もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:羽地内海/龍泉:龍泉酒造( 6 )

泡盛部 第六期8蔵目:龍泉(龍泉酒造)レポート
e0155154_1785864.jpg


日時:2016年2月4日
参加人数:15名

第六期の8回目は龍泉(りゅうせん)酒造さんの「龍泉」。一般酒の銘柄名が「羽地内海」から「龍泉」になり2回目。
龍泉酒造の創業は1939年(昭和14年)、現在の名護市である羽地村で創業しました。
前述の「羽地内海」は、この龍泉酒造のすぐ先に広がる海域の名前。
沖縄の瀬戸内海、松島と呼ばれることもあるほど、風光明媚なところです。
龍泉酒造さんは老麹にこだわりを持っているとのこと、そのあたり意識していただいてみましょう。
貯蔵にホーロータンクを使用しているところも特記事項です。

飲み方人気ランキング:
1位:水割り(12票)
2位:割燗(1票)
2位:ストレート(1票)
2位:ロック(1票)

①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となっております。

*****

「人は勝手なものでして」
ほんの何年か前まで「羽地内海」という銘柄だった龍泉酒造さんの一般酒。
その名の通り、「羽地内海」をイメージした、以前のラベルは妙に淡い印象で泡盛らしからぬものでした。
勝手なもので、そうでなくなると、それもなんだか懐かしいような。

一転、力強く泡盛らしい文字の踊るデザイン。
店に並んでいて手に取るのは、断然、今のラベル。

でも、なんだかあれが懐かしい。
勝手なものです。


「新旧混交」
さて、味の方はというと、圧倒的に「水割り」が支持された。
(ちなみに過去のデータでは全てロックが一位)
白い花を思わせる華やかな香りはとてもチャーミングで魅力的。
しかし、よく香ると、その中にもち米のような懐かしさを覚える甘い香りも隠れている。

口に含むと優しい甘みが広がり、ツンとしたところもなく滑らかに口の中に膜を広げ、
その後、余韻の中に香ばしさとアルコールのドライ感が漂う。
水なじみもよく、長く楽しめる複雑な要素を含んでいる。

最近の泡盛の味と古風な味が6:4くらいで感じられる好ましいバランスだ。
飲み方によって個性は変わる。
熱々の燗やロックでは、古風な渋みがググッと顔を出し、ストレートでは酸味とカカオが同居している。

しかし、なぜだか、そこに強い主張は感じられず、何をも包容してしまう穏やかさがある。

「龍を流す泉」
そんな酒だから、どんなつまみでも柔軟に応えてしまいそう。
しかし、ラベルを見てはそうはいかない。

巴を背負った龍の文字、これはもう中華しか浮かびません。
ツヤツヤの餡がかかった揚げ物やトロリととろけそうに煮込んだ肉や野菜。
甘・辛・酸の混じりあったオイリーな中華料理。
そんな攻撃的なお料理を「龍」とするならば、それらを緩やかに包み込み流し込む酒は「泉」から湧き出る水の如し。
やはり、水割りは良いかもしれない。

「燃えよ」
巴を背負った龍の文字、これはもう香港しか浮かびません。
きっとそのままだろう、ぴえ〜る河崎さんリクエスト
「燃えよドラゴン」
https://www.youtube.com/watch?v=137z3WCh3GM


「今日の泡盛を一語で表すと・・」

ドン。

青木さなえさんによるこの一語、その心は?
やはり背負った「巴」?

*****(text by 梅田竹松)

当日の様子
Facebookページのアルバム

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1031777643553433.1073741949.239499919447880&type=3
[PR]
by awamoribu | 2016-02-10 17:49 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造
泡盛部 第五期⑤:龍泉(龍泉酒造)レポート
e0155154_1620327.jpg


日時:2014年9月18日
参加人数:20名

第五期の5回目は龍泉(りゅうせん)酒造さんの「龍泉」。昨期までは「羽地内海」という銘柄でしたが、会社の代替り・改組を経てか、一般酒の銘柄も社名である「龍泉」になりました。

龍泉酒造の創業は1939年(昭和14年)、現在の名護市である羽地村で創業しました。
前述の「羽地内海」は、この龍泉酒造のすぐ先に広がる海域の名前。
沖縄の瀬戸内海、松島と呼ばれることもあるほど、風光明媚なところです。
龍泉酒造さんは老麹にこだわりを持っているとのこと、そのあたり意識していただいてみましょう。
貯蔵にホーロータンクを使用しているところも特記事項です。
さて、今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(11票)
2位:水割り(5票)
3位:お湯割り(3票)
4位:ストレート(0票)

※今回より、第五期は①水割り②お湯割り③ストレート④ロック の順番で、参加者皆で足並みを揃えて飲む方式となりました。

今回はロックが圧勝。もっかストレートが苦戦中です。
以前よりも古風な味わいになっている印象。老麹からくるものか、古酒を思わせる落ち着き感がありました。

☆泡ボール(沖縄発の泡盛サワー用割り材)
http://www.awaball.com/
S=シークヮーサー味 A=アセロラ味

・A:薄く作っても支配的。
・S:よい。酸っぱすぎず。 A:バランスよい
・Sと米の香りが正面衝突していて、初めて泡盛が消えなかったけど、大げんかしてる!!
・合うと思います!Sのケミカルさが弱まった
・お酒はどこへ?
・反発しあってる。でも、この後の煙草がうまそう
・飲み方の雰囲気か。ジョッキでシークヮーサーの輪切りを乗せるだけで商品としていきてくるのでは?

合わせたい音楽:
プライマル・スクリーム「ROCKS」、チェッカーズ、パッヘルベル「カノン」、ヨーデル、「夏休み」、KITTIE「We are the Lamb」、The BOOM「おりこうさん」、イーグルス「呪われた夜」、REGGAE、デュランデュラン、カルチャークラブ、デビッドボウイ、「かもめが翔んだ日」、ピンク・フロイド「Echoes」、Bobby Darin「Beyond the sea」、イングヴェイ・マルムスティーン、小泉今日子「なんてったってアイドル」、石井明美「チャチャチャ」、狩人「コスモス街道」、サザン「栞のテーマ」、「兄弟舟」、「世界中の誰よりきっと」

★今日の一曲!
◯KITTIE「We are the Lamb」
(requested by 小林祥代さん)
https://www.youtube.com/watch?v=8khWY9cOLiQ

合わせたい料理・肴:
醤油で炊いたサザエorはまぐり、牛スジの煮込み(塩味・柚子こしょう和え)、糠漬けきゅうり&人参、蕪のぬか漬け、そうめん、さんまの塩焼き、ナポリタン、ままかり、つくね(塩)、キムチ炒飯、缶詰の白アスパラガスにマヨネーズ、鳥のササミ刺し、鮎の塩焼き、アスパラ炒め、鳥わさ、冷やしトマト、栃尾の油揚、湯西川の豆腐、「塩辛」のようなお酒のつまみらしいの、うなぎ

ラベルについてのコメント:
・悪くはないんだけど、惜しいなぁ、という印象。名前の字がかっこいいだけに、もう一声精度がほしい。
・文字や三つ巴は豪快なのに、二匹の龍はおとぼけ
・黄色ベースに青い丸の組み合わせは初めて。普段みている組み合わせが派手なので落ち着いてみえる
・ザ・男
・シンプル。でもいいね〜
・ブルーが涼しげ。でも力強さもあり。漁師っぽい
・かっこよい
・龍のキャラクターが好きなので、ラベルがかっこいいと思います
・白が主になってるのはポイント高い。龍をもう少し濃くしたいけど。。海の透明感GOOD!
・泡盛らしくないスッキリとした印象のラベル
・「羽地内海」のラベルにも用いられていた青のグラデーション良し!
・龍が麒麟みたいな感じでうける
・色白なウチナーンチュ
・味のごとく爽やか過ぎるかな。色彩がもう少し欲しいかな
・「羽地内海」を翔る龍が描かれており、他とは違うデザインが新鮮に感じる
・シンプルな白地に黒文字。青い色。新しいデザインのラベルを期待したい
・龍の絵がもう少しかっこいいと良いと思った

今日のひとこと
・ロックが一番印象的だけど、水割りのファーストインプレッションがよかった
・割り方で味がすごく変わる
・いままで飲んだ泡盛とは全く違う。味わいがあって変化もある。部活で飲んで楽しい銘柄でした!
・熟成感のある泡盛でした!
・香りが変わるので面白い!
・甘い香りが好みです。飲み方によってかなり変化がある
・ROCK!
・夏の暑い時に飲みたい龍泉
・今日のロックは和食でもOK
・心機一転。新たなブランディングで頑張ってください!
・昭和レトロの泡盛を心行く迄味わいたい。
・狙って作っているのか、飲み方によって味わいが違う。本当に2〜3年後が楽しみな泡盛です
・ロックなら落ち着く

・たのしかった。初めての参加なのですが、皆様気さくで和んでいて居やすい!
・ひさしぶり
・初参加ありがとうございました。泡盛好きとしては楽しい会でした
・ありがとうございました。勉強になりました。
・今日は大変な一日だったが、泡盛部に来られて、とてもよかったです。いつもありがとう。
・またまた遅刻。次回はしっかり参加したいです

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
画像を投稿するとsafariがフリーズするというバグが改善しないため当面休止します。



ブログランキングに参加してます。クリックお願い致します!

泡盛 ブログランキングへ
[PR]
by awamoribu | 2014-09-22 17:18 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造
泡盛部 第四期⑤:羽地内海(龍泉酒造)レポート
e0155154_16202879.jpg


日時:2013年5月9日
参加人数:17名

龍泉酒造の創業は1939年(昭和14年)、現在の名護市である羽地村で創業しました。
今回いただく「羽地内海」は、この龍泉酒造のすぐ先に広がる海域の名前そのものです。
沖縄の瀬戸内海、松島と呼ばれることもあるほど、風光明媚なところです。
龍泉酒造さんは老麹にこだわりを持っているとのこと、そのあたり意識していただいてみましょう。
韓国の焼酎もしくはミネラルウォーターのようなラベルですが、味はなかなか評価の高いアイテムです。
他の銘柄は、龍泉、まごじろうなどがあります。
今期はどんなコメントが出て来るでしょうか?

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(7票)
2位:お湯割り(6票)
3位:水割り(2票)
3位:ストレート(2票)

ロックとお湯割りで票が割れました。
味のチャートも下記の通りばらばらです。
e0155154_16524286.jpg


合わせたい音楽:
ホール&オーツ「SAY IT ISN'T SO」「I can't go for that」「One on One」、植木等「無責任一代男」、「南部ダイバー」、アンルイス「Good-bye my love」、山下達郎「モーニング・グローリー」、ジーパン刑事のテーマ、ひょっこりひょうたん島、スタン・ゲッツ「Yesterday」、ハクション大魔王のテーマ、公園の向こうの方から聞こえて来る小さな子のうた、小野リサ「Smile」、バーシア「コペルニクス」、俺たちの旅、TUBE「season in the sun」、INCOGNITE「everyday」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、琴の音色、ジミヘン

★主宰:梅田の独断で5曲にセレクト。その上で皆で1曲選定
◯スタン・ゲッツ「Yesterday」
・大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」
・ホール&オーツ「SAY IT ISN'T SO」
・INCOGNITE「still a friend of mine」
・琴の音色

合わせたい料理・肴:
明石焼、出汁の効いた物、とろろそば、めかぶ、昆布の佃煮、鶏の竜田揚げ、そばがき、南蛮漬け、胡麻ドレッシングのサラダ、ゴディバのチョコレート、たこさんウィンナー、胡麻豆腐、ふきみそ、ビーフジャーキー、ちりめんじゃこ&大根おろし すだち添え、ふきの煮たヤツ、ホタテの網焼き、出汁巻卵、きゅうりの浅漬け、かりんとう、油揚(大根おろしで)

一緒に飲みたい人:
イカした人、権藤のおじいちゃん、ひとりで、内海桂子師匠、ボヤッキー、さわやかな人、菅原文太、大勢、行きつけの美容院の美容師さん、山本寛斎、玉城憲仁さん(龍泉の工場長)、ソムリエ、太川陽介、安食聡子、杉本哲太

ラベルについてのコメント:
・海の部分、実は写真?最初は違和感があったが今は結構好き。アルファベットがちょっと変だけどそれもあり。
・なぎの海。英語表記がよいと思う
・かなり微妙なライン。よくも悪くもない
・爽やかでいいんだけど何かが足りない。黄版が落ちてる
・生活感が漂う海岸。キャップの周囲が「大」の字。意味あるのかなぁ
・泡盛っぽくない。新しい
・きれいな風景の絵。行ってみたい
・夏
・海風を感じさせるところがGOOD。男性二人をもう少したくましくしてほしい
・イラストと写真の組み合わせが斬新
・美しい海をイメージ出来てよいと思う。フォントをもう少し粗くしてほしい
・一見、演歌っぽい。でもよくみると爽やか感あるし、若い人たちにも意外とうけそう
・さわやか。泡盛っぽくないのがアピールポイント
・緑色が足りてない。色褪せてるのかと勘違いするね
・サバニが古っぽくて好きかなー
・シンプル。華やかさに欠ける

今日のひとこと
・船でゆられて釣りでもしながら呑みたいですな
・海は広いな大きいな。海のイメージがする
・眠くなってきた。久しぶりに部活来たからね。
・ラベルと香り&味のギャップがすごい!!
・四期目で五蔵目でクセのスゴいのに出会った感じ。こーいうの飲みたいときいいよね。
・瀬戸内海か!?羽地内海!!
・今日は集まりがいいですねー
・ちょっと香りが強いのは老麹の香りかな。食前にはきついけど、食中には良いかも
・お花見にいい!
・初めてお邪魔しました。一人で来る勇気がなく友人を誘ったら「泡盛飲めない」と断られた・・。でも来てよかったです。
・毛嫌いはダメダメ
・飲み方によって味が違うのが際立つ。美しい海をバックに飲みたい
・暑い夏の日にすっきり飲めそうなお酒。すっきりしてますね
・飲み方によって顔をかえる名三枚目!
・鈴木英人さんにラベルをお願いしてみたい!
・夏日(25度)にちょうどいいさらっとした羽地内海
・飲み方によって味がすごい変わるー

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.515981348466401.1073741837.239499919447880&type=3

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/32602125
[PR]
by awamoribu | 2013-05-10 17:26 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造
泡盛部 第三期⑥:羽地内海(龍泉酒造)レポート
e0155154_1692047.jpg


日時:2012年1月12日
参加人数:22名

泡盛部の第三期6蔵目は沖縄北部・名護の龍泉酒造「羽地内海」。
あまりお見かけしない商品だと思いますが、老麹を使用し、ホーロータンクで貯蔵など割にクラシックスタイルを大切にしていることが見受けられる造りをしています。
それとは対極に泡盛らしからぬラベルが個性的ですが、さてさて結果はいかに。

飲み方人気ランキング:
1位:ロック(10票)
2位:ストレート(5票)
2位:水割り(5票)
4位:お湯割り(1票)

キャッチコピー:
・Fly to the sea
・あの素晴らしい愛をもう一度
・私の心と味は紙一重。全てはあなた次第
・夜の友
・酸いも甘いも自分次第
・にがみばしったニクい奴
・いくらでも飲める!
・羽地内海、飲みたくないかい?
・空と海がある。羽地内海
・コバルトブルーの海で飲みたい
・青天の霹靂。大人の辛さ羽地内海
・爽やかな海。マイサマークリエイション
・青く淡いおもいで
・軽く見えるが味がある
・砂浜の雫
・呑もうじゃないかい!!!
・話を聞くよ。羽地内海で

ラベルについてのコメント:
・見慣れて来たらなんかよくなってきた
・矢切の渡し〜♪
・羽地内海の美しさがあまり表現されてなくて残念
・さっぱりし過ぎてて泡盛っぽくない
・しぶい。切ない
・稲穂シリーズが続いたせいか、もの凄く爽やかに感じます
・ブルーが海を連想させてきれい。もう少し青のボリュームが多くてもいいかも
・うふ
・もう少しカラーが欲しい
・なつかしの浜辺をイメージしているのか?
・写真を使っているのがちょっと残念。羽地内海の文字の字体を変えたい
・褪せてる感じ。もう少し黄色を足すといいかもー
・アルコールとは思えないラベル。塩のイメージ
・シンプルで好き
・爽やかすぎる!
・印象は薄い。だが、このゆるい感じがかえって記憶に残るのかも
・個人的には写真を使うのが好きではないのでいまいち
・爽やかな青がお土産のチョコみたい
・じみ!
・カルピスカラー

合わせたい料理・肴:
椎茸の煮物、ポテチ、鮭のルイベ、魚のフライ、ぶり大根、焼き茄子、クリスマスケーキ&チーズ、菜の花のからし和え、厚切りベーコン、おでん、ブルーチーズ、かり梅、甘納豆、芋ようかん、肉じゃが、大根なます、酢レンコン、からし蓮根、焼売、唐揚げ、餃子、焼き鳥、つくね、鳥系、牛スジ煮、チョコレート、

合わせたい音楽:
第1期:バッファロー・スプリング・フィールド
第2期:加藤和彦&北山修「あの素晴らしい愛をもう一度」
第3期:
ピチカートファイブ、加山雄三「海よ」、ホール&オーツ「プライベートアイズ」、ペドロ&カプリシャス、中村雅俊「ふれあい」、ユーミン、カーディガンズ、カシオペア、「ひょっこりひょうたん島」

一緒に飲みたい人:
植木等、長澤まさみ、加山雄三、夏に一人でストレートで、私に厳しい人、ダニエル・クレイグ、二谷英明、前田さん(クラッカー会社の社長)、酒井圭子、桂米朝、羽地内海の漁師さん、つるべ、お洒落な人、元千晶夫婦、シェパードさん、父、吹越満、友人、職場のおじさんよりかはもう少し若い人。だけどちょっとだけ食べることが好きな人、新成人、お父さん、瀬戸内寂聴

当日の様子はfacebookでご覧戴けます↓
http://www.facebook.com/awamoribu
※facebookに登録していなくても見られます。

アワモリーム(ユーストリーム放送アーカイブ)
http://www.ustream.tv/recorded/19713904
[PR]
by awamoribu | 2012-01-13 16:41 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造
第二期泡盛部・検証結果⑤
「羽地内海」は、キラキラロック
相性音楽:加藤和彦&北山修 「あの素晴らしい愛をもう一度」

泡盛らしくないラベルでございます。韓国のお酒っぽい?
e0155154_1358182.jpg

こちらは中国のお酒っぽい?かわいいデザインのオリジナルキャップ。
e0155154_1359835.jpg

音楽はこちら
e0155154_1412263.jpg


★こちらをBGMにどうぞ!


【飲み方】順位 
(1位に選んだ方の数で決定)

1位:ロック(6名)
2位:水割り(3名)
2位:ストレート(1名)
2位:お湯割り(0名)

ロックにすると甘みが出てくるという意見が多く見受けられました。

【音楽】
:イメージ・聞きたい・合わせたい音について尋ねた上で、実際にかけた音楽の中から多数決。

◎加藤和彦&北山修「あの素晴らしい愛をもう一度」
・UB40
・LITTLE TEMPO
・SADE
・コーネリアス
・アラニス・モリセット
など

イントロのキラキラした入りと歌詞の内容とのギャップが、ラベルと味とのギャップにシンクロする、という泡盛部らしい意見もあり、この曲ピンポイントで決定。皆で口ずさめるところもポイントが高いところ。


その他のリクエスト:マレーナ・ショウ、フリッパーズギター、スパイロ・ジャイラ、単楽器のインスト、鉄琴、ウクレレ、スティールパン など


【食】
:升本屋のアイテムや差し入れ品。どんなつまみもどんと来い!の泡盛部。

朝採りの枝付き枝豆
e0155154_14174913.jpg

朝採り胡瓜のラー油酢醤油和えと茄子の塩揉み
e0155154_14184630.jpg

朝採りゴーヤの塩揉みとシンプルチャンプルー
e0155154_14202521.jpg

e0155154_14212766.jpg

4色の人参
e0155154_14221240.jpg

e0155154_1421584.jpg

Kさんからの差し入れのスモークサーモン
e0155154_14194885.jpg

K兄からの差し入れの餃子
e0155154_14225582.jpg

e0155154_14233135.jpg

水餃子風
e0155154_14234513.jpg

夏の泡盛には、味の濃い野菜をシンプルに塩や醤油で。スモークサーモンもロックでキリッとした口当たりの泡盛とぴったり。餃子には水割りがベター。

【合わせたい料理・肴】 (テイスティング・シートより)
魚の干物(氷下魚とか)・グリーンカレー・柿の種・焼き魚・平目の刺身・赤いウインナー・わさび系・ほたて・生牡蠣・枝豆・とり貝・ところてん(酢・からし醤油味)


【かりんとうとの相性】 (テイスティング・シートより)
多胡麻・きび砂糖・生姜・七味
わりと鬼門な生姜がとても相性よし。甘さと苦みがちょうど合う


【今日の泡盛はいかがでしたか?】
A:ラベルが違えば大化けか?
A:まったりさわやかに呑むのが良いかしら?
A:いまいちでした・・・。すみません。
A:自分の中ではロックで呑みたいと思う泡盛のひとつ。ラベルに泡盛感がなくてイマイチ盛り上がらず。
A:夏っぽい
A:阪神の下柳。地味にしっくりくる。
A:あれ!!??おいしかったような?味はしつこい感じもするのに冷やすと夏に合う。
A:安定していて、ツマミはシンプルな素材を活かした味であれば何でも良さそう。


日時:2010年7月15日
参加人数:10名

もっと泡盛を日常に!

★第一期の龍泉酒造の様子はこちら。
http://awamoribu.exblog.jp/9161273/

★この日の模様をUSTREAMで放映しました。
録画したものが観られます。

番組名:アワモリーム (設定ミスにより無音声です。すみません)

http://www.ustream.tv/recorded/8288233
[PR]
by awamoribu | 2010-07-21 14:46 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造
【平凡ルックに気をつけろ!!】

・日時:2008年12月4日
・参加人数:17名
・銘柄:羽地内海(はねじないかい) 
・おつまみ:かりんとう 干し蛸 揚げカレーうどん 沖縄のかまぼこ 明太子味海苔 フランス密輸入チーズ フランスのラスク(福岡県製) イタリアのツナ缶 クミン入りクラッカー 紅芋タルト

第6回目は沖縄本島北部・名護(なご)市にある龍泉酒造さんの「羽地内海」。

はっきり言って、地味なラベル。
正直、知らなきゃ手に取らない。
なんだか妙に韓流っぽい。

そんなラベルもFさん得意のアングルで撮るとこんな風に↓ ちょっと力強い感じになります。
 
e0155154_0405920.jpg


キャップはこんな。
「龍泉」の下の「大」はなんじゃろ?

e0155154_0442618.jpg


★ストレート:香が豊か。泡盛らしいふくよかな香。口当たりはするっと入るけれど、ボディーがしっかりしていて、麦、麦チョコのような穀物系の甘さが広がる。アフターには、ピリッとくるようなスパイシーなニュアンスもあり、全体的に複雑な旨みにあふれている。

★:ロック:香は控えめになるけれど、味はしっかりたつので、だらだら飲むのにいい感じ。
後味に渋みや苦味を感じるという意見も数点。

★:水割り:くせがやわらぎ、やさしい味に。反面、パンチが足りない、ぼやける、香がなくなるなどの意見。「おいしいのにもったいない」とも。

★:お湯割り:口当たりがまろやかに、やさしい香と甘みが引き立ってくる。一気にほってりする。


ストレートの時に感じる麦のような風味が、活きるかどうかがポイントだったよう。
最初はインパクトがあるように感じられたが、総合的な評価としては「だらだら飲むのにいい感じ」という声が多かった。
例えて言うなら出汁みたいな、目立たないけどほっとするような味と申しますか。


・・・FOOD・・・

直島帰りx1名
沖縄帰りx2名
フランス帰りx2名

という好条件のこの日。
おつまみはこんな感じとなりました。

e0155154_14281.jpg


・直島の干し蛸
・沖縄のかまぼこ
・明太子味海苔
・クミン入りクラッカー
・フランス密輸入チーズ
・揚げカレーうどん(讃岐)

干し蛸やかまぼこなどの海産加工品は、泡盛と相性がよいですね。
魚貝のくせを良い意味で洗い流してくれるので、飲む→食べるがエンドレスです。

Kさんがお気に入りだというイタリアにツナ缶。
外国の缶詰ってどうしてこうデザインがかわいいんだろう。
(↓写真は中身重視)
e0155154_1181245.jpg


オイルの量感と塩のバランスがとてもよく、とろけるような舌触りでとってもおいしかったです。
カツオやマグロなどのパンチのある味の魚は泡盛とあいますね。

「山川酒造」のある本部(もとぶ)はかつおが有名だと山川社長がおっしゃってました。
その時に『地元では酢味噌みたいなたれで食べるんですよ』と言っていました。
スタッフ小西とNさんが沖縄でそれらしきものを買ってきました!

e0155154_1223639.jpg


これが、妙に旨い!
何にもつけなくてもつまみとしていける(笑)
原材料:味噌・酢・シークヮーサー・レモン・にんにく・生姜・砂糖・泡盛・唐辛子・みりん

おいしそうでしょ?

荒木町のAさんが持ってきてくれた「クミン入りクラッカー」
これうまい!

e0155154_19453.jpg


「赤ワインとあわせて」と書いてありますが、これは結構なんでもいけると思う。

これと「揚げカレーうどん」。
(パッケージ撮り忘れた。。)
これも妙にノスタルジックな旨さでした。

クミンも含めてカレー系おつまみは心くすぐりますな。
泡盛の穀物系の味にカレー味を注入して「口内カレー」。
泡盛の原料がタイ米だということを考えると、タイカレー風味がよいかも。
と言ってもタイカレー風味のお菓子・おつまみって見たことないです。

その他、ラスクや紅芋タルトなどのスウィーツ系はもちろんばっちり。

どれもそれぞれのベクトルで相性のよさを感じました。


総合的には家庭的な「素朴な味わい」のものがとても合う泡盛という結論でしょうか。
うーん、確かにだらだら飲むのによいかもしれません。




・・・MUSIC・・・

アロハ、アフリカン(サリフ・ケイタ)、ボサノバ、ゆったりした軽い感じ、あえて泥臭い南部の、ストーンズなど。

ふむふむ、なんとなくナチュラルな感じ、アーシーな感じ、ルーズな感じを掬い取り、落ち着いたのはこちら↓

e0155154_1402472.jpg

バッファロー・スプリングフィールド

夕方くらいだったら、このあたりもよいかとも↓

e0155154_1413078.jpg

ベック
e0155154_1414591.jpg

ペイブメント




チーズを食べたり、ミルク飲むとほっとしませんか?
なんだかそんな泡盛でした。

e0155154_1472152.jpg



部員Aさんのブログ:
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-31.html
[PR]
by awamoribu | 2008-12-08 01:52 | 羽地内海/龍泉:龍泉酒造