もっと泡盛を日常に。


by awamoribu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

泡盛部(どなん):国泉泡盛

【女の主張】
・日時:2010年3月25日
・参加人数:11名
・銘柄:どなん(どなん)
・おつまみ:かりんとう 粕汁 きんかん からすみ いかめし ふきのとう もずく カステラ巻 

第45回目は、国泉泡盛さんの「どなん」。
与那国島の酒蔵です。
与那国には「花酒」という60度の泡盛を造る文化があります。(酒税法上ではアルコール分45度以上はスピリッツとなります)
同名で60度のものがあり、お土産品として有名。
クバに巻かれているものがポピュラーです。
e0155154_22332165.jpg


泡盛部ではいつも通り30度のものですが、意外とこちらの方が飲む機会がないかも・・。

黄色と緑の印象的なラベル。
e0155154_22271747.jpg
e0155154_22272951.jpg


キャップは久々のプラスチックタイプ。600mlでこのタイプは珍しい。
e0155154_22342279.jpg


キャップシールに手をかけてます。
e0155154_22353035.jpg


前述のように、「どなん」と言えば「花酒」(60度)。
一般酒はどんな感じなのでしょう。


★ストレート:濃厚な香り。甘く華やか、そして若々しい青草のような香りも。蒸し米の香りも。口当たりはさらりとしている。甘みがあり、その後に辛味や苦味がくる感じ。なので、後味はきりっとした印象。

★ロック:香りの質は変わらずに引き締まった感じ。プレーンのクッキーのようなほっとする香りという意見も。
口あたりはまろやかになるが、辛味や苦味が強調される。アルコール感が出て、すっきり辛口の印象に。
奥に甘みが隠れてる。

★水割り:香りの印象が引く。ややミネラル感が出て、やわらかく飲みやすさが増す。しかし印象に欠けるという意見多数。バランスがよくなるが、それが没個性になってしまっているという雰囲気。

★お湯割り:アルコールの香りが立つ。他で感じた香りが消える。まろやかになったというコメントが多く、甘くなった印象が強いが、反面、辛味が強くなるという意見も。
「後に残る何かがない」というコメントも。


石垣に引き続き、「直火」蒸留。
特有の甘さのニュアンスが感じられたが、石垣とは微妙に違いがあり、そこに「花酒」のタッチが感じられる。
宮古・石垣・与那国と島による味わいの違いが何となく感じられ面白い。

ランキングではお湯割が圧倒的人気。
コメントからは取り立てて「ベスト!」みたいな感じではないのですが、順位付けではほとんどの人が一位に。


・・・FOOD・・・

今回のフードは、部員からのリクエストで「粕汁」。
味噌汁や鍋と同じように、地域によって色々な粕汁事情があるようです。

地方に行けば地の酒があり、当然酒粕が出ます。
その酒粕は、その酒の味であり、土地の味であるわけです。
そして気候が違うので、その土地土地の使い方・味わい方・楽しみ方が生まれます。

e0155154_2353115.jpg


今回の酒粕は、岐阜・天領酒造さんのもの。
かつおだしに生姜を入れて野菜(人参・里芋・長葱)やキノコ(しめじ・エリンギ)を煮て、そこに塩鮭のぶつ切りをがばっと入れて最後に酒粕を投入。
塩鮭から味が出るので、調味料は一切不使用。
酒粕の風味が相まって絶妙な味わいに。

あっさりとした仕上がりに物足りないという意見もありましたが、まぁこれはこれでw

その他、鹿児島帰りの部員Aさんから、見事なきんかんを。
皮ごといけました。
えぐみの強い印象がありますが、これはその個性を活かしつつ、みかんやオレンジのニュアンスのある美味なものでした。
e0155154_23204553.jpg

e0155154_2320596.jpg


そして、同じく九州 長崎帰りの部員Oさんからは、以前にも買ってきてくださった「からすみ」のポーションタイプ。
e0155154_23223659.jpg

同じくOさんが、築地で買ってきた「いかめし」。
e0155154_23232487.jpg

e0155154_23295829.jpg


町田・小田急の「おめざフェア」に出店していた新潟のへぎそば屋さんが売っていた「ふきのとうのおひたし 酢味噌和え」
e0155154_23243173.jpg

「春を感じた。」と好評でした。

そして、久々のみえた部員O野さんが、石垣の海人がとったそのままの「もずく」を。
さっと洗って、海の塩の味を感じました。
e0155154_23264342.jpg

e0155154_23301816.jpg

沖縄のもずくは本当においしい。

そして、デザートに。
「おめざフェア」に出ていた長崎の一〇香さんの「かすてら巻」
e0155154_2328558.jpg



かりんとうとの相性は、黒糖・きび砂糖・多胡麻など、味のはっきりしているものの方が相性がよい様子。
「梅ザラメはNG!」というわりと珍しい現象が起こりました。

その他合わせたい物として

シシカバブ、豚肉のスパイシーな串焼き、黒糖を使ったスイーツ(蒸しパンとか)、ひじき、厚揚げ+生姜おろし醤油、茗荷、春野菜、ラフテー、さつま揚げ、宮崎のおび天、豚の角煮、うめぼし



・・・MUSIC・・・

まずは挙がったもの
エゴラッピンのゆっくり系、ドリフターズ、SADE、10CC(「ドレッド・ロック・ホリデー」、サリフ・ケイタ、小野リサ、エディット・ピアフ、井上陽水、ビートルズ(「オール・マイ・ラヴィン」)、大沢誉志幸(「SCOOP」)、チーフタンズ、フィッシュボーン、メキシコのマリアッチ

色々意見を交わしながら、
女性ボーカルもので、だんだん温度が上がっていくようなのがよいというようなまとまりになりました。

まずは、リクエストにもあったSADE。
スタートは部員Aさん寄贈によるハウスっぽいリミックスで少し温度をあげる。
その後、アルバム「LOVE DELUXE」を。

そして、ちょっと渋めですが、ビリー・ホリデーをかけてみたところこれもなかなかよかったのですが、
今回はこれに決定。
e0155154_23465110.jpg


’97年に発売されたエリカ・バドゥのデビューアルバムの後にその内容に即した形で発表されたLIVE盤。
デビューアルバムの静謐で緻密な空気感に温度と魂が加わったリアルなライブ音源。

シンプルなバックのサウンドに、説得力のある歌声が絡み合う。
やさしさと厳しさが同居する芯のある伸びやかな声。落ち着いた声からゆっくりと曲線を描き上がっていくその声自体がまるでメッセージであるかのよう。

ビリー・ホリデーのブルージーな雰囲気よりも、サウンド面でソウルやR&Bのパーカッシブな要素も加わったエリカ・バドゥの方が「どなん」には合いました。

「どなん」の味にはフルティーさと穀物系の両方のベクトルを感じましたが、それぞれの主張は強くなく、他にはない何か新しいベクトルを感じました。
エリカ・バドゥの音はソウルやR&Bをベースにしながら、JAZZのタッチが感じられるところが特徴的。
派手さはないが、奥に潜む静かだが力強い主張が見え隠れし、じっくりと温度が高まっていく。
そして聞くほどにその世界に引き込まれていく。

この日は寒さもあってか、お湯割の人気が高かったのですが、お湯割りによって浮かび上がってくる味の主張とゆっくりとしみる酔い心地がエリカ・バドゥの波長と折り重なったのかもしれません。


与那国には16世紀にサンアイ・イソバという女酋長がいたそうです。
当時、島には人減らしのための悪法があったのだそうですが、それを廃止させ平和な島造りに尽力したということや島の開拓にも寄与したとのことで、与那国の人々から尊敬を集めているのだそうです。

サンアイ・イソバの話を聞いた時に、エリカ・バドゥの持つ存在感やエネルギー、オーラとオーバーラップする感覚を得ました。



この、部員のO野さんが特別な泡盛を持ってきてくれました。
e0155154_8264027.jpg

石垣島の泡盛(43度のもの主体)数種をオリジナルブレンドし熟成させたもの。
絶妙なブレンド具合に一同絶賛。

そして、この酒にはビリー・ホリデーが合った、というコメントがありました。
面白いですね~。

必読!:部員Aさんの泡盛部公式「裏」ブログ
http://collabo98.blog77.fc2.com/blog-entry-268.html
[PR]
by awamoribu | 2010-03-31 08:34 | どなん:国泉泡盛