが泡ボールと合う
・泡盛の風味が消えてしまった・・・
・アセロラ炭酸ドリンク
・泡盛の味があまりしない
・S:苦みのデュエット A:まぁまぁ。でもあえてやる程では。
・請福は合うと思う


合わせたい音楽:
Audio active×Friction「Zone Tripper」、加藤ミリヤ「今夜はブギーバック」、ドリフのツーレロ節、福山雅治「HELLO」、Paatos「Sensor」、X 「Endless Rain」、Black Machine「How Gee」、バッハ「無伴奏 チェロ組曲」、山下達郎「Windy Lady」、エリック・クラプトン「レイラ」、「酔って候」、チェッカーズ、ドリカム「未来予想図Ⅱ」、Yen Town Band「Swallowtail Butterfly」、YAZAWA


★今日の一曲!
◯X 「Endless Rain」
(requested by 青木さなえさん・齋藤孝さん)
https://www.youtube.com/watch?v=v3iNsXrL828

合わせたい料理・肴:
ピラニアの唐揚げ、からすみ、鶏肉の卵とじ、はんぺんチーズ焼き、はまちの刺身、鮎・山女・岩魚など、サーロインステーキ、ぶりのお刺身、里芋とイカの煮っころがし、大学いも、カレーライス、さんま+おろし+すだち、お好み焼き、焼き肉、BBQ、肉野菜炒め、からあげ

ラベルについてのコメント:
・色調にグラフィック感を感じるので、銘柄名のクラシックな書体が不思議
・とうもろこしを感じる色。ラベルよりもキャップが好き
・リボンが渋い?
・交通安全の標識にマッチでGOOD
・赤・黄・緑と華やかな感じ
・稲穂のシンボルが特徴的
・アジアっぽい
・キャップのお星様と配色のラスタ感がお気に入り
・みのりの秋 御祝もののようで素敵
・和+若干 洋
・まとまりがあっていい
・米感あふれる豊作祈願な感じのデザイン。緑色の縁取りがエッヂを効かせていてよい
・米主張!ラベル買いはしないデザインです
・黄色メインでパッと見分けやすい
・赤・緑・黄
・Good!

今日のひとこと
・無難というか、つかみ所がないというか、、です
・米の味よし
・飲み方によってイメージがかなり異なる
・地元で飲んだ島酒と飲み比べてみたい!!
・請福はリキュールが好き
・「割り方」ではなく「温度」での飲み比べをしたひ
・久々の泡盛とみんなの顔、良かった♡
・雑味少なめ
・請福も変わった  はずね
・ストレートやロックでおいしいお酒は本当のハードリカーという感じがして、可能性を広く想像できました
・今迄のイメージと違った
・水割り以外はすべてうまい
・沈めた泡盛の味が違うのがわかってよかった
※↑部員Nさんより「海底熟成」の請福をいただきました。
e0155154_17153423.jpg


その他、Kさん、Mさんからも差し入れ。貴重な泡盛をありがとうございました!
e0155154_17161652.jpg

e0155154_17162967.jpg

e0155154_17164481.jpg


当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.961887050542493.1073741931.239499919447880&type=3

ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2015-09-16 17:21 | 請福:請福酒造
泡盛部 第四期㊵:請福酒造(請福)レポート
e0155154_15441859.jpg


日時:2014年4月24日
参加人数:14名

請福酒造は1949年(昭和24年)、「漢那(かんな)酒屋」として創業しました。
1983年に初めての減圧蒸留の泡盛を発売、これが「請福」のブランドの始まりのようです。
その後1992年に請福酒造と社名を変更しています。
1986年には泡盛博物館、2006年には漢那蒸留所と見学のできる施設が出来ましたが、
この4月でどちらも見学受付を終了してしまいました。
残念です。
ラインナップの多い請福さんですが、泡盛の他にもリキュールが豊富で
梅酒や生姜・コーヒーリキュールなども造っています。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(8票)
2位:ロック(3票) 
3位:お湯割り(2票)
4位:水割り(1票)

断トツでストレート。元々飲みやすい印象でしたが、軽いとかフルーティーとは少し違う飲みやすさに感じました。石垣らしい独特の甘みを保ちつつ、うまくまとめ上げたという印象。チャート決めでもこのあたりの微妙な部分を表現出来ずに悶々とする人が数名。
e0155154_15443024.jpg


合わせたい音楽:
ハンク・ウィリアムス「ジャンバラヤ」、中村雅俊のアップテンポな曲、BOSTON「Don’t look back」、ナオト・インティライミ「カーニバる?」、ムーミンのような肉食性を感じさせないアニメのテーマ曲、Voice of Japan「Let’s get together」、BossaNova、鈴木雅之&清美「ロンリーチャップリン」、B’Z「ウルトラソウル」、村木賢吉「親父の海」、宇多田ヒカル「Automatic」、高木ブー、Fat Boy Slim「Brimful of Asha-cornershop」、マルーン5「Misery」、A la claire fontaine

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯高木ブー「The Pidgin English Fula」
・村木賢吉「親父の海」
・ハンク・ウィリアムス「ジャンバラヤ」
・「名犬ジョリー」
・マルーン5「Misery」

合わせたい料理・肴:
軟骨の唐揚げ、濃いめの肉じゃが、(ロックで)ブルーチーズ、焼き魚、焼き鳥、チョリソ、(ストレートor お湯割りで)煮たまご&一緒に煮てくたくたになった長ネギ、アイスクリームにかけたい、セロリの酢漬け、チーズ入りもんじゃ、ミートソース、かりんとう、栗のらくがん、ごぼうサラダ、鯖の塩焼き、唐揚げ

一緒に飲みたい人:
じゃりん子チエ、漢那憲隆、優香、新橋のヨッパライ、長谷川さん、晴れの日の公園で友人とだらりと飲みたい、おじさん、山田孝夫、究、長嶋茂雄、広瀬剛、白戸家のお父さん、武藤葵@もやしもん、唐揚げがあれば独りで大丈夫、まゆちゃん

ラベルについてのコメント:
・前より赤が強くなった気がする。“直火”が強調された色味に。
・黄色が目立っていいね
・泡盛の情熱を感じる様なラベル
・ミンサー柄のふちどりが八重山らしくてよい
・赤と黄の2色で独自さを主張するスクリューキャップがかわいくて魅力的
・豊かなイメージ
・米、東北の米処
・力強い!!
・金ラベル
・ブラジルカラーに稲穂
・和に見えて洋。意外とおちゃめさん。ミンサー織りが可愛い
・横文字が無い方がすっきりするかも
・リボンの立体的なのがなんだか嫌
・黄色とグリーンの鮮やかなコントラストは爽やか。でも古いなー。

今日のひとこと
・(これも)前よりおいしくなったような。
・いつもチャレンジしてくれる請福さん。でも直火請福だけ飲むのじゃモノ足りん。請福のラインナップを飲み比べたい
・甘みが印象的だけど、ややカビ臭い様なクセがある
・思ったよりクセがなかった。でも後口にらしさが来る
・今年は(花粉症対策で)ファンシーを飲んでるせいか、今夜は請福を抵抗無く美味しく飲めました(笑)
・冷やしてイケルのは石垣ではめずらしいかも
・お湯割りだよー 石垣はー!
・さっぱりしてるから、アクセントが欲しい。パンチ希望♪

・沖縄に行きたい
・明日がある
・うまいなぁ。たのしいなぁ。
・久々の参加です。今日もおいしく楽しい!!
・連休前の忙しさで参加を忘れそうになった。反省。
・「ひとときのちゅら」は最高!!
e0155154_15444284.jpg

※写真を撮りそこねてしまいましたが、「ひとときのちゅら」に【青い精霊】が現れました。
高級脂肪酸という旨味成分で、白い綿状のものはよくみられますが、コバルトブルーの結晶のようなものは初めて見ました。「青い精霊」と言われているそうです。

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.691713350893199.1073741892.239499919447880&type=3

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/46628500


ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-04-28 16:57 | 請福:請福酒造
泡盛部 第三期 ㊶:請福(請福酒造)レポート
e0155154_20522346.jpg

日時:2012年12月27日
参加人数:13名

泡盛部の第三期41蔵目は石垣島の請福酒造さんの「請福」。石垣島の銘柄としては知名度NO.1ではないでしょうか。近年では、花粉症に効くということで人気になった「請福ファンシー」が有名ですが、様々な企画物も出しており、マンガ『もやしもん』とのコラボ商品も。さて、スタンダードな一般酒。今期の結果はいかに?

飲み方人気ランキング:
1位:ストレート(6票)
2位:水割り(3票)
3位:ロック(2票)
3位:お湯割り(2票)

キャッチコピー:
・石垣島で福を請う。請わずとも福宿る酒、請福ちゃん
・石垣島の三男坊
・可愛い顔して曲者です。笑顔に油断すると火傷するよ〜!
・八重山生まれで直火で鍛えた甘辛苦いやつ
・大人のピリッ♡
・ちょいと隠れた性癖
・あなたを請福したい
・ファンキー大将セイフク!
・重厚な味わいをあなたに
・石垣の山・畑・森
・石垣ファンキーモンキーズ
・泡盛初心者にもオススメ
・今夜だけは請福さんにセイフクされたい!PS 制服の準備できてます

ラベルについてのコメント:
・日焼けした位の色味になるとよいかも
・トータルバランスがいいけど、直火のローマ字が合ってない
・ミンサー織りが愛らしい。和洋折衷が不思議。ラベルに救われます
・炎が欲しい
・どこかで見たことあるかも。アールヌーヴォ−meetsアニメって感じ
・美魔女的な〜
・直感的な印象では色合いやデザインがインドっぽい。個人的には好み
・しっかりデザインされたポップなデザイン
・派手な色使いのわりに地味なデザイン
・みのりの秋
・おもちゃみたい。ドカーンて感じ。勢いがある
・同系色のグラデーションが多用されておりアニメっぽい
・緑、黄、赤=信号機?

合わせたい料理・肴:
すり身(魚臭いやつ)、ハモンセラーノ、どぜう、いぶりがっこ、鶏を骨ごとねぎと煮たスープ、にぼし、冷奴に明太子をネギをたっぷり添えて、魚フライの甘酢あんかけ、カキフライ、こんにゃく田楽、きんぴらごぼう、とんかつ、珉亭の肉うま煮定食、あまいもの(しるこ?)

合わせたい音楽:
第1期:泉谷しげる
第2期:松田聖子
第3期:中村あゆみ、Chara、山崎ハコ、桜田淳子、普段聞かない音楽(JAZZ?)、ムッシュかまやつ、忌野清志郎&坂本龍一、はっぴぃえんど、「シャンラン節」、なぎらけんいち、広瀬香美、プリンス、サンディー・リード「Sweet Love」、忌野清志郎

一緒に飲みたい人:
だんご頭にしてる30代前半の子、男友達、坂東三津五郎、島尻あい子、仲良い友人、ムッシュかまやつ、リリー・フランキー、デスラー総統、同僚(男呑み)、内海桂子、小林克也、コロッケ

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.456769654387571.105219.239499919447880&type=1
※facebookに登録していなくても見られます。

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
※途中、二回断線したため3部構成になってます

http://www.ustream.tv/recorded/28073746

http://www.ustream.tv/recorded/28074317

http://www.ustream.tv/recorded/28075209
[PR]
by awamoribu | 2012-12-31 21:13 | 請福:請福酒造
第二期泡盛部・検証結果 ㊶
ロックで“聖”福♡
相性音楽:松田聖子

部員の方へお願い
泡盛部では、毎週の予定などをメールにてお知らせしていますが、
特に携帯のアドレスについて、最近不達が目立っております。
迷惑メール対策をされている方は、【 @masumotoya1949.com 】の
ドメインのメールを受け取れる状態にしていただけますようお願いいたします。
(8/22に、泡盛ガーデンのお知らせをメールしています)


豊作の畑を思わせるようなラベル(ラスタカラーでもある)
e0155154_11524412.jpg


裏ラベルあり。
e0155154_1152585.jpg


印象的な赤いキャップ
e0155154_11525170.jpg


BGMはこれに決定!
e0155154_11542972.jpg



☆こちらをBGMにどうぞ!



【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック(13名)
2位:ストレート(3名)
3位:水割り(2名)
4位:お湯割り(2名)

圧倒的なロック票。ここまで圧倒的なのも珍しい。暑くてもお湯割りが人気な時もあるので夏だからという理由ではなく、純粋に味の評価。近年はロックで飲むのが主流なので、さすが人気銘柄だけにニーズに対応しているのでしょうか。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎松田聖子
・セニョール・ココナッツ
・YMO
・MOGWAI
・加山雄三
・スティービー・ワンダー
・ローリング・ストーンズ
・ガンズ&ローゼス

意外にもセニョール・ココナッツやYMOといったテクノポップの人気が 高かったのですが、やはり聖子ちゃんの共有感の強さには敵わず。リクエスト自体はバラエティーに富んでいて面白かった。

その他のリクエスト:ジプシーキングス、中村雅俊の青春系ソング、ジャスティン・ティンバーレイク「Until the end of time」、V6、ジョニー・ウィンター「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」、サディスティック・ミカ・バンド、ジッタリン・ジン、相対性理論、イエローモンキーズ、Gee、(ロックで)西武警察のテーマ、(水割りで)「輪になって踊ろう」、(ストレートで)「エロティカセブン」 Beast、「スタンド・バイ・ミー」、マリアッチ、テンポの早い音楽、テクノ、よさこいの音楽、パーカッション系、北欧の海みたいな暗めの音楽、


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

升本屋からは、お盆休みで行った大阪の名物・蓬莱551の豚まん
e0155154_11542353.jpg


今週も差し入れ満載。帰省お土産など、みなさんありがとうございました!
e0155154_11531050.jpg

e0155154_11531720.jpg

e0155154_11532580.jpg

e0155154_11533067.jpg

いかの黒造り(メーカー違いで2種。味が全然違う!)
e0155154_11533661.jpg

ますずし!
e0155154_11534893.jpg


K子さんが、もてあましてしまったwというお野菜で
きゅうりとおくらのねばねば和え
e0155154_11535450.jpg


つるみらさきとモロヘイヤ(だったかな?)をブルーチーズと蜂蜜で和えて、ブラックペッパーを。
e0155154_1154999.jpg


塩漬けケッパー&オリーブオイルバージョン
e0155154_11541659.jpg


生ハムとバゲット
e0155154_115429.jpg


【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)

九州のかまぼこ、肉じゃが、もろみ味噌きゅうり、いかすみ、冷やし中華、おかき、焼豚、メンマ、黒酢の酢豚(パイナップル入り:パンチのある感じ)、肉の味噌漬け、明太子の卵焼き、きゅうりのマリネ、生姜焼き定食、小アジの南蛮漬け、白身魚の天ぷらを塩で、タコわさ、鶏ささみのたたき、ピータン豆腐、海鮮サラダ、カトレアのカレーパン、焼きビーフン、カレーライス
など

【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)

この日は、塩みつ・きび砂糖・白ザラメしかなくて、すみませんでした。でもどれも相性よし。

【一緒に飲みたい人】
しょーけん、上原唯さん(泡盛の女王)、めんどくさい上司、あまり泡盛を知らない人たち、金城里菜、女性の上司、学生時代の友人、黒人アーティスト、ひとり、嵐の誰か、母、アオキング、和田さんとけんじくん、たまたま知り合ったグループとわいわい、誰でも、20歳くらい上のおじさん、宇宙人、桐島カレン、ナポレオン、ヒトラー

【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:ミルキー。初恋の海辺
A:うまい!!好きな銘柄です。
A:うすい感じです。辛いのか甘いのかよくわかりませんでした。どんな食事にも邪魔せず合いそうです。
A:あまり自分的にはまぁまぁな感じです
A:ストレートで上品な甘みを感じる泡盛は本物だ
A:ストレートは苦手なのに、その他は好みの味と言う不思議な泡盛でした
A:強い個性は感じなかったが、それ故に毎日飲める銘柄かも
A:全体的に味がしっかりしている印象。美味い。
A:年齢層が上がってる。全体的に香りが苦手かも?
A:お湯割りは飲んでる途中で印象が変わった。飲み方によってかなり異なる表情があり面白かった。
今日初参加だったのでこれから色々勉強していきたいです。よろしくお願いします。
A:口に含んだ感じと後味にギャップ。後味は爽やかに。
A:あまり飲まない泡盛なので、よくわからないけど、飲みやすいかも
A:味の変わる酒。つまみが悩むところ
A:辛口だけどクセになりそう
A:イマイチ
A:夏に合う泡盛ですな
A:ソリッドな感じだけど、割るとまろやか
A:甘みに身を任せて漂う半身浴
A:この島の酒とお湯は合うな


この日は部員のSサンが、居酒屋産業展で請福酒造さんにお会いして、サンプルをいただいてきてくださいました。
請福酒造さん、是非部室にもいらしてくださいませ!
「請福FANCY」
e0155154_12571799.jpg

「請福vintage 30度」
e0155154_1258316.jpg

「やいま」(ジャポニカ米使用)
e0155154_12582567.jpg



日時:2011年8月18日
参加人数:20名

もっと泡盛を日常に!

☆第一期の請福酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/12208919/


☆この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム by 泡盛部

[PR]
by awamoribu | 2011-08-20 13:09 | 請福:請福酒造
【今日ですべてがむくわれる】
・日時:2010年2月18日
・参加人数:13名
・銘柄:請福(せいふく)
・おつまみ:かりんとう 梅干 梅にんにく入り餃子 野沢菜 糠漬け白菜 紅芋饅頭 梅風味塩昆布 えびせん 

第41回目は、請福酒造さんの「請福(せいふく)」。
石垣島の3蔵目です。

今回は部員shoeさんが「町の古酒」(*町の酒屋の売れ残りによって古酒になったもの)を仕入れてきてくださいましたので、並列で。
04年7月瓶詰めの瓶古酒。

ラベルは前回に続き黄色ベースに墨字(?)というコントラストで、そこに稲のデザインがシンプルにあしらってあります。
e0155154_0311352.jpg

さすがに石垣島でトップクラスのシェアを誇る酒だけあり、シンプルな王道的ラベル。

こちらは写真ではわかりづらいですが、かなり色褪せてしまったラベル。ベースは一緒だが、下の方が微妙に違う。
e0155154_04211100.jpg



キャップは共通タイプ。
e0155154_0334336.jpg

町古酒はこちらのオリジナルタイプ。
e0155154_0414891.jpg


そして意外と少ないバックラベル。
e0155154_034153.jpg

町古酒はバックラベル無し。

わりと良くあることですが、年がそんなに変わらなくてもマイナーチェンジしていることが多く、そこが何かヒューマンで面白くもあり不経済な感じもあります。(デザインを変えるとお金がかかると思うので)


★ストレート:フルーティーで爽やかな香り(白い小花のような)、柔らかな香りがあり、その後にほんのり穀物香が見え隠れする。発酵臭、へしこの臭いがするという面白い意見も有り。
すっきり柔らかな甘みの後にやや苦味。という意見と辛味のあとに甘みがやってくるという意見も。
「甘み」と「辛み」の表現が五分五分にある。ウォッカ!?という発言も。

★ロック:引き締まった硬質な香りに。甘さがたつと言う意見と、鋭さやシャープさが際立つ、穀物系の味がでてくるなど意見様々。「大好きな味!やばい!」というLOVEな意見も。

★水割り:香りがほとんどなくなる、と、香りは残したまま・・・という意見に分かれる。これは割り方の濃さの具合かと。香ばしさはないけど、他の甘みのようなものを感じる。甘みの品が良くなる。フルーティーさが増す、など、口当たりに感じる甘さに好評価。

★お湯割り:香ばしいほっくりした香りが出てくる。甘みの具合が変形する。総じて好評価ではあるが、水割りに好評価だったのに駄目な方も。
「口の中にコスモがひろがる」なんて詩的な意見も



ストレートの印象では、一瞬インパクトは感じるがその後収束してしまう感があるが、それゆえに飲み手に「何か好きなところを探そう」という気持ちが働くような酒質。
これは多くの方に受け入れられる酒に共通するかもしれない。

がっ!と噛み付くが、あとからゆっくり入ってくる。


今回もやはり「甘さ」がキーワードだった。
これは、もしかしたら直火蒸留の特色なのかもしれない。

・・・FOOD・・・

今回のテーマフードは「梅」。2月は梅の季節ですし。

メインは梅にんにく入り餃子。
小粒な「梅にんにく」が一粒はいった餃子です。出来るだけいっぱい焼けるように面積を小さくした包み方。
e0155154_1223883.jpg

ジューシーに蒸し焼きしたものと
e0155154_12232387.jpg

ちょっとカリッと焼いたもの。
e0155154_1223573.jpg




それ以外には、直球の「梅干」(あっというまに無くなりびっくりしました。

e0155154_1244463.jpg


そして、部員ICKちゃんから本場の「野沢菜」の差し入れ。
e0155154_1253778.jpg


そしてお漬物つながりで、部員K兄から白菜の糠漬け。
e0155154_127117.jpg


そして「梅風味塩昆布(大)」
e0155154_1282484.jpg


それをえびせんに巻いて・・・と思ったがいざ食べると昆布が堅くて食感は合わなかった(^^;
e0155154_1294041.jpg


部員Kさんから、「今日も買えたから!」と差し入れの饅頭。
梅の花をあしらってみました。
e0155154_1311317.jpg



かりんとうとの相性は今回もなんと「生姜」という意見が多い。「塩みつ」は定番といった感じ。


合わせたいお料理・肴・・・
焼きとうもろこしバター醤油、ポークジンジャー、漬物、さっぱりしたものorこってりしたもの。魚介に。ホタテバター、カキバター、日常の夕飯、炒め物、冷奴、たこ焼き、さしみ、餃子。


いろいろ出てきましたね!

・・・MUSIC・・・

まずは挙がったもの
ライ・クーダー、ジョージア・サテライツ、エアロ初期、THE WHO初期、渡邊貞夫、スウィートな曲、ハワイアン、井上陽水、吉田拓郎、ボブ・マーリー、男性ポピュラー、、男性ポップス、70s 80sの日本のフォーク、甘い女性ボーカル、テクノ。

さて困った。
特長が見えてこないときは、意見は多いが決定打がない。

いろいろかけた挙句、こちらに決定。
e0155154_25204.jpg


人は幸福を望む。
それは現実に対して、大なり小なりの不満があり、それをなんとかよい方向に切り換えて行きたいというあがきのようでもある。すると不満があるということは、ひとつの向上心の表れでもある。

泉谷しげるが吠えるのは適当に過ごしてしまうことへの不満であるように思え、それは人や社会を向上していくという愛情表現に聞こえる。

日々の生活で、嫌なことがあればそれをリセットして明日に臨みたい。

お酒にはその役割があり、泡盛にはその力がある。泡盛というと、強い、きつい、くさい、というイメージがまだまだ根強いが、実は呑んでみると意識が変わり、呑んでいてこんなに楽しくなる酒はない。

それは泉谷しげるのイメージとかぶるかもしれない。憂いを歌った後、「今日ですべてがむくわれる」と来た時に優しさを感じる。
そして、すべてが始まる。明日も福を請うていく。

ちなみに味を表現すると・・・
「瞬果終稲」(しゅんかしゅうとう)

きびしー!

*はじめフルーティーで、終わりに穀物系の香ばしさを感じる。の意


★必読:部員Aさんによる泡盛部レポート
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-256.html
[PR]
by awamoribu | 2010-02-25 02:10 | 請福:請福酒造