もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

泡盛部 第六期:中総括会③

泡盛部 第六期:中総括会③

2015年11月にスタートした「泡盛部 第6期」。
3回目の「中総括会」を開催。

「第6期総括会レギュレーション」
1.レギュラー4回が終わるごとに「総括会」を開催。
2.「総括会」3回が終わるごとに「中総括会」←これ
3.「中総括会」4回が終われば「大総括会」を開催します。

日時:2017年1月31日
参加人数:11名

【エントリー酒】
久米島の久米仙:久米島の久米仙
宮之鶴:仲間酒造所
菊之露:菊之露酒造

e0155154_16025299.jpg


***

○まずは30分ほど、各自自由にテイスティング。無理にすべての飲み方をしなくても構いません。
それぞれの印象をシートに書き留めます。

○その後、全員が1分間の所感発表。

○自分の意見や皆の感想を踏まえてた上で、順位を決めます。
その際に、判断の軸の一つとして、「魅力的な一般酒とは」ということを念頭に掲げることに。

○集計→結果発表

e0155154_16030238.jpg



【結果】:1位:5点 /2位:3点 /3位:1点で計上

菊之露:菊之露酒造 :43点
久米島の久米仙:久米島の久米仙 :37点
宮之鶴:仲間酒造所:19点

今回は離島三島対決に。
それぞれに個性は感じられるものの、菊之露、久米久米という大手のバランス感に1位票が集まりました。
良くも悪くも「個体差」が出る様に感じられる小規模酒造所。
今回テイスティングに出た「宮之鶴」のボトルは、なんとなく普段の印象と違う味・香という声がちらほら。。

さて、「宮の華」に続いての宮古島2蔵目の決勝進出です!

*****

「一般酒の魅力とは」ということの参考に。
・毎日飲める飲み飽きない味。
・食事と合わせて楽しめる味。
・蔵が飲ませたい味。
・その先に古酒を感じられる味。
など

もちろん、判断はそれぞれです。思い入れもあります。それでよし。
大切なことは、我々が一般酒を真面目に検証し、その上で選んでいるということ。

「中総括会」はそれをしたかったのです。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
とても良い会だったと思います。

[PR]
by awamoribu | 2017-02-02 16:22 | 総括会